ページTOPへ

社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

診療のご案内 疾患について

大腸がんについて

上の目次をクリックするとそれぞれの項目に移動します。

平成28年度データ

入院患者数

大腸がんで入院した患者数198人

年齢構成

~49歳13人
50~59歳9人
60~69歳41人
70~79歳82人
80~89歳40人
90歳~13人
大腸がんで入院した患者の平均年齢72.8歳

在院日数

大腸がんで入院した患者の平均在院日数12.0日
当院に入院した患者の平均在院日数12.8日
  • 平均在院日数は、他疾患により入院期間が長期化した患者さんについて除外しています。

大腸がんで入院した患者の在院日数による分布

~4日31人
5~9日51人
10~14日64人
15~19日23人
20~24日13人
25~29日8人
30日~4人

年齢別平均在院日数

~49歳11.2日
50~59歳9.7日
60~69歳11.2日
70~79歳11.8日
80~89歳13.3日
90歳~13.8日
大腸がんで入院した患者の平均在院日数12.0日

治療別状況

人数平均在院日数
内視鏡的手術13人3.2日
結腸切除術※1102人12.9日
その他の手術※226人8.6日
手術なし※353人14.0日
  • 開腹手術と腹腔鏡下手術を合わせて集計しています。
  • 「その他の手術」は人工肛門造設術や腸吻合術、化学療法のための注射用カテーテル設置(化学療法の準備)などになっています。
  • 「手術なし」の中には輸血を行っている患者が含まれています。

退院状況

自宅へ退院162人
他病院へ転院10人
その他(施設への入所等)4人
死亡退院22人
  • 転院とは、他病院で引き続き入院する場合です。

  • 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。DPCデータは、入院中の「最も医療資源を投入した傷病名」による統計です。

大腸がんとは

大腸にできるがんの総称で、がんのできる部位によってさらに分類されます(直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸・回盲部、虫垂)。もともとは、正常な細胞が何らかの原因によりがん細胞に変化します。変化した細胞が何兆という数に増えて、大腸がんとして目に見えるようになります。また、がんの発生経路には良性のポリープが、がんに変化する場合と、正常な粘膜が直接がんになる場合があります。

症状と分類

大腸がんの症状

  • 血便
  • 便が細くなる、残便感、排便時の痛み
  • 腹痛、下腹部の膨満感
  • 下痢と便秘の繰り返し
  • 体重減少
  • 貧血
  • 疲労感
  • 腸閉塞症状に伴う嘔吐

大腸がんの症状(自覚症状)は、大腸のどこに、どの程度のがんができるかによって変わってきます。まったく症状があらわれない場合も多く、一般的に早期大腸がんであれば自覚症状がないこともあります。逆に、良性疾患でもがんと類似した症状が起きる場合もあります。

大腸がんの部位別分類

  • 直腸がん
  • S状結腸がん
  • 下行結腸がん
  • 横行結腸がん
  • 上行結腸がん
  • 盲腸がん(回盲部がん)
  • 虫垂がん

診断までの検査

血液検査

進行大腸がんがあると貧血を来すことがあります。血液検査によって貧血の程度が判断できます。また、血液中のある種のたんぱく質のレベルを計測(腫瘍マーカー)することにより、進行がんの存在を判断する材料となります。

便潜血検査

便の中の微量な血液が含まれているかを調べます。排便時、便ががん病変をこするとわずかに出血するため、便に血液が混じります。但し、進行がんでも便潜血が陰性の場合や、痔など、がん以外の疾患でも陽性になる場合があります。

肛門鏡(直腸鏡)検査

筒状の器具を肛門から挿入し、肛門~直腸内を直接観察します。

直腸指診

医師が指で直接、直腸の触診を行います。簡単に実施できますが、肛門から数センチのところまでしか診断できません。

注腸検査(バリウム検査)

