各科・診療部門 脳卒中・脳神経センター

  脳卒中・脳神経センターは、神経救急、脳卒中診療、脳・神経疾患一般を扱う部門です。
  神経救急・脳卒中診療では、救急診療部との密接な連携により、脳神経外科と神経内科が共同して24時間365日の受け入れ、治療体制を整備しています。
  また、平成17年に認可されたrt-PA静注療法にも積極的に取組んでいます。 特に脳卒中診療では、チーム医療を実践し、急性期血行再建や超早期リハビリテーションなどに積極的に取り組み、早期診断、早期治療、早期回復を目指しています。
   脳神経外科、神経内科、脳血管内治療センター、リハビリテーションセンター、ガンマナイフセンター、高気圧酸素治療センター、がん集学治療センターなどが連携し、患者様に幅広い医療の選択肢を提供し質の高い医療を実践しています。

・脳卒中・脳神経センター 組織図

脳卒中・脳神経センター
脳神経外科
脳血管内治療センター
高気圧酸素治療センター
脳神経内科
リハビリテーション科
医師集合写真

医師紹介

小林 茂昭

脳卒中・脳神経センター 名誉センター長
医学研究センター名誉顧問
相澤病院 治験センター長
相澤地域在宅医療支援センター塩尻 塩尻診療所 所長

 

  • 昭和38年 信州大学医学部卒
  • 昭和46年 メイヨー医科大学院卒
  • 信州大学名誉教授
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • 米国脳神経外科学会脳神経外科専門医

近藤 清彦

脳卒中・脳神経センター 顧問
相澤東病院 診療部 部長

 

  • 昭和51年 信州大学医学部卒
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本神経学会指導医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医

橋本 隆男

脳卒中脳神経センター
副センター長
脳卒中脳神経センター脳神経内科 統括医長
医学研究センター長
医学研究センター
卒後臨床研修センター顧問
医学研究センター
神経疾患研究センター
センター長
脳画像研究所 副所長
総合内科 医師

  • 昭和57年 信州大学医学部卒
  • 日本臨床神経生理学会認定医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 臨床修練指導医
  • 日本神経学会指導医
  • 日本神経学会評議員
  • 日本臨床神経生理学会評議員
  • 日本ニューロモジュレーション学会評議員
  • 日本臨床神経生理学会認定医 筋電図・神経伝導分野(EMG)
  • 日本臨床神経生理学会認定医 脳波分野(EEG)
  • 日本認知症学会認知症専門医
  • 日本臨床神経生理学会指導医

北澤 和夫

副院長
脳卒中・脳神経センター長

脳卒中集中治療センター長

高気圧酸素治療センター長

回復期リハビリテーションセンター長

 

  • 昭和60年 信州大学医学部卒
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本頭痛学会頭痛専門医
  • 日本リハビリテーシヨン医学会認定臨床医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本救急医学会認定医
  • 日本高気圧環境・潜水医学会専門医
  • 長野県メディカルコントロール認定
  • 信州大学医学部脳神経外科学講座臨床教授

八子 武裕

脳卒中・脳神経センター
脳神経外科 統括医長

医学研究研修センター
卒後臨床研修センター
副センター長

  • 平成10年 信州大学医学部卒
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医

佐藤 大輔

脳卒中・脳神経センター
脳血管内治療センター長

  • 平成12年 京都大学医学部卒
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医

千葉 晃裕

脳卒中・脳神経センター
脳神経外科 医師
  • 平成25年 信州大学医学部卒

堤 圭治

脳卒中・脳神経センター
脳血管内治療センター
医師

  • 平成17年 信州大学医学部卒
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医

佐藤 宏匡

脳卒中・脳神経センター
脳神経内科 医師

  • 平成19年 宮崎大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医

磯部 隆

脳卒中・脳神経センター
脳神経内科 医師
総合内科 医師

  • 平成21年 帝京大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会神経内科専門医

柿澤 昌希

脳卒中・脳神経センター
脳神経内科 医師

  • 平成25年 山口大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医

カンファレンス風景

毎朝、脳神経外科、脳神経内科、リハビリ科医師とリハビリスタッフが集合し、前日の入院症例と画像検査を全員で検討し、診断を検討し治療方針を確認します。 稀な病気や症状の急な変化など、各専門分野から意見を出し合い、適切な治療方針を決定しています。 若手医師や外国からの留学医師の教育の場ともなっています。

当センターの特徴と実績

1. 脳卒中の急性期治療

rt-PA静注療法は、発症3時間以内の薬剤投与が必須であるため、救急システムの受入れ体制が整い、精度の高いCTやMRIが24時間365日撮影可能で、脳卒中治療の専門家が常駐している病院でないと行なうことはできません。 当院は、脳卒中専門医6名が常駐し、長野県でも数少ない血管内治療と手術治療が24時間体制で可能で12床の脳卒中集中治療室(SCU:Stroke Care Unit)を完備した脳卒中専門病院でもあります。 脳卒中症例数も年間600例前後で日本有数の症例数となっています。 脳梗塞急性期治療のうちで、閉塞した動脈を再開通させるrt-PA静注療法、血栓回収療法などを積極的に実施しています。 くも膜下出血に対しても、最新鋭の320列CTによる血管撮影が24時間可能で患者さんの負担を軽減し、常に開頭術と血管内治療を検討し、完全かつ確実な治療法を選択できる体制となっています。非常に充実したリハビリスタッフが超急性期からの総合的で十分なリハビリテーションを365日実施し、早期社会復帰を目指しています。


右グラフより
  • 2012年度実績
     急性期脳卒中総数:572名
  • 脳梗塞(発症から1週間以内の症例):398名
  • 脳内出血:127名
  • くも膜下出血:47名
  • 2. 幅広い専門的治療 脳神経外科と脳神経内科の連携により、パーキンソン病に対する脳深部刺激治療、リハビリテーション科でのTMS治療、脳腫瘍に対しては、神経内視鏡やナビゲーションシステムを導入し、手術治療の精度と安全性を向上するとともに、最新鋭のガンマナイフ治療機器:パーフェクションを導入、近日中に運用開始が決定される陽子線治療と合わせ、脳腫瘍に対する最先端の治療が地域の皆様に提供できる体制となって来ています。

    rt-PA静注療法の実績

     今までに100症例を超える脳梗塞症例に対し実施し、閉塞動脈が再開通した方は経過が良いことがわかってきました。症状を悪化させるような大きな出血梗塞などの重篤な合併症はほとんどなく、治療は安全に行われています。しかしながら、逆に脳梗塞患者さんで、この治療を実施可能な方は非常に少なく、2006年の脳梗塞350症例に対して、1-2%の投与割合が、2011年には7%となってきましたが、その後5%前後で推移しています。これに関しては詳細な分析を試み、発症年齢の高齢化とともに、来院時間の遅れがまだ目立ちます。今後も言語障害や手足の麻痺などが急に出現した際には脳卒中を疑い、一刻も早く専門病院を受診する啓発活動を積極的に展開していきます。

    <脳梗塞患者総数の内訳について>

     ・急性脳梗塞発症2時間以内の受信者数

       23%(2006) → 28%(2009) → 32%(2010)

     

     ・3時間以内の受診患者数

       29%(2006) → 36%(2009) → 42%(2010)

     

    <rt-PA静注療法 年度別症例数>

    ページの先頭に戻る▲