ページTOPへ

脳卒中・脳神経センター 脳神経外科

脳神経外科では、脳卒中・脳血管障害や頭部外傷などの脳神経救急に対し、“脳”に関わる手術を中心とした診療を提供するため、
「365日24時間いつでも治療のできる」体制を敷いています。お困りの時には安心してご受診ください。
また、転移性脳腫瘍、脳原発腫瘍といった、がん治療にも積極的に取り組み、放射線治療科、ガンマナイフセンター、
化学療法科、緩和ケア科を有する「がん集学治療センター」と連携し、多くのがん手術治療を行っています。
一方で、神経内科と協働しパーキンソン病、ジストニア、振戦に対する手術治療(定位脳手術)も行っています。

医師紹介

北澤 和夫

副院長
脳卒中・脳神経センター長

脳卒中集中治療センター長

高気圧酸素治療センター長

回復期リハビリテーションセンター長

  • 昭和60年 信州大学医学部卒
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本頭痛学会頭痛専門医
  • 日本リハビリテーシヨン医学会認定臨床医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本救急医学会認定医
  • 日本高気圧環境・潜水医学会専門医
  • 長野県メディカルコントロール認定
  • 信州大学医学部脳神経外科学講座臨床教授

小林 茂昭

脳卒中・脳神経センター 名誉センター長
医学研究センター名誉顧問
相澤病院 治験センター長
相澤地域在宅医療支援センター塩尻 塩尻診療所 所長

 

  • 昭和38年 信州大学医学部卒
  • 昭和46年 メイヨー医科大学院卒
  • 信州大学名誉教授
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医
  • 米国脳神経外科学会脳神経外科専門医

八子 武裕

脳卒中・脳神経センター
脳神経外科 統括医長

医学研究研修センター卒後臨床研修センター 副センター長

  • 平成10年 信州大学医学部卒
  • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
  • 日本脳卒中学会脳卒中専門医

千葉 晃裕

脳卒中・脳神経センター
脳神経外科 医師
  • 平成25年 信州大学医学部卒

救急診療

脳血管内治療センターや神経内科と協働して、365日24時間病院に常駐しています。
救命救急センター医師との連携により、迅速な脳卒中初期治療や、緊急手術に対応しています。
患者さんそれぞれの状況から、手術治療が必要かどうかを判断し、適切な治療選択を患者さんに提供しています。

外来診療

新規受診される方の多くは、頭痛やめまい・ふらつき、手足のしびれ、もの忘れを心配して来院されています。
一見軽症に見えても、その中には専門的な治療を要する状況の方もあり、最新のCTスキャンやMRIなどの検査機器により病気の的確な診断に努めています。
平成25年からは専門外来も設置し、患者さんのご相談に専門的対応をしています。

 

頭痛外来

頭痛の診断治療するだけではなく、危険な頭痛(=くも膜下出血、脳腫瘍、脳血管解離等)が隠れていないかを精密検査を行っていきます。
特にくも膜下出血を起こしたご家族の方がおられる場合や、高血圧、糖尿病、高脂血症をお持ちの方は、ぜひお越しください。


