各科・診療部門 糖尿病センター

糖尿病センターは、生活習慣病のひとつである糖尿病の専門的治療をおこなう部門です。
医師を中心に看護師、薬剤師、検査技師、栄養士、理学療法士らの専門スタッフが一丸となり、患者様の病状にもっとも適した糖尿病治療をおこなっています。
糖尿病のことを適切に理解していただくための「糖尿病教育入院」も実施しています。

医師紹介

相澤 徹

相澤 徹

糖尿病センター 顧問

  • 昭和50年 群馬大学医学部卒
  • 昭和57年 信州大学大学院医学研究科修了
  • 日本内科学会認定医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 日本内分泌学会専門医
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)指導医
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医
  • 日本糖尿病学会研修指導医
  • 日本動脈硬化学会指導医
  • ECFMG
山下 浩

山下 浩

糖尿病センター センター長
糖尿病内科 統括医長

  • 平成8年 信州大学医学部卒
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 日本糖尿病学会糖尿病研修指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

髙須 信行

糖尿病センター

糖尿病内科 医師

  • 昭和44年 東京医科歯科大学医学部卒
  • 日本甲状腺学会甲状腺専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病研修指導医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本老年学会指導医

佐藤 友香

糖尿病センター

糖尿病内科 医師

  • 平成19年 愛媛大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医

提坂 浩之

糖尿病センター

糖尿病内科 医師

  • 平成26年 信州大学医学部卒

越 智通

糖尿病センター

糖尿病内科 医師

  • 平成27年 新潟大学医学部卒

概要

糖尿病センターでは、担当内科医師を中心に看護師、薬剤師、検査技師、栄養士、理学療法士、および他科の医師とも連携をとりながら、糖尿病教育入院などを取り入れ、生活習慣病の一つである糖尿病に対し、エビデンスに基づいて患者様の病状とご希望に沿った治療に努めております。

糖尿病センターの受診をご希望の患者さんへ

糖尿病センターでは一般外来診療を行い、かつ、以下の対応も行なっています。

糖尿病教育入院

月曜日開始、金曜日終了の「4泊5日クリニカルパス」で教育入院を行なっています。糖尿病初診の方の初期動機付け・教育に対応いたします。
また、特に多忙な患者様のために、金曜日開始、日曜日終了の「2泊3日短期クリニカルパス」での教育入院も行っています。
パス入院では、[糖尿病についての正しい知識]「糖尿病の合併症について」「食事療法」「運動療法」「薬物療法」「検査値の見方」「日常生活の送り方・もしくは過ごし方など」「体調不良時の対応・シックデイルール」を理解して頂けるよう、それぞれ専門の医師・看護師・薬剤師・検査技師・栄養士・理学療法士が対応いたします。
基本的に複数の方を対象にした集団教育の形式ですが、必要に応じて個別指導を加えております。
既に他の医療施設でご加療中の患者様で、主治医の先生からのご依頼があれば、パス入院でのインスリン治療の開始など薬物療法の再評価や変更も可能です。その後もご希望があれば、かかりつけの先生との連携でいわば2人主治医の形で診療させていただきます。

外来でのインスリン導入院

糖尿病センターでは、外来でのインスリン自己注射および血糖自己測定の導入、指導も行っています。専門の医師およびコメデイカルスタッフが対応します。特に1型糖尿病の患者様の場合、適応があればインスリン持続皮下注入器(インスリンポンプ)による治療も検討いたします。

外来での食事指導および療養支援

糖尿病センターでは、外来での食事指導も行っています。専門の医師および管理栄養士が対応します。また患者様の糖尿病の療養生活で不安になっていることなどがあれば、糖尿病外来担当医および糖尿病外来支援を担当している専門スタッフが対応します。

全病棟回診カンファレンス

糖尿病で入院中の患者様はもちろん、別のご病気で入院された患者様の中で、血糖値異常などが見つかった患者様も対象にしています。糖尿病センター医師のほか、糖尿病療養指導士(CDE-J)などのコメデイカルスタッフも参加しています。専門の医師・看護師・薬剤師・検査技師・栄養士・理学療法士が連携して対応させていただき、もとのご病気の主治医と相談の上、的確な治療方針を提案して、患者様の糖尿病の療養、治療を支援しております。

