各科・診療部門 精神神経科

精神神経科は、精神の疾患を扱う診療科です。
相澤病院では身体疾患で入院中の患者様、救急外来、他科外来を受診中の患者様に対する精神疾患の診断・治療を主な目的としています。
精神神経科受診のみを目的とした一般外来の診療はおこなっていません。

医師紹介

柳澤 透

柳澤 透

精神神経科 医長

  • 平成元年 大分医科大学医学部
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本精神神経学会精神科専門医
  • 日本精神神経学会指導医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
福田 崇宏

福田 崇宏

精神神経科 医長

  • 平成13年 信州大学医学部卒
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会指導医
  • 日本精神神経学会精神科専門医

・スタッフ構成(2018年4月現在)

常勤精神科医 2名
非常勤精神科医 2名
臨床心理士 2名
精神看護専門看護師 1名

実績

平成28年度 平成29年度
件数 延べ数 件数 延べ数
精神神経科診察 382件 1,116 454件 1,350
精神科リエゾンチーム 39件 233 85件 372

概要

相澤病院精神神経科は、コンサルテーション・リエゾン精神科(Consultation-Liaison Psychiatry;CLP)を主な目的として、2003年4月に設置され、同年6月から実質稼働しています。原則、身体疾患にて入院中の、精神疾患を有する患者様への精神科治療の継続を担当しています。精神神経科受診のみを目的とした、一般外来患者様の診察は行っておりません。

※コンサルテーション・リエゾン精神科とは:一般の身体医療の中で起こる様々な精神症状や精神医学的問題に対して、各科医療スタッフと精神科医・スタッフとが共同してあたる対応・診断・治療のことです。

入院対応

精神科病棟はございません。従って精神科診療はベッドを受け持っている他診療の主治医をサポートする形で行っています。
また、必要時には精神科リエゾンチーム介入を行っております。医師、精神看護専門看護師、臨床心理士、作業療法士、薬剤師等、多職種連携にて、精神疾患を有する患者様の治療や、ご家族の精神的サポートを行っております。

外来対応

一般的な精神神経科の外来治療を当院で希望される方がいらっしゃいますが、残念ながら一般的な精神神経科外来診療・継続治療は行っておりません。
救急外来を受診された患者様に重大な精神症状が疑われる場合(自殺企図など)や精神疾患の治療歴・既往があった場合などに、初期評価などを行い精神科専門医療機関への紹介を行う場合があります。また入院中に対応した患者様を退院後に短期間外来フォローする場合や、他の診療科外来を通院中の方の外来併診を特別な事情で行う事があります。

その他

がん患者様、ご家族、がん診療に携わる医療スタッフに対して、治療・支援・相談を行う緩和ケアチームにも参加・協力しています。

ページの先頭に戻る▲