ページTOPへ

社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

診療のご案内 手術について

胆のう摘出術について

上の目次をクリックするとそれぞれの項目に移動します。

平成28年度データ

入院治療患者数

腹腔鏡下胆のう摘出術を施行した患者数99人
開腹胆のう摘出術を施行した患者数16人
  • 胃全摘術など、他の手術と併せて行なった胆のう摘出術は含めていません。
    これ以降のデータについても同様です。

年齢構成

腹腔鏡下胆のう摘出術開腹胆のう摘出術
~39歳10人0人
40~49歳18人0人
50~59歳19人3人
60~69歳29人2人
70~79歳14人8人
80~89歳7人3人
90歳~2人0人
胆のう摘出術手術を施行した患者の平均年齢58.6歳71.3歳

腹腔鏡下胆のう摘出術

開腹胆のう摘出術

平均在院日数

腹腔鏡下胆のう摘出術開腹胆のう摘出術
胆のう摘出術を施行した患者の平均在院日数4.3日11.0日
入院してから手術までの平均在院日数0.2日2.3日
手術してから退院までの平均在院日数3.1日7.8日
当院に入院した患者の平均在院日数12.8日
  • 胆のう摘出術を行なった疾患以外の治療を行なっている患者さんを除きデータを算出しています。

胆のう摘出術を施行した患者の在院日数の分布

腹腔鏡下胆のう摘出術
2~3日60人
4日9人
5日11人
6日8人
7~10日8人
11日~3人
開腹胆のう摘出術
~6日3人
7~10日6人
11~15日3人
16~20日3人
21~25日1人
26日~0人

腹腔鏡下胆のう摘出術

開腹胆のう摘出術

年齢ごとの平均在院日数

腹腔鏡下
胆のう摘出術
開腹
胆のう摘出術
~39歳3.9日
40~49歳3.9日
50~59歳4.4日8.7日
60~69歳4.3日9.5日
70~79歳4.3日12.3日
80~89歳5.3日11.0日
90歳~4.5日
胆のう摘出術で
入院した患者の
平均在院日数
4.3日11.0日

  • 胆のう摘出術を行なった疾患以外の治療を行なっている患者さんを除きデータを算出しています。
  • 「―」表記については、対象者がいないことを示しています。

退院状況

腹腔鏡下胆のう摘出術開腹胆のう摘出術
自宅へ退院98人15人
他病院へ転院※10人1人
その他(介護施設への入所等)1人0人
  • 転院とは、他病院で引き続き入院する場合です。

腹腔鏡下胆のう摘出術

開腹胆のう摘出術

  • 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。

適応となる疾患

胆石症
胆のうや胆管に石ができる病気です。痛みなど症状がある場合には手術を行います。
胆のう炎
胆のうに起こる炎症です。抗生剤の点滴などを行ない、炎症が落ち着いてから手術を行います。胆のう炎は胆石症を合併していることがほとんどです。
胆のうポリープ
胆のうの中にできるポリープです。ポリープが大きい場合には、胆のう摘出術を行います。
胆のう腺筋腫症
胆のうの壁が厚くなる病気です。通常は症状はありませんが、胆のう炎の原因となったり、検査ではがんとの区別が難しかったりするので、胆のう摘出術を行なうことがあります。

胆のうは肝臓の下部に張りついた、ナスのような形をした臓器で、肝臓でつくられた胆汁を一時的に貯えて濃縮する働きをしています。濃縮された胆汁は、胆のうから胆のう管、総胆管を通って十二指腸に送られて、脂肪分の消化・吸収を助けます。

胆のう摘出術とは

胆のうを手術で摘出する治療で、腹腔鏡という内視鏡を用いて行なう手術と、お腹を開いて行なう手術(開腹術)とがあります。どちらの手術も全身麻酔をして行ないます。胆のうは胆汁を一時的に貯えておく臓器ですが、摘出後も胆汁は十二指腸へ流れていくため、身体に大きな影響は残りません(脂肪分の多い食事で下痢気味になる方がいますが、次第によくなります)。