いずみ会

いずみ会は、糖尿病患者様ご本人だけでなく、その御家族が、互いに情報交換したり、励ましあったりできる糖尿病患者様のための会です。平成11年に発足した会で、新年会やお花見会、納涼会と銘打って、勉強会やスポーツやお食事会を、四半期に一度程度の周期で開催しています。
会員の方の病歴は様々で、つい最近からという方や、20年以上という方もいらっしゃいます。また、会員の方の目的も、勉強会がためになるからということでお越しになる方や、楽しい仲間に会いたいという理由でお越しになる方など様々です。
明るく元気で前向きに、皆様笑顔でいずみ会にお出でいただいております。


糖尿病について

糖尿病とは

生活習慣病とも言われる糖尿病とは、血液中の血糖値を下げる働きのあるインスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく作用しなくなることにより「高血糖」の状態が続いてしまう病気です。糖尿病は自覚症状が少ないため気付かない事が多く、治療せずに放置したままでいると様々な合併症を引き起こしてしまい、最悪の場合は失明したり、命にかかわることにもなります。そうならない為には早期発見に努めることが最も重要です。

糖尿病の症状

糖尿病は自覚症状が少なく、症状が出た時には既にかなり進行してしまっている可能性があります。

症状としては
・のどが渇く
・疲れやすい
・尿の量や回数が多い
・体重が減ってきた
などの症状が出てきます。さらに進行すると神経や血管を中心とした臓器に障害が起きてきます。

合併症の主なものは 1.神経障害  2.網膜症  3.腎症 であり三大合併症と呼ばれています。

1.神経障害

神経障害は末梢神経障害と自律神経障害の二つに大別することができます。

・末梢神経障害
高血糖の状態が長く続くと、ブドウ糖が神経細胞に入り込み、神経の働きが低下してし まいます。その結果手足のしびれや痛みなどの症状が出てきます。また傷ができても痛みが無いため、気がつかない間に壊疽になり、足切断を余儀なくされることもあります。

・自律神経障害
内臓などの働きをコントロールしている自律神経に障害が起こると、立ち眩みや発汗異常などの症状が出てきます。

2.網膜症

眼底にある網膜の血管に障害が起こり視力障害を起こします。

糖尿病網膜症 は最も多い失明原因となっています。

3.腎症

高血糖の状態が長く続くと腎臓の血管が冒され、腎臓の老廃物を濾過する機能が衰えてしまいます。進行すると腎不全、尿毒症になってしまい人工透析が必要となります。

4.その他の合併症

三大合併症の他に糖尿病の合併症としては脳梗塞と心筋梗塞があります。糖尿病により動脈硬化が進行し血栓により血管の梗塞を引き起こします。どちらも命にかかわる重大な事態を引き起こすものであり、十分に注意する必要があります。

糖尿病のセカンドオピニオンについて

当院では糖尿病に関するセカンドオピニオンのみ、下記の時間の専用外来にてご相談頂いております。詳しくは「当院でのセカンドオピニオンを希望される皆様へ」をご参照下さい。

 

○毎週金曜日 : 午前 9:00~12:00 (完全予約制)

○担当医師 : 相澤 徹

 

糖尿病はさまざまな現れ方をする病気です。急な病態の方も慢性の方もおられますし、若い方も高齢の方もおられます。また、糖尿病の合併症が全くない方も合併症が進行してお困りの方もおられます。肥満を中心とするいわゆるメタボリック症候群をともなっている方も多いですが、そうしたことと無縁の患者さんもおられます。もちろん、糖尿病以外の病気でお困りの方も少なくありません。そこで、糖尿病の治療や管理のやり方や目標は、その方の糖尿病によって異なります。患者さんひとりひとりが糖尿病管理の望ましい方向性を探すお手伝いができれば幸いです。

 

相澤病院糖尿病センター顧問 相澤 徹
- 略歴 -
昭和50年群馬大学医学部卒業
昭和57年信州大学大学院修了
信州大学名誉教授
第39回日本糖尿病学会シオノギリリー賞
第43回「糖尿病学の進歩」世話人
日本糖尿病学会
アメリカ糖尿病学会(American Diabetes Association, ADA)
ヨーロッパ糖尿病学会(European Association for Study of Diabetes, EASD)会員
著書:新・糖尿病臨床入門など

ページの先頭に戻る▲