肛門からバリウムと空気を注入し、レントゲン撮影を行います。がんの位置や大きさ、腸の狭さの程度がわかります。異常組織が見つかったときに、そのまま組織を取り出す行為ができないため、改めて内視鏡等の検査をしなくてはなりません。

大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの大腸全体を検査できます。同時に、病変が確認されたら、組織の一部を採取し、さらに詳しく調べたり、適応があれば病変を切除することも可能です。

画像検査(CT検査・MRI検査・PET検査・超音波検査等)

大腸がんの発見にはあまり適しておらず、特に、早期がんの発見には無効です。但し、がんの進み具合や転移・再発を調べるために用いることがあります。

病理検査

検査で採取した組織や手術で切除した組織を、顕微鏡等でより詳しく分析します。がんや転移の有無、がんの進行度合いの診断がなされ、追加手術の必要性や化学療法を行う判断基準ともなります。

治療法

がんの病期(進行度合い)により異なります。

内視鏡的手術(内科的治療)

点滴による軽い麻酔を施し、内視鏡検査室で行われます。

内視鏡により、がんを切除します(人体に影響のない高周波電流で焼き切ります)。一般的には、早期がんの治療には向いていますが、がんが深い位置にまで及んでいる場合や、形状によっては内視鏡的治療では取り切ることができないため不向きです。大腸粘膜には知覚神経がなく、通常痛みを感じることはありません。また、全身麻酔の必要もないため身体への負担が少なく済みます。術後の病理診断によっては追加の手術を要する場合があります。

手術は一般的に1泊または2泊の入院が必要ですが、がんが小さければ、検査時に手術を行い、日帰りになることもあります。

治療日程の概要をみる

開腹手術(外科的治療)

手術室で、全身麻酔下で行われます。

結腸切除術
切除する部分が大きくても(長くても)、嘔気や便秘などの術後の機能障害はほとんどおこりません。周囲の組織(リンパ節)も一緒に切除されます。結腸(S状、下行、横行、上行、盲腸・回盲部、虫垂)
直腸切除術・切断術
がんを切除後、大腸と直腸をつなぎ合わせます(吻合)。
人工肛門造設術
直腸を肛門と共に切除し、左下腹部に人工肛門を造設します。

治療日程の概要をみる

腹腔鏡下手術(外科的治療)

全身麻酔下で、腹部に数カ所の穴を開け、そこから腹腔鏡という内視鏡の一種や摘出器具等を挿入し、最終的には4~8㎝の切開創からがんを取り除きます。開腹手術より時間はかかりますが、小さな傷で済むので術後の痛みも少なく、開腹手術と比べて早期退院が可能です。

放射線治療

がんとその周辺のみを治療する局所治療です。術後の再発の抑制や、術前の腫瘍サイズの縮小のため等、手術に対する補助的放射線療法と、がんによる症状の緩和や延命目的の緩和的放射線療法があります。

化学療法(薬物治療)

いわゆる抗がん剤による治療です。静脈からの点滴を行うものと内服の場合がありますが、がんの種類や進行度、患者様の全身状態を考慮して治療方法を決めます。また、入院して投与治療する場合と通院(外来)で投与治療する場合があります。

大腸がんの化学療法には、術前の腫瘍サイズの縮小や進行がんの手術後の再発防止目的、根治的な手術が不可能な場合のがんに対する直接的な治療(生存期間の延長や日常生活の質向上のため)目的があります。副作用にも注意が必要です。

標準的な入院スケジュール

  • 直腸がんは除く

当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表をあらかじめ作成しています。スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。(緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。)当院での、大腸がん治療に対応するスケジュール表の主な内容は以下のとおりです。

大腸がん治療の主な入院スケジュール

  • 内視鏡的大腸ポリープ切除術
  • 結腸切除術

内視鏡的大腸ポリープ切除の場合

結腸切除の場合



  • 掲載されている「入院スケジュール」等は、平成29年9月30日現在のものです。内容は変更となる可能性があります。