各科・診療部門 消化器病センター・内視鏡センター

消化器病センター・内視鏡センター・肝臓病センターは、消化器病の専門的治療をおこなう部門です。消化管全般、肝臓、胆嚢、膵臓の疾患に対して、外来から入院まで一貫した治療をおこなっています。当院は日本消化器病学会認定施設です。

医師紹介

清澤 研道

消化器病センター 名誉センター長
肝臓病センター 顧問

 

  • 昭和42年 信州大学医学部
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定内科医
  • インフェクションコントロールドクター

新倉 則和

副院長

消化器病センター センター長

 

  • 平成5年 信州大学医学部
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医

五十嵐 亨

内視鏡センター センター長

消化器病センター 
消化器内科 医師

 

  • 昭和63年 聖マリアンナ医科大学卒
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本東洋医学会漢方専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本内科学会認定内科指導医
  • 日本消化器病学会指導医

横澤 秀一

消化器病センター 消化器内視鏡科 統括医長

内視鏡センター消化器内視鏡センター センター長

消化器病センター消化器内科 医長

 

  • 平成11年 大分医科大学卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本ヘリコバクター学会感染症認定医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器病学会指導医

山本 智清

総合内科 統括医長
卒後臨床研修センター部門
部門長
消化器病センター
消化器内科 医長

 

  • 平成9年 滋賀医科大学医学部卒
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 米国内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医

手島 憲一

消化器病センター
消化器内科 医長

  • 平成10年 熊本大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本外科学会認定医
  • 日本外科学会認定登録医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医

岡村 卓磨

消化器病センター
消化器内科 医長

  • 平成19年 順天堂大学医学部卒
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本ヘリコバクター学会感染症認定医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

藤元 瞳

消化器病センター
消化器内科 医長

  • 平成16年 千葉大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会総合内科専門医

雄山 澄華

消化器病センター
消化器内科 医師

  • 平成25年 鳥取大学医学部卒

西条 勇哉

消化器病センター
消化器内科  医師

  • 平成19年 福岡大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医

内視鏡センター 実績

・消化器内視鏡検査および処置件数(2017年度:2017年4月~2018年3月)

上部消化器内視鏡検査
1.病院診療分
件数 4,593
(緊急件数) (702)
止血術 105
食道静脈瘤硬化療法 2
粘膜下層剥離・切除術 87
拡張術 4
異物除去 36
食道・十二指腸ステント留置術 12
胃瘻造設術 32
2.健康センター診療分
件数 16,614
上部合計 21,207
下部消化器内視鏡検査
1.病院診療分
件数 4,729
(緊急件数) (276)
止血術 73
粘膜切除術・剥離術(入院) 493
粘膜切除術・ポリペク(日帰) 221
拡張術 2
ダブルバルーン小腸内視鏡検査 7
2.健康センター診療分
件数 470
下部合計 5,199
超音波内視鏡検査(IDUSを除く)
EUS 233
EUS-FNA 52
その他の内視鏡的処置
件数 60
膵・胆管内視鏡検査
件数 393
(緊急件数) (276)
ERCP 24
EBD 174
総胆管結石截石術 145
総件数 26,799
(緊急総件数) (1,262)

ページの先頭に戻る▲

概要

 消化器病センターとしては広く消化管・肝・胆・膵の領域の診療を行っております。
 現在のスタッフは消化器病センターとして常勤医師11名であり、膵臓外来には信州大学医学部健康センターより川教授が、また肝臓外来には信州大学附属病院 肝疾患相談センター 松本准教授が派遣されています。
 当院は日本内科学会認定医制度教育病院・日本消化器病学会専門医制度審議委員会認定施設認定施設・日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設・日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設・日本がん治療認定医機構認定研修施設・日本緩和医療学会認定研修施設として登録されております。
(日本消化器病学会指導医2名、専門医8名。日本消化器内視鏡指導医3名、専門医7名。日本肝臓学会専門医1名)

