ページTOPへ

社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

診療のご案内 手術について

虫垂切除術について

上の目次をクリックするとそれぞれの項目に移動します。

平成28年度データ

入院治療患者数

虫垂切除術を施行した患者数129人

年齢構成

~9歳4人
10~19歳21人
20~29歳18人
30~39歳21人
40~49歳28人
50~59歳9人
60~69歳12人
70~79歳14人
80歳~2人
虫垂切除術を施行した患者の平均年齢40.2歳

平均在院日数

虫垂切除術を施行した患者の平均在院日数4.7日
入院してから手術までの平均在院日数0.2日
手術してから退院までの平均在院日数3.5日
当院に入院した患者の平均在院日数12.8日

虫垂切除術を施行した患者の在院日数の分布

在院日数 1日0人
在院日数 2日10人
在院日数 3日66人
在院日数 4日18人
在院日数 5日4人
在院日数 6日8人
在院日数 7日~10日17人
在院日数 11日~6人

年齢別平均在院日数

~9歳2.5日
10~19歳4.5日
20~29歳3.9日
30~39歳3.8日
40~49歳4.0日
50~59歳3.9日
60~69歳4.8日
70~79歳9.7日
80歳~6.0日
虫垂切除術を施行した患者の平均在院日数4.7日

退院状況

自宅へ退院127人
他病院へ転院※12人
  • 転院とは、他病院で引き続き入院する場合です。

  • 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。

適応となる疾患

急性虫垂炎・慢性虫垂炎・虫垂の良性腫瘍など

虫垂切除術とは

虫垂とは、いわゆる「盲腸」と呼ばれている部分のことです。

急性虫垂炎など、虫垂に病気の原因があり切除を必要とする場合、右下腹部を切開し虫垂を切除します。

手術の特徴

  • 基本的には全身麻酔での手術を行ないます。
  • お腹の切開方法には、①右下腹部を横に切開する方法と、②縦に切開する方法があります。お腹の中をよく観察する必要がある場合は、縦に大きく開く場合もあります。
  • 虫垂の炎症が非常に激しい場合には、大腸もあわせて切除する大きな手術となることもあります。
  • 虫垂に穴が開いてしまっていた場合には、ドレーン(排泄管)と呼ばれる管をお腹の中から外に留置することもあります。
  • 急性虫垂炎が疑われるものの、CT検査など体の外側からの検査だけでは診断が難しい場合には、確定診断を得ないまま手術を行ない診断する場合もあります。また、結果的に虫垂炎以外の病気であっても、虫垂は切除し、別の病気があればそちらの治療を継続して行ないます。

予期される合併症

手術中・手術後、早期に発症が予期される合併症として、出血、創感染、腹腔内膿瘍、腸ろう、麻痺性腸閉塞、術中の他臓器損傷などが起こることがあります。

手術後時間が経過してから発症が予期される合併症として、腸閉塞などが起こることがあります。

虫垂切除術は、通常安全な手術ですが、高齢者ではもともとの病気があることや、虫垂に穴が開いてしまっているなど、病状が進行してしまっていることも多いため、現在でも死亡例が報告されることがあります。しかし、当院では大きな合併症は認めておりません。

標準的な入院スケジュール

当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。(緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。)当院では虫垂切除術に対応するスケジュール表が3種類あります。

入院スケジュール

  • 虫垂切除術を行うための入院
  • 虫垂切除術を行うための入院で、限局性腹膜炎を伴っている場合
    〔限局性腹膜炎とは、お腹の中の炎症が一部にとどまっているもの〕
  • 虫垂切除術を行うための入院で、汎発性腹膜炎を伴っている場合
    〔汎発性腹膜炎とは、お腹の中の炎症が広範囲にひろがってしまったもの〕

虫垂切除術を行うための入院

虫垂切除術を行うための入院で、限局性腹膜炎を伴っている場合

虫垂切除術を行うための入院で、汎発性腹膜炎を伴っている場合



  • 掲載されている「入院スケジュール」等は、平成29年9月30日現在のものです。内容は変更となる可能性があります。