各科・診療部門 臨床検査センター

病理診断科は、病変の顕微鏡的観察を通じて、臨床診断の最終的確認や臨床診断を補助するために情報収集を行う部門です。病理専門医・細胞診専門医による組織検査、細胞診検査、解剖などを行っています。

医師紹介

伊藤信夫

臨床検査センター 顧問

  • 昭和49年 信州大学医学部卒
  • 日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医

下条 久志

臨床検査センター センター長

  • 平成5年 信州大学医学部卒
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 日本臨床検査医学会臨床検査専門医
  • 日本臨床細胞学会教育研修指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医

樋口 佳代子

臨床検査センター 病理診断科
医長

  • 昭和56年 京都大学医学部卒
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本臨床細胞学会教育研修指導医
  • 日本臨床検査医学会臨床検査管理医
  • 国際細胞学会国際細胞病理医
   

小豆畑 康児

臨床検査センター病理診断科
医長

  • 平成13年 信州大学医学部
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本臨床細胞学会教育研修指導医
  • 日本臨床検査医学会臨床検査管理医

・スタッフ構成(2018年4月1日)

常勤医 4名

実績

・2017年度

【内訳】
細胞診検査 10088件
病理検査 5167件
迅速検査 230件
病理解剖 11件
解剖CPC 5件

概要

病理検査は主として病変の顕微鏡的観察を行って臨床診断を最終的に確認したり、臨床診断を補助する情報を得るための検査です。

様々な取り組み

1.消化器、呼吸器、乳腺、泌尿器cancer boardへの参加(各週1回)
2..消化器術後カンファレンス開催(週1回)
3.内視鏡カンファレンス参加(週1回)
4.解剖CPC (年間6回)
5.大腸癌を対象としたリンチ症候群スクリーニング
6.他院への病理医の派遣(週1日)

ページの先頭に戻る▲