ページTOPへ

社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

診療のご案内 手術について

冠動脈のカテーテル・インターベンションについて

上の目次をクリックするとそれぞれの項目に移動します。

平成28年度データ

入院治療患者数

緊急入院予定入院合計
カテーテル・インターベンションを施行した患者数136人89人225人
経皮的冠動脈ステント留置術118人68人186人
ロータブレター+経皮的冠動脈ステント留置術0人2人2人
(そのうち薬剤溶出性ステントを使用した患者数)(114人)(62人)(176人)
経皮的冠動脈形成術17人19人36人
経皮的冠動脈血栓吸引術1人0人1人
  • 「予定入院」とは事前に予定していた入院、「緊急入院」とはそれ以外の予定外の入院です。

年齢構成

~49歳14人
50~59歳32人
60~69歳66人
70~79歳57人
80~89歳51人
90歳~5人
カテーテル・インターベンションを
施行した患者の平均年齢
69.6歳

平均在院日数

緊急入院/
急性心筋梗塞
緊急入院/
その他
予定入院
カテーテル・インターベンションを
施行した患者の平均在院日数
13.7日9.2日3.1日
入院してから手術までの平均在院日数0.1日3.7日0.5日
手術してから退院までの平均在院日数12.6日4.5日1.7日
当院に入院した患者の平均在院日数13.7日
  • 「緊急入院/急性心筋梗塞」は入院時に急性心筋梗塞だった場合、「緊急入院/その他」はそれ以外の場合(狭心症など)での緊急入院です。また、ここでは入院のきっかけとなった疾患が虚血性心疾患以外だった患者と、同じ入院中に循環器内科以外の診療科に移動(転科)して、他疾患の治療を行った患者のデータを除外してあります。この後の在院日数の分布・年齢ごとの平均在院日数についても同様です。
  • 入院中に複数回の手術を行なっている場合には、最初の手術を基準に算出しています。

カテーテル・インターベンションを施行した患者の在院日数の分布

緊急入院/急性心筋梗塞緊急入院/その他予定入院
~3日1人13人73人
4~5日2人5人10人
6~7日4人4人2人
8~9日11人1人0人
10~14日52人0人0人
15~19日14人3人0人
20~24日6人4人0人
25~29日1人3人0人
30日~5人0人1人

年齢ごとの平均在院日数

緊急入院/急性心筋梗塞緊急入院/その他予定入院
~49歳12.2日2.5日2.5日
50~59歳12.4日3.7日2.8日
60~69歳13.2日9.6日2.5日
70~79歳15.0日6.6日2.7日
80~89歳14.0日15.9日5.3日
90歳~18.5日16.5日
カテーテル・インターベンションで
入院した患者の平均在院日数
13.7日9.2日3.1日

カテーテル・インターベンションを施行した患者の退院状況

緊急入院/急性心筋梗塞緊急入院/その他予定入院
自宅へ退院90人35人89人
他病院へ転院※16人0人0人
その他(施設への入所等)1人0人0人
死亡退院※24人0人0人
  • 転院とは、他病院で引き続き入院する場合です。
  • 死因の内訳は、急性心筋梗塞3人、急性心不全1人となっています。

  • 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。

適応となる疾患

心臓に血液を供給する血管「冠動脈」の内部が狭くなったり、塞がってしまったりして起こる「狭心症」や「心筋梗塞」。

心臓と冠動脈

冠動脈のカテーテル・インターベンションとは

カテーテルという細い管を用いて、冠動脈の狭くなったり、塞がってしまったりした部分を、血管の内側から治療する「経皮的手術」です。まず、太ももの付け根や、手首または肘の血管から、シースという管を入れてカテーテルの通り道をつくります。そして、シースを通してカテーテルを冠動脈の入り口まで進め、造影剤を注入して、X線撮影で冠動脈の狭窄した部分を確認します。その後、狭窄部に治療用の道具を進めて、冠動脈の内側から治療を行ないます。当院で行なっているカテーテル・インターベンションには、以下のようなものがあります。

治療日程の概要をみる

経皮的冠動脈形成術

冠動脈の狭窄部分でバルーン(風船)を膨らませて、血管を拡げる治療です。

経皮的冠動脈ステント留置術

狭窄部分をバルーンで拡げた後、ステントと呼ばれるトンネル状の金網を入れて、拡げた冠動脈を内側から支える治療です。ステントを入れても再び狭窄する恐れがありますが、再狭窄を起こりにくくするお薬を塗布した「薬剤溶出性ステント」を用いる治療も行なっています。

ロータブレター

冠動脈を狭くしている硬い病変を、ダイアモンドがついたカテーテルの先端部分を高速回転させて粉砕する治療です(赤血球より細かく粉砕されます)。当院は、ロータブレターを行なう施設としての基準を満たしており、社会保険事務局への届け出を行なっています。

手術の特徴

  • 皮膚や血管を通して管を入れて、身体の内側から治療を行なう「経皮的手術」であり、皮膚を切開して病変を外側から治療する手術(外科的手術)と比べると、身体への負担が小さいことが大きな特徴です。
  • 局所麻酔での手術であり、全身麻酔が困難な患者さんでも行なうことができます。
  • カテーテルが通る血管に高度な蛇行があると、手術が行えないことがあります。
  • カテーテル・インターベンションを行なっても、冠動脈が再狭窄することがあります。

予期される合併症

出血、血腫、仮性動脈瘤
治療終了後、カテーテルやシースを入れた場所は圧迫止血を行ないますが、圧迫中や圧迫終了後に出血して血腫(血液の塊)が形成されることがあります。また、血管を穿刺した場所が塞がらずに、血管外に瘤状の血液溜まりができる仮性動脈瘤になることがあります。
血栓症・塞栓症
カテーテルや造影剤などを血管の中に入れたことにより、血栓(血管の中にできる血液の塊)が出来る可能性があります。また、冠動脈を塞いでいたものが治療中に血液の流れにのって、細い血管に詰まることがあります。
血管損傷
治療中に血管を傷つけたり、塞いでしまったりすることがあります。

標準的な入院スケジュール

当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。(緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。)当院では、冠動脈のカテーテル・インターベンションに対応するスケジュール表が、シースやカテーテルを入れる場所と入院日数により、4種類あります。

入院スケジュール

  • 冠動脈形成術(橈骨動脈)・手術当日入院
  • 冠動脈形成術(大腿動脈)・手術当日入院

冠動脈形成術(橈骨動脈)

  • 手術当日に入院して、手首の血管からカテーテルを挿入して治療を行う場合。

冠動脈形成術(大腿動脈)

  • 手術当日に入院して、太ももの血管からカテーテルを挿入して治療を行う場合。
  • 掲載されている「入院スケジュール」等は、平成29年9月30日現在のものです。内容は変更となる可能性があります。