診療概要

・外来診療

 消化器病センターとして月曜日から金曜日まで午前・午後に専門外来診療を行っております。

 慢性疾患の外来診療は病診連携下に地域の登録医の先生のもとで行っていただくことを基本として、紹介による定期的な検査・診療などをおこなっております。
また、地域がん疾患拠点病院の認定を受け、消化器系悪性腫瘍に対する外来化学療法を積極的に行っております。
 消化管疾患については内視鏡センターを中心に緊急内視鏡検査・処置を積極的に行っており、大腸の日帰りポリペクトミーについては件数を増やしてきています。平成26年からはCT大腸Colonography(CTを使用した大腸検査)を導入し、適応症例について検査をおこなっています。
 肝疾患については慢性肝疾患患者の定期診察、C型慢性肝炎のインターフェロン治療やインターフェロンを使用しない内服治療(DAA)を施行しています。また紹介により、登録医の先生のもとで治療を受けられている慢性肝疾患患者さんの画像診断(肝臓癌の早期発見を目指して)を行っています。さらに肝臓癌が発見された際には登録医の先生と今後の治療方針について検討し、患者さんにインフォームドコンセントを行い、治療を決定するようにしています。
 また長野県肝疾患診療専門医療機関に登録されたことを受け、肝臓病センターを立ち上げ、毎週月曜日・火曜日・金曜日の午前に外来診療を行っています。
 

・入院診療

  入院施設は消化器病センターとして3S病棟に病床(61床)が完備されています。
  消化管疾患では大腸腺腫、大腸・胃・食道早期癌(それぞれ内視鏡的切除を施行しています)、出血性胃・十二指腸潰瘍などの治療をおこなっています。また、超音波内視鏡・NBI拡大内視鏡・ダブルバルーンを使用した小腸内視鏡・カプセル内視鏡などの検査も積極的に行っております。
  肝臓疾患に対しては、急性肝炎の治療から、慢性肝疾患として慢性肝炎から肝硬変・肝臓癌の治療(局所治療としてのラジオ波凝固治療・肝動脈塞栓術など)まで当科で積極的に行っております。

  B型慢性肝炎には抗ウイルス剤として核酸アナログ製剤(ラミブジン・アデホビル・エンテカビル)・インターフェロンを使用した治療を、C型慢性肝炎に対してはインターフェロン治療(ペグインターフェロン・リバビリンを併用)を主体に行っておりす。
  肝臓癌については腹部血管造影・肝動脈塞栓術(TACE)(平成26度TACE 15例)、局所治療としてラジオ波凝固治療(RFA)を行っています(平成26年度RFA 3例)。また、肝切除症例は信州大学消化器外科と連携して診療をおこなっています。
  胆・膵疾患としては急性膵炎、膵臓癌、胆道系疾患(胆石・胆嚢炎・胆管結石・胆道系悪性腫瘍)に対して入院治療を行っております。
  急性期病院として緊急内視鏡的治療(緊急止血術・緊急胆管ドレナージ)のほか、緊急の血管造影・血管塞栓術・緊急の胆汁ドレナージにも対応しており、消化管出血で内視鏡的止血術が困難な症例の緊急止血・肝臓癌破裂の症例に緊急血管塞栓術を施行しています。
  緊急の胆汁ドレナージ(PTCD・PTGBD)については内視鏡的なドレナージが困難な症例に施行しております。(平成26年度に年間14例施行)

※1インターフェロンは、C型慢性肝炎の治療薬です。

※2肝動脈塞栓術(TAE)
肝動脈塞栓術とは、がんが生きていくために必要な栄養を供給している血管(肝動脈)を塞栓剤を使って人工的に塞ぎ、がんへの栄養の供給を停止してがんを死滅させる治療法です。

カテーテルから塞栓剤を入れる

塞栓剤にはリピオドールというがんの組織だけに結びつく油が混ざっている。

ページの先頭に戻る▲