各科・診療部門 消化器病センター・内視鏡センター

消化器病センター・内視鏡センター・肝臓病センターは、消化管、肝臓、胆嚢、膵臓の疾患に対して、最新で最適な治療を提供できるよう常に心がけています。また当院は日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本肝臓学会・日本膵臓学会の指導施設として、医学・医療の進歩に貢献するとともに、若手医師の教育にも積極的に取り組んでいます。

医師紹介

清澤 研道

消化器病センター 名誉センター長
肝臓病センター 顧問

 

  • 昭和42年 信州大学医学部
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定内科医
  • インフェクションコントロールドクター

新倉 則和

副院長

消化器病センター センター長

 

  • 平成5年 信州大学医学部
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
  • 日本膵臓学会指導医

五十嵐 亨

内視鏡センター センター長

消化器病センター 
消化器内科 医師

 

  • 昭和63年 聖マリアンナ医科大学卒
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本東洋医学会漢方専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本内科学会認定内科指導医
  • 日本消化器病学会指導医

横澤 秀一

消化器病センター 消化器内視鏡科 統括医長

内視鏡センター消化器内視鏡センター センター長

消化器病センター消化器内科 医長

 

  • 平成11年 大分医科大学卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本ヘリコバクター学会感染症認定医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器病学会指導医

山本 智清

総合内科 統括医長
卒後臨床研修センター部門
部門長
消化器病センター
消化器内科 医長

 

  • 平成9年 滋賀医科大学医学部卒
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 米国内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医

手島 憲一

消化器病センター
消化器内科 医長

  • 平成10年 熊本大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本外科学会認定医
  • 日本外科学会認定登録医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医

岡村 卓磨

消化器病センター
消化器内科 医長

  • 平成19年 順天堂大学医学部卒
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本ヘリコバクター学会感染症認定医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

藤元 瞳

消化器病センター
消化器内科 医長

  • 平成16年 千葉大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会総合内科専門医

雄山 澄華

消化器病センター
消化器内科 医師

  • 平成25年 鳥取大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医

西条 勇哉

消化器病センター
消化器内科  医師

  • 平成19年 福岡大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医

内視鏡センター 実績

・消化器内視鏡検査および処置件数(2017年度:2017年4月~2018年3月)

上部消化器内視鏡検査
1.病院診療分
件数 4,593
(緊急件数) (702)
止血術 105
食道静脈瘤硬化療法 2
粘膜下層剥離・切除術 87
拡張術 4
異物除去 36
食道・十二指腸ステント留置術 12
胃瘻造設術 32
2.健康センター診療分
件数 16,614
上部合計 21,207
下部消化器内視鏡検査
1.病院診療分
件数 4,729
(緊急件数) (276)
止血術 73
粘膜切除術・剥離術(入院) 493
粘膜切除術・ポリペク(日帰) 221
拡張術 2
ダブルバルーン小腸内視鏡検査 7
2.健康センター診療分
件数 470
下部合計 5,199
超音波内視鏡検査(IDUSを除く)
EUS 233
EUS-FNA 52
その他の内視鏡的処置
件数 60
膵・胆管内視鏡検査
件数 393
(緊急件数) (276)
ERCP 24
EBD 174
総胆管結石截石術 145
総件数 26,799
(緊急総件数) (1,262)

ページの先頭に戻る▲

概要

当院は中信地区の二次救急医療指定施設として6,000-7,000台/年の救急車を受け入れています。そのため消化管出血・胆管結石・胆管炎・胆嚢炎などの消化器救急疾患例が多いことが特徴で、1,200件/年ほどの緊急内視鏡検査に対応しています。
外来では紹介専門外来を設け、地域の先生がたからの紹介や他地域の病院からの紹介にすみやかに対応しています。
検査治療部門として内視鏡センターでは、人間ドックを含め27,000件/年の検査治療を行っています。
(日本消化器病学会指導医 4名・専門医 6名、日本消化器内視鏡指導医 5名・専門医 5名、日本肝臓学会専門医 2名)

