ページTOPへ

社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

診療のご案内 手術について

鼠径ヘルニアの手術について

上の目次をクリックするとそれぞれの項目に移動します。

平成28年度データ(入院)

  • 日帰り手術患者は含まないで集計しています。

入院治療患者数

鼠径ヘルニア根治術を施行した患者数99人

年齢構成

~39歳1人
40~49歳4人
50~59歳10人
60~69歳22人
70~79歳33人
80~89歳25人
90歳~4人
鼠径ヘルニア根治術を施行した
患者の平均年齢
71.9歳

在院日数

鼠径ヘルニア根治術を施行した患者の平均在院日数2.5日
入院してから手術までの平均在院日数0.1日
手術してから退院までの平均在院日数1.4日
当院に入院した患者の平均在院日数12.8日
  • 入院中に他疾患の治療や合併症等で入院期間が長くなった患者さんを除いて集計しています。
    (“在院日数分布”“年齢別平均在院日数”についても上記同様に集計しています。)

鼠径ヘルニア根治術を施行した患者の在院日数による分布

在院日数 2日88人
在院日数 3~4日3人
在院日数 5~6日2人
在院日数 7日~4人
  • 在院日数の説明をご参照ください。

年齢別平均在院日数

~39歳2.0日
40~49歳2.0日
50~59歳2.4日
60~69歳2.3日
70~79歳2.2日
80~89歳3.3日
90歳~2.0日
鼠径ヘルニアで入院した患者の平均在院日数2.5日
  • 在院日数の説明をご参照ください。

退院状況

自宅へ退院92人
転院3人
その他(施設への入所等)4人

平成28年度データ(外来)

  • 日帰り手術患者さんのデータを集計しています。

年齢構成

~29歳7人
30~49歳8人
50~59歳13人
60~69歳12人
70~79歳8人
80歳~2人
鼠径ヘルニア根治術を施行した
患者の平均年齢
53.7歳

入院と外来での、実施割合と平均年齢

外来(件数)50件(平均年齢)53.7歳
入院(件数)99件(平均年齢)71.9歳

鼠径ヘルニア手術の実施率は入院で66.4%、外来で33.6%となっています。
また平均年齢では、入院71.9歳に対し、外来53.7歳と若い世代を中心に日帰り手術を実施する傾向にあります。

  • 上記の統計は、主な治療目的が鼡径ヘルニアである場合のみを集計しています。
  • 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。

適応となる疾患

  • 鼠径ヘルニア
  • 大腿ヘルニア  など

鼠径ヘルニア手術とは

そもそも「ヘルニア」とは、臓器または組織の全体あるいは一部がその正常の位置から逸脱、突出した状態と定義されます。

鼠径ヘルニアとは、鼠径部(足の付け根のあたり)の皮下に、腹壁の穴から腸管などの臓器が飛び出た状態をいい、俗に『脱腸』と呼ばれています(大腿ヘルニアは、鼠径部より少し下の位置に同様の症状を生じます)。原因は、足の付け根にある腹壁の筋膜が弱くなったため起こると考えられています。

腫れが急に固くなり、指で押しても引っ込まなくなることを『嵌頓』といいます。そのままの状態(嵌頓)を放置しておくと、腸が腐り、緊急手術で腸の切除が必要となり、生命の危険も生じることもあります。根本的な治療方法は手術以外ありません。

手術の方法は、ヘルニアの袋を根元でしばり、袋が出てきてしまう腹壁の弱くなった部分を、周辺の組織(筋膜や靭帯)または人工材料で補強(腹壁の穴をふさぎ、さらにシートをかぶせる)します。

手術の特徴

  • 通常の鼠径ヘルニア根治手術は30~60分程で、基本的には全身麻酔が施されます。
  • 鼠径部の皮膚を4センチほど切開して手術を行ないます。
  • 鼠径ヘルニアの手術には(腹壁の穴をふさぐには)、腹壁の筋膜や靭帯などの比較的強い組織を縫い合わせる方法と、人体に害のない網目状の人工補強物を使用する方法(メッシュプラグ法)の2つがあります。当院では、主に、再発が少なく、かつ術後のつっぱり感や痛みが少ない人工補強物を使用する方法で手術を行なっております。
  • 日帰り手術、もしくは一泊入院で行っており、術後は外来に1~2回ほどの通院で治療は終了します。(その間の消毒や抜糸は必要ありません。)
  • 仕事復帰は退院後すぐに可能ですが、約1ヵ月は激しい運動や重いものを持つことなどは控える必要があります。

日帰り手術

当院では2009年(平成21年)より、鼠径ヘルニアの日帰り手術を開始しました。日帰り手術とは、手術当日に来院して、その日に帰宅できる手術のことを言います。

日帰り手術には、以下のメリットがあります。

  • 日常生活への影響が少ない
  • 入院のわずらわしさがない
  • 医療費が安い

一方、入院とくらべると術後の院内での経過観察や、ケアにかける時間が短くなるため、合併症などへの格段の配慮が必要となります。また、患者さんの状態や元々持っている持病よって、日帰り手術ができない場合があります。ご不明な点などございましたら、かかりつけの医師にご相談下さい。

予期される合併症

手術中、および手術後の合併症として以下の症状や状態を生じる可能性があります。

  • 当院では年間150症例ほどの鼠径ヘルニア根治手術を行なっていますが、大きな合併症は認めておりません。

再発

再発する確率は1%以下です(従来の組織を縫い合わせる手術では6%程度)。場合によっては、対側にもヘルニアが起こる場合があります。

早期合併症

皮下出血
約10%の方にみられますが、自然に消退します。
皮下血腫
皮下血腫が大きくなっていくような場合は、手術創を再度開いて止血する必要がある場合があります。
漿液腫
傷の下に血液や水のたまりが術後5~7日頃に生じる場合があります。たまりが多い場合は外来で針を刺して抜く必要がある場合があります。クールゲル法で起こりやすい合併症です。
神経損傷
約3%の方にみられ、創の内下方がしびれます。半年程で回復します。メッシュ・プラグ法で起こりやすい合併症です。
臓器損傷
腸管の損傷や男性の場合は睾丸に行く血管や精子を運ぶ管の損傷が起こりえます。
感染
1%以下の頻度で創部感染(手術創部の化膿)が起こることが報告されています。
場合によっては、メッシュを除去する必要があります。

晩期合併症

慢性疼痛
鼠径部や睾丸に慢性的な疼痛を生じる場合があります。

標準的な入院スケジュール

当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。(緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。)当院での、鼠径ヘルニア根治術に対応するスケジュール表には以下のようなものがあります。

入院スケジュール

  • 鼠径ヘルニア(成人1泊2日)

鼠径ヘルニア(成人1泊2日)

日帰り手術スケジュール

朝9時に手術室に入室し、夕方4時に診察し問題なければ退院となります。

  • 掲載されている「入院スケジュール」等は、平成29年9月30日現在のものです。内容は変更となる可能性があります。