ページTOPへ

社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

診療のご案内 手術について

下腿骨の骨折観血的手術について

上の目次をクリックするとそれぞれの項目に移動します。

平成28年度データ

入院治療患者数

下腿骨の骨折観血的手術を施行した患者数69人

下腿骨の骨折だけではなく、他の怪我の治療も併せて行なった患者さんを含みます。

年齢構成

~19歳14人
20~29歳5人
30~39歳4人
40~49歳13人
50~59歳9人
60~69歳13人
70~79歳5人
80~89歳4人
90歳~2人
下腿骨の骨折観血的手術を
施行した患者の平均年齢
46.9歳

平均在院日数

閉鎖性骨折開放性骨折全体
下腿骨の骨折観血的手術を
施行した患者の平均在院日数
13.9日30.8日16.7日
入院してから手術までの平均在院日数3.6日4.3日3.7日
手術してから退院までの平均在院日数9.3日25.5日12.1日
当院に入院した患者の平均在院日数12.8日
  • 回復期リハビリテーション病棟に入院された患者さんを含みます。
  • 下腿骨以外にも骨折があった患者さんや、他疾患の治療のため入院長期となっている患者さんは除いて集計しています。この後の在院日数の分布・年齢ごとの平均在院日数についても同様です。

下腿骨の骨折観血的手術を施行した患者の在院日数の分布

~5日19人
6~9日11人
10~19日21人
20~29日7人
30~39日1人
40~49日2人
50~59日1人
60日~6人
  • 平均在院日数の説明をご参照ください。

年齢ごとの平均在院日数

~19歳6.5日
20~29歳8.5日
30~39歳5.8日
40~49歳15.2日
50~59歳15.3日
60~69歳22.2日
70~79歳27.8日
80~89歳52.7日
90歳~24.0日
下腿骨の骨折観血的手術で
入院した患者の平均在院日数
16.7日
  • 平均在院日数の説明をご参照ください。

退院状況

自宅へ退院63人
他病院へ転院5人
その他(介護施設への入所等)1人
  • 転院とは、他病院で引き続き入院する場合です。

  • 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。

適応となる疾患

下腿(膝から足首の間)にある骨-脛骨・腓骨の骨折。

骨折観血的手術とは

骨折部を切開して、離れてしまった骨を可能な限り骨折する前の状態に戻してから、ピンやネジ、プレートなど医療用の固定器材を使って骨を固定する手術です。骨折は必ず手術が必要なわけではなく、骨折部の骨のずれがない場合や、ずれが小さい場合には、ギプスで固定したり、装具をつけたりして、骨折部を安静に保つことで治すことができます(保存療法)。しかし、骨折部の骨のずれ具合によっては、手術を行なうことにより、治療期間を短くしたり、骨折による障害を軽くしたりすることができます。

手術の特徴

  • 他の怪我があればその治療内容や、全身の状態に応じて、手術は脊椎麻酔や全身麻酔をして行います。
  • 手術で骨をしっかり固定することにより、受傷後早期に日常生活での活動制限を減らすことができます。しかし、手術自体も身体の負担となるので、患者さんの生活や職業、趣味などに応じて、手術を行うか、保存的加療を行なうか、相談をしながら治療を進めます。
  • 手術後、骨がつながったら、固定につかった器材を抜き取る手術を行います(抜釘)。

予期される合併症

深部静脈血栓症・肺塞栓症
手術の前後にベッド上で安静にしすぎると起こる可能性があります。(当院では、痛みの程度に応じて、手術前や手術後早期からリハビリを行なっています。)
術後感染症
金属を身体に入れる手術なので、抗生剤を使用していても稀に感染を起こすことがあります。
その他
手術中の操作により、別のところで骨が折れることや、血管や神経を損傷することがあります。また、その他に出血や脂肪塞栓、薬剤によるショックなどが合併症として考えられます。

標準的な入院スケジュール

当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。(緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。)
骨折観血的手術(下腿)に対応するスケジュール表として以下のようなものがあります。

入院スケジュール

  • 腰椎麻酔で行う下肢の骨折手術(1泊2日)
  • 下腿骨の骨折手術

腰椎麻酔で行う下肢の骨折手術(1泊2日)

下腿骨の骨折手術

  • 掲載されている「入院スケジュール」等は、平成29年9月30日現在のものです。内容は変更となる可能性があります。