診療概要

1)消化管領域

上部・下部消化管内視鏡検査を中心に、バルーン小腸内視鏡なども併用し、全消化管の異常に対して適切な検査・治療を行える体制となっています。また消化管手術後など大腸内視鏡検査の困難が予想される患者さんや前回検査時に痛みの強かった患者さんを対象に、CTを用いた大腸検査(CT Colonography)を導入し、低侵襲な検査の普及にも取り組んでいます。
食道・胃・大腸の良性・悪性腫瘍に対しては、内視鏡的粘膜仮想剥離術(ESD)などの内視鏡治療の対象となる病変か、手術・化学療法などが必要な病変かをすみやかに診断し、週1回の他科の医師との症例検討会などを通じて緊密に連携しながら、適切な医療を提供しています。

下記の症状・異常を認めたときにはかかりつけ医に相談のうえ、遠慮なく当科を受診してください。
① 胃検診の異常や便潜血反応陽性を指摘されたとき
② 改善しない下痢・腹痛・血便・粘液便を認めたとき
③ 良悪性にかかわらず胃・大腸などの腫瘍を指摘されたとき
④ 消化管の外側(縦隔や腹腔内)に腫瘤を指摘されたとき

早期胃がん

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)後

2)胆膵領域

胆管結石・急性胆管炎・胆嚢炎・急性膵炎などの数多くの急性疾患に対応するともに、胆管癌・胆のう癌・膵癌などの悪性疾患に適切に対応するため、腹部超音波検査・CT,MRIなどに加え逆行性膵胆管造影検査を 400件/年(治療が370件)、超音波内視鏡検査を用いた胆膵の検査を(腔内超音波は除く)230件/年、超音波内視鏡下穿刺生検・のう胞ドレナージ・胆道ドレナージなどを60件/年程度行い、膵癌の増加に伴い検査・治療数は増加傾向です。
膵癌の早期発見は非常に大きな課題であり、当院では積極的に超音波内視鏡検査などを行い早期発見に取り組んでいます。

下記の症状・異常を認めたときにはかかりつけ医に相談のうえ、遠慮なく当科を受診してください。
①血液検査(肝機能、アミラーゼ等)異常や腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)の異常を指摘されたとき
②初めて糖尿病を指摘されたとき、または糖尿病治療中に急激な血糖コントロールの悪化を認めたとき
②腹部エコーやCTで膵のう胞・膵腫瘤・慢性膵炎などを指摘されたとき
③胃カメラや腹部エコーで原因のわからない心窩部痛・背部痛が続くとき
④ご両親・御兄弟に膵癌

超音波内視鏡と穿刺針

胃の外側(腹腔内)の腫瘍を穿刺し、組織を採取しているところ

3)肝領域

C型・B型を中心としたウイルス性肝炎に対する抗ウイルス治療を行っています。
C型肝炎に対してはインターフェロンに代わり内服薬のみで治療可能な薬剤が主流となってきており、ウイルスの完全な排除が可能になっています。 B型肝炎ではB型肝炎ウイルスを完全に排除してB型肝炎を完治させることはできません。慢性B型肝炎の患者や免疫力が低下しB型肝炎ウイルスが増殖しやすい状態(ステロイド剤・抗がん剤などの使用)になったもしくはこれからなるB型肝炎ウイルスキャリア(≒保菌者)の患者に対してインターフェロンにより免疫力を高めたり・核酸アナログ薬でウイルスの成熟を抑える治療を行います。

かつて脂肪肝として治療の対象とされていなかった患者さんの中に、肝癌の原因となる非アルコール性脂肪肝炎が含まれていたことが明らかになり、原発性胆汁性胆管炎・自己免疫性肝炎などとともに早期診断・早期介入を試みています。

当院は長野県肝疾患診療専門医療機関に登録されており、肝臓病センターを立ち上げ、毎週月曜日・火曜日・金曜日の午前に肝疾患外来を行っています。
肝細胞癌に対しては腹部血管造影・肝動脈塞栓術(TACE)および局所治療としてラジオ波凝固治療(RFA)を積極的に行っています。また手術が必要な場合には当院の肝胆膵外科と連携して、すみやかに治療を行える体制を整えています。

当院は外科・化学療法・放射線治療(陽子線治療を含む)・緩和治療のスタッフも充実しており、各種消化器がんの早期から進行期に適切な対応が可能です。
また、消化器内科を志す若手医師の研修場所としても、検査数・治療数ともに豊富であり、指導医も多数在籍し、研修体制も整っていることから十分に期待に応えられると考えています。

ページの先頭に戻る▲