ページTOPへ

社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

診療のご案内 疾患について

胃がんについて

上の目次をクリックするとそれぞれの項目に移動します。

平成28年度データ

入院患者数

胃がんで入院した患者数206人

年齢構成

~39歳2人
40~49歳6人
50~59歳32人
60~69歳30人
70~79歳85人
80歳~51人
胃がんで入院した患者の平均年齢71.5歳

在院日数

胃がんで入院した患者の平均在院日数11.9日
当院に入院した患者の平均在院日数12.8日

胃がんで入院した患者の在院日数による分布

~5日15人
6~10日103人
11~15日48人
16~20日16人
21~30日16人
31~40日6人
41日~2人

年齢別平均在院日数

~39歳10.5日
40~49歳16.8日
50~59歳11.1日
60~69歳10.5日
70~79歳10.7日
80歳~14.9日
胃がんで入院した患者の平均在院日数11.9日

治療別状況

人数平均在院日数
手術なし※156人14.9日
内視鏡的治療63人8.2日
胃切除術42人12.5日
胃全摘除術31人13.3日
その他の手術※214人12.2日
  • 「手術なし」の中には輸血を行っている患者さんが含まれております。
  • 「その他の手術」は胃空腸吻合や化学療法のための注射用カテーテル設置(化学療法の準備)などになっております。

退院状況

自宅へ退院178人
他病院へ転院5人
その他(介護施設への入所等)2人
死亡退院21人
  • 転院とは 他病院で引き続き入院する場合です。

  • 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。DPCデータは、入院中の「最も医療資源を投入した傷病名」による統計です。

胃がんとは

胃がんは日本人に多いがんの一つです。胃の内側にある胃粘膜から発生するため、内視鏡により早期に発見することができ、適切な処置により高率で治すことができます。しかし、がんが発見されずに進行すると、腫瘤を形成して食物の通過障害をきたし食事がとれなくなったり、がんからの出血が続き貧血になったり、潰瘍を形成して胃に穴が開くこともあります。

胃がんの分類

胃がんはある程度の大きさになると、胃壁の表面に特徴的な変化が現れてきます。その後、次第に成長し深い層に広がっていきます。胃がんにはいくつかの分類方法がありますが、ここではがんの深達度(胃壁のどの層までに達しているか)によって表現される分類について説明します。

早期胃がん 【mがん】
粘膜内にとどまっているがん。
早期胃がん 【smがん】
粘膜をこえて、粘膜下層にとどまっているがん。
進行胃がん 【mpがん】
筋層まで進んでいるがん。
進行胃がん 【ssがん】
筋層をこえて、漿膜にまで進んでいるがん。
進行胃がん 【seがん】
胃の表面まで出てきているがん。
進行胃がん 【siがん】
胃の表面まで出てきて、さらに他の内臓や組織に浸潤してしまっているがん。

胃がんの検査

消化管造影検査(バリウム検査)

バリウムを飲んで行うレントゲン検査です。胃粘膜や胃全体の形の異常をみます。粘膜の凸凹の有無から診断しますので、凸凹の無いがんは診断が難しいといえます。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

口からファイバースコープを飲んで、胃の内部を直接観察します。色の変化なども観察できるため、微少な病変も発見できます。また、直接組織を採取して検査することもできます。

病理検査

内視鏡検査で採取した組織や、手術で切除した組織を、顕微鏡等でより詳しく分析します。がんや転移の有無、がんの進行度合いの診断がなされ、追加手術の必要性や化学療法を行なう判断基準ともなります。

胃がんの治療

当院では、胃がんの治療を『消化器内科』と『外科』で行っています。

当院で主に行われている治療方法についてここで紹介しておりますが、治療方法や治療に要する期間については、胃がんの状態や症状により異なります。

内視鏡治療

粘膜内にとどまっている早期がん(mがん)であれば、上部消化管内視鏡(胃カメラ)で治療をすることができます。

『胃粘膜切除術(EMR)』

生理食塩水などを注入して盛り上げた胃がんに、ワイヤーを引っかけ、高周波電流により焼き切ります。
ワイヤーをかけることができる2㎝以下の早期がんが対象となります。

『胃粘膜下層剥離術(ESD)』

ワイヤーに引っかけ焼き切るのではなく、高周波針状ナイフにて切り取るため、2㎝を超える早期がんでも治療が可能です。

治療日程の概要をみる

開腹手術

内視鏡による治療が困難な場合などは、開腹し胃の切除治療を行います。がんが出来た場所や大きさにより切除方法が選択されます。

『胃部分切除術』

リンパ節への転移の可能性が極めて低い早期胃がんに対して行います。がんのある箇所の胃を部分的に切除し、残りの胃を縫合します。

『噴門側胃切除術』

胃の入口の方1/3を切除し、周囲のリンパ節を切除します。

『幽門側胃切除術』

胃の出口の方2/3を切除し、周囲のリンパ節を切除します。

治療日程の概要をみる

『胃全摘術』
定型手術
胃を全て摘出し、周囲のリンパ節を切除します。また、がんの進行状況により、脾臓や膵臓、大腸を一緒に切除します。術後胆のう炎が危惧される場合には、胆のうも摘出します。
縮小手術
胃の全摘出と、周囲のリンパ節の切除にとどめます。

治療日程の概要をみる

  • リンパ節転移とは、がん細胞が発生した部位からリンパの流れにのってリンパ節にたどりつき、そこで増殖することをいいます。

腹腔鏡下手術

リンパ節転移のない早期胃癌で、内視鏡治療が困難な場合に行います。いくつかの小さな創をあけ、腹腔鏡や手術器具をお腹の中に挿入し、モニターを見ながら腹腔鏡下操作により手術を行ないます。胃切除、リンパ節郭清を行ない、最終的には5cm程度の切開創から胃を摘出する手術です。通常の開腹手術と比較して創が小さいために術後の痛みが少なく、早期の社会復帰が可能となります。

  • 腹腔鏡下手術にて『胃部分切除』、『幽門側胃切除』、『噴門側胃切除』、『胃全摘』が可能です。

化学療法

他の臓器に転移してしまっている場合や手術では切除しきれない場合、手術後にがんが再発した場合には化学療法(抗がん剤)による治療を行います。また、手術前に化学療法を行ない、がんを小さくしてから手術を行なうこともあります。

標準的な入院スケジュール

当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。(緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。)当院では、胃癌の治療に対応するスケジュール表が16種類あり、主な内容は以下のとおりです。

治療

  • 胃粘膜下層剥離術(ESD)を行うための入院
  • 幽門側胃切除術を行うための入院
  • 胃全摘術を行うための入院

胃粘膜下層剥離術(ESD)を行うための入院

幽門側胃切除術を行うための入院



胃全摘術を行うための入院



  • 掲載されている「入院スケジュール」等は、平成29年9月30日現在のものです。内容は変更となる可能性があります。