腹腔鏡下胆のう摘出術

現在、胆のう摘出術の主流となっている手術方法です。お腹に1~2cmの傷を3~4ヶ所開けて、二酸化炭素ガスでお腹を膨らませてから、腹腔鏡と専用の器機を傷口から入れて、テレビモニターでお腹の中を観察しながら胆のうを切除します。切除した胆のうは、おへその上に開けた傷口から取り出します。手術の傷が小さくてすみ、手術後の痛みが開腹術よりも少なく、回復も早いために、手術後2~5日で退院が可能です。

治療日程の概要をみる

開腹胆のう摘出術

胆のうの炎症が強い場合や、過去に胃など上腹部の手術を行なっている場合などに行ないます。腹腔鏡での手術より傷が大きく、手術後の痛みも強いですが、実際にお腹の中を広く観察して、周囲の臓器や血管を確認しながら手術を行なえる利点があります。通常は、手術後5~7日で退院が可能です。

治療日程の概要をみる

手術の特徴

  • 胆石性胆のう炎の場合は、胆のう炎を何度も繰り返すことがあるので、胆石とともに胆のうを摘出することが、根本的な治療であり、標準的な治療として広く行なわれています。
  • 手術後は、出血や胆汁の漏れなどを確認する目的で、1~3日間ドレーンと呼ばれる管をお腹に入れることがあります。

腹腔鏡下胆のう摘出術について

  • 手術の傷が小さいため、身体への負担が小さいのが特徴です。
  • 開腹胆のう摘出術と比べて、手術の技術は難しくなります。
  • 炎症が強かったり、肝臓や胆管の形が変わっていたり、手術中に出血や胆管損傷などの合併症が起きたりした場合には、開腹術に移行します。その可能性は10%前後であり、炎症が強いほど開腹術に移行する可能性が高いと考えられます。

予期される合併症

腹腔鏡下胆のう摘出術

身体への負担が少ない手術ですが、開腹術と比べて技術的に難しいため、特有の合併症があります。手術中に合併症が起こった場合は、必要に応じて開腹術に移行します。また、手術後に合併症が見つかった場合には、再手術などをすることがあります。

出血
手術中に胆のう周囲の血管を損傷して出血したり、腹腔鏡をいれる傷口が血管と重なって出血したりすることがあります。
胆管損傷
胆管を損傷して、胆汁がお腹の中に漏れると、腹膜炎を起こすなどして重症になりやすく、大きな再手術を必要とすることがあります。
他臓器の損傷
手術中に十二指腸や大腸、肝臓などを損傷する可能性があります。
胆石の腹腔内遺残
まれにお腹のなかに胆石が残ることがあります。
手術後の傷の痛み
開腹術と比べると痛みは少ないですが、人によっては痛みを強く訴える方もいます。
その他
肺動脈塞栓症や右肩痛、皮下気腫など、手術中に二酸化炭素ガスでお腹を膨らませることに関係する合併症が起こることがあります。

開腹胆のう摘出術

出血
炎症が強い胆のう炎の時に行なうことが多いので、手術中の操作で出血が起こることがあります。まれですが、出血量が多い場合には再手術を行なうことがあります。
胆管損傷
胆管を損傷した場合には、追加手術が必要になることがあります。
腹腔内膿瘍
まれに手術後にお腹の中に膿がたまって、発熱することがあります。
手術後の傷の感染
炎症が強い胆のう炎の場合に行なうことが多いので、手術後に傷口が感染することがあります。
手術後の傷の痛み
手術の傷が比較的大きいため、痛みは強く、長引きます。

標準的な入院スケジュール

当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。(緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。)当院での、胆のう摘出術に対応する主なスケジュール表は以下のとおりです。

入院スケジュール

  • 腹腔鏡下胆のう摘出術(手術前日に入院)
  • 開腹胆のう摘出術(緊急手術)

腹腔鏡下胆のう摘出術(手術前日に入院)

開腹胆のう摘出術(緊急手術)

  • 掲載されている「入院スケジュール」等は、平成29年9月30日現在のものです。内容は変更となる可能性があります。