各科・診療部門 手術センター

手術センターでは、手術件数の増加を踏まえて手術室の効率よい運営、人員配置、常勤麻酔医の確保など、セイフティー・マネジメントの徹底されている管理体制の確立に努めています。また、医療事故防止対策にも日々努めています。

医師紹介

小笠原 隆行

手術センター センター長
麻酔科 統括医長

  • 平成2年 琉球大学医学部卒
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
  • 日本麻酔科学会麻酔科指導医
  • 麻酔科標榜医

坂口 秀弘

手術センター
麻酔科 医長

  • 平成2年熊本大学医学部卒
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
  • 日本麻酔科学会指導医
  • 麻酔科標榜医
花岡 透子

花岡 透子

手術センター
麻酔科 医師

  • 平成12年 日本大学医学部卒
  • 日本麻酔科学会麻酔科指導医
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
  • 麻酔科標榜医
丹下大祐

丹下 大祐

手術センター
麻酔科 医師

  • 平成15年 信州大学医学部卒
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • DMAT隊員
井門 千聡

井門 千聡

手術センター
麻酔科 医師

  • 平成20年 日本大学医学部卒
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本医師会認定産業医

・スタッフ構成(H29年)

麻酔科医師 3名
看護師 30名(准看護師3名)

 

中央滅菌室 8名
手術アシスタント 6名
看護アシスタント 2名
事務課 2名

ページの先頭に戻る▲

概要

急性期医療を経営方針の1つにあげている私どもの病院では、手術件数の増加を踏まえて外科系診療科が関係する手術室の効率的かつ計画的な運用が必要となります。
1つの手術室をいかに効率よく回転させるか、人員配置、セイフティー・マネージメントをいかに徹底するかが手術室運用の柱です。
8室ある手術室を使って、年間4000例ほどの手術を行っております。課題であった効率化もようやく形ができあがってきました。今後も効率的かつ安全な手術室運営を目指して参りたいと思います。

麻酔科

平成15年に麻酔科が開設されて以来、麻酔指導医を中心に手術室運営の中心的な役割を果たしています。

・診療体制

外科系全科の全身麻酔と産婦人科・外科の脊髄くも膜下麻酔を担当しています。夜間は1名の当番をおいて緊急手術に対応しています。

・臨床研修

当院所属の初期研修医に対して8週間ずつの麻酔科研修指導を行っています。また松本広域消防の救急救命士に対して気管挿管実習を行っています。

ページの先頭に戻る▲