各科・診療部門 放射線画像診断センター

放射線画像診断センターでは「一刻も早い診断のために、高度な画像情報をいつでも確実に提供する」「最新鋭の画像診断機器をもって地域医療に貢献し、県内の画像診断の先陣となる」を目標として、質の高い画像の提供と患者様が安心して検査を受けられるよう、スタッフが一丸となって取り組んでいます。
また、救急指定病院としての機能を最大限発揮するため、CT・MRI・血管撮影装置は常時受入れを可能とし24時間対応の救急体制を行っています。

医師紹介

小口 和浩

放射線画像診断センターポジトロン断層撮影センター センター長

放射線画像診断センター 
センター長

  • 昭和62年 信州大学医学部卒
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 日本核医学会PET核医学認定医
  • 日本核医学会核医学専門医

伊藤 敦子

放射線画像診断センター
放射線診断科  医長

  • 昭和63年 信州大学医学部卒
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
  • 日本核医学会PET核医学認定医
  • 日本核医学会核医学専門医

川倉 健治

放射線画像診断センター
放射線診断科 医長

    平成12年 北海道大学医学部卒
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 日本核医学会核医学専門医
  • 日本核医学会PET核医学認定医
  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会IVR専門医
  • 日本医学放射線学会研修指導者

金子 貴久子

放射線画像診断センター
放射線診断科 医長 

  • 平成17年 信州大学医学部卒
  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 日本核医学会PET核医学認定医
  • 日本医学放射線学会研修指導者
  • 日本核医学会核医学専門医

実績

・検査件数(2016年度)

  検査件数
総件数 129,933件
単純撮影 76,645件
造影検査 1,037件
血管撮影 1,631件
CT検査 37,780件
MRI検査 110,470件
乳房 5,996件
骨密度 1,370件

・機能指標

①機器稼働件数(2016年度)

モダリティ 年間検査件数 設置台数稼動件数(/台)
CT 37,780 3 12,593
MRI 11,470 2 5,735
PET/CT 2,752 2 1,376

②後発造影剤使用率(2016年度)

モダリティ 後発造影剤使用件数 総造影件数 後発造影剤使用率(%)
CT 9,552 9,552 100.0
MRI 2,015 2,106 95.7
血管造影 1,630 1,631 99.9

③造影検査率(2016年度)

モダリティ 造影件数 総検査件数 造影検査率(%)
CT 9,552 37,780 25.3

④再撮影率(2016年度)

モダリティ 写損数 総曝射数 再撮影率(%)
一般撮影 452 8,269 5.5
病室撮影 51 946 5.4

⑤各学会、研究会等の論文投稿、発表件数(2016年度)

・学会発表数
年間演題数 総技師数 学会発表数(/人)
5 34 0.15
・論文発表数
年間論文数 総技師数 論文発表数(/人)
0 34 0

⑥入院となった脳血管障害患者における頭部CTまたはMRI検査施行までに要した時間(2016年度)

モダリティ 時間(分)
CT 17.0
MRI 38.0

⑦急性心筋梗塞の患者で症状発症後12時間以内に来院し、来院からバルーンカテーテルによる責任病変の再開通までの時間が90分以内の患者の割合(2016年度)

90分以内の症例数 対象となる患者の総PCI症例数 割合(%)
36 60 60

⑧検査待ち時間(2016年6月1週間データ)

モダリティ 平均待ち時間(分)
一般撮影 26.0
マンモグラフィ 8.5

⑨インシデント・アクシデントレポート報告数(2016年度)

報告数 技師数 報告数(/人)
35 54 0.6

⑩放射線業務従事者の被ばく線量(2016年度)

年間積算線量 対象技師数 平均値(mSv) 最大値(mSv)
24.6 30 0.8 3.9

⑪放射線科医による読影レポート作成が24時間以内であった件数の割合(2016年度)

24時間以内 全読影数 24時間以内読影率
44,137 44,209 99.84

ページの先頭に戻る▲

概要

主な検査機器

320列CT

当院のCTは、わずか0.35秒の間に体の周りを一回転するだけで、16cmの範囲を細かく撮影できる世界最新鋭のArea Detector(面検出器)技術を搭載しています。
これより動いている心臓の血管を瞬時に全体を撮影する事が出来、しかも放射線被ばく線量も最大1/4程度に抑えられます。

また、短時間に連続して画像を得られる事を利用すると脳血管撮影の様な時間を追った三次元画像が得られ、脳血管病変や循環状態の診断に威力を発揮します。

CT検査の注意点>>

MRI(1.5テスラ2台)

強力な磁気を利用し、異常が疑われる部分を体の縦、横、斜めなどあらゆる角度から調べる事が出来る装置です。
特に脳血管の描出には威力を発揮する装置で、造影剤も使用せず鮮明な画像が得られます。
また放射線を使わないため、被ばくの心配も要りません。
当院は1.5テスラ高磁場装置であり検査時間も以前の装置に比べ早くきれいに画像が得られますので安心して負担の少ない検査が受けられます。

MRI検査の注意点>>

血管撮影装置

血管に挿入したカテーテルから造影剤を注入する事で見たい血管を選択的に映し出す装置です。血管を撮影するだけではなく血栓により狭くなった心臓の血管を広げたり、お腹の中で出血している血管を塞栓したり、また脳動脈瘤や脳血管異常を治療するなどの血管内治療も行っています。血管内治療は救急でも積極的に行っています。

当院の装置は回転撮影によって3次元画像やCTのような断層画像の作成も可能です。

ページの先頭に戻る▲