脳動脈瘤外来

脳動脈瘤が発覚した場合の、情報提供、治療に関する相談を行います。


脳血管内治療外来

脳血管内治療センター医師が担当しています。
血管の病気について、カテーテルでの「頭を切らない」治療について、ご相談に応じます。

手術治療

手術実績
疾患別 手術 件数
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
脳腫瘍 開頭摘出術 37 23 31 39 29
血管内治療 3 1 2 4 1
脳血管障害
クモ膜下出血 開頭動脈瘤クリッピング術 14 9 13 17 21
血管内コイル塞栓術 7 19 15 10 9
未破裂脳動脈瘤 開頭動脈瘤クリッピング術 33 19 19 22 15
血管内コイル塞栓術 12 19 18 19 11
脳動静脈奇形 開頭脳動静脈奇形摘出術 3 0 2 0 0
脳出血 開頭脳内血腫除去術 16 17 11 13 8
脳梗塞 バイパス術 7 18 11 9 4
急性期血管内再開通療法 19 21 29 21 29
血管内ステント留置術 17 9 11 12 15
頭部外傷
急性硬膜下血腫 開頭血腫除去術 12 7 7 4 10
慢性硬膜下血腫 穿頭血腫除去術 65 66 59 81 74
機能的脳手術 脳深部刺激電極留置術 8 7 13 7 9
定位的破壊術 2 0 0 2 2
その他 62 53 66 58 70
317 288 307 318 307

主な手術支援機器

手術用顕微鏡

主たる術者と2名の助手の計3名が立体的に観察でき、安全・正確な手術を行えます。

赤外線蛍光血管撮影:術中に血管内の血流を確認し、安全な手術の実践に役立てています。


ナビゲーションシステム

熟練した脳神経外科医でも、手術用顕微鏡で拡大して観察していると、3次元空間的な位置や範囲、深さなどの感覚が途中で狂ってしまうことが有ります。
特に脳の中で、正常脳組織との境が見た目だけでは識別できにくい腫瘍であるとなおさらで、その位置を車のナビゲーションのようにMRIの画像に示してくれるシステムが有ります。


神経内視鏡

脳内血腫、脳腫瘍の一部、水頭症に対して、最小限の頭皮切開で治療が可能です。


超音波検査器

術前診断だけではなく、術中に超音波検査を利用することで、手術の精度向上に役立てます。


術中電気的神経生理モニタリング

全身麻酔の手術において、手術による運動機能の障害が発生しないかどうかを電気刺激を用いて確認し、 安全な手術治療に役立てています。


検査機器

320列面検出CT

24時間体制にて稼働し、脳動脈瘤や血管解離などの迅速な診断に威力を発揮しています。このCT検査は非常に高速に、しかも患者さんの負担を非常に少なく脳血管の3D検査が可能で、全国的にも24時間体制でこの検査のできる病院は非常に少ないです。

脳血管撮影装置

最近、最新鋭の脳血管撮影装置導入しました。脳の非常に細い血管まで、鮮明に描出することが可能で、放射線被曝線量も従来より少なくなり、より安全に検査・治療を行うことが可能です。

頭部MRI

2台体制で検査を実施しています。

 

320列CT MRI 血管造影室

脳・神経疾患治療の総合力

現在の脳神経外科診療は、単に脳神経外科医が脳の病気に対して「頭を切って、手術で治す」だけの時代ではなくなりました。
患者さん個々の疾患や病状によって、総合的な治療・ケアを適切に選択する必要が有ります。
例えば、

  • ・脳神経外科:最新の手術機器・技術を駆使した開頭・穿頭手術
  • ・神経内科:進歩著しい適切な薬物治療
  • ・脳血管内治療センター:血管の内側から血管の病気を治す血管内治療
  • ・がん集学治療センター:切らずに病気を治す放射線治療(ガンマナイフ、トモセラピー)
  • ・リハビリテーション科:麻痺などの障害が発生した日から365日行うリハビリテーション

当院には上記のような“総合的脳神経疾患治療”を行えるスタッフと設備が充実しています。
これらが脳神経外科を含む脳卒中・脳神経センターとして集約し、がん集学治療センター、心臓病大動脈センターとも協働しています。
この総合力をもって、急性期脳神経疾患診療をご提供します。

シミュレーションセンター研修

顕微鏡下手術修練用の手術用顕微鏡、血管内治療シミュレータを相澤シミュレーションセンターに完備しています。
脳神経外科専門医・指導医、脳血管内治療専門医の直接指導のもと、見学学生や臨床研修医が、専門性の高い脳神経外科の手術手技の一端を体験することで、実際的・実践的な興味を持って脳神経外科研修・実習に臨めるようにしています。

 

ページの先頭に戻る▲