各科・診療部門 スポーツ障害予防治療センター

スポーツ障害予防治療センターは、成長期のスポーツ選手を主体に、医師と理学療法士が協働して、リハビリで治療することをコンセプトにしたセンターです。対象疾患は投球障害肩、野球肘、腰痛症、オスグッドシュラッター病、シンスプリント、足関節捻挫などです。いずれも痛みがある部位の治療のみでなく、全身運動を軸と体幹機能として評価・治療することで成果を上げています。 スタッフは、医師2名と理学療法士6名(運動器リハ部門との兼務)です。 2名の理学療法士が、アスレティックトレーナー(日本体育協会公認)の資格を有しています。

スポーツ選手のメディカルチェックのご案内>>PDF

相澤病院スポーツ障害予防治療センター  

医師紹介

村上 成道

スポーツ障害予防治療センター
センター長

整形外科 リハビリテーション部門
医長
回復期リハビリテーション
病棟医師

  • 平成4年 信州大学医学部卒
  • 日本整形外科学会認定医
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター

伊坪 敏郎

スポーツ障害予防治療センター

医長

  • 平成13年 宮崎大学医学部卒
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本手外科学会手外科専門医

薄井 雄企

スポーツ障害予防治療センター
整形外科
医長

  • 平成13年 北里大学医学部卒
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

 

概要

2007年1月よりスポーツ障害予防治療センターを開設しました。
小学生~大学生の方は月・火・水・木の午後
一般の方は月・火・水・木・金の午前中
※いずれも予約制です。お電話にて事前に受付をお願い致します。

スポーツによる障害に対する治療、障害予防のための運動処方、メディカルチェックが主な診療内容となります。特に、スポーツリハビリテーションに力を入れており、医師と理学療法士が合同で治療を進めていく新しいスタイルのセンターです。

単にけがに対する治療だけでなく、その予防法、復帰に向けてのリハビリテーションに力を入れることで、トータルにスポーツ障害を捉えていくことが特徴です。

主な特徴

いわゆるけがには、外傷と障害の二つがあります。外傷は転んだ、衝突したなどにより生じるもので、障害はオーバーユース症候群とも呼ばれるように、日々の練習などで無理がかかり、生じるものです。

障害は、早期に発見し、その改善に努めれば改善する可能性の高いけがであり、当センターはこの障害に対する予防と治療を目的に開設しました。

・専門的なスポーツリハビリテーション治療

スポーツ活動をする上で、身体の各所に生じた痛みの原因を詳しく調べ、究明し治療にあたります。

当然、手術が必要なこともありますが、スポーツによる障害の90%以上は、適切なリハビリテーションにより改善することが出来ます。当センターは、このリハビリテーションに力を入れており、県内でも数少ない専門的なスポーツリハビリテーション治療を提供しています。当センターはリハビリテーション施設内に設置され、専門医師と理学療法士が直接対話しながら、患者様のニーズに合わせた治療方針やメニューを作成し、治療を行っていきます。小、中、高校生が通院しやすいように15時から18時まで予約制で診療を行います。


主な対象疾患

様々なスポーツによる関節の痛み
例えば、野球選手の肘痛、肩痛、サッカー選手の膝痛など
各種スポーツ活動による腰痛

参考書籍

運動連鎖~リンクする身体:文光堂

積極的保存療法 スポーツ障害の評価と治療:文光堂  村上成道 青木啓成 児玉雄二

実践MOOK・理学療法プラクティス 膝・足関節障害:文光堂

ページの先頭に戻る▲