心臓病大動脈センター 心臓血管外科

心臓血管外科では、心筋梗塞・狭心症・弁膜症・不整脈などの循環器疾患に対する外科的治療をおこなっています。

医師紹介

恒元 秀夫

心臓病大動脈センター 
副センター長
心臓血管外科 統括医長

  • 昭和62年 信州大学医学部卒
  • 日本外科学会認定医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医
  • 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科修練指導者
  • 日本外科学会外科専門医
  • 植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療研修終了

大津 義徳

心臓病大動脈センター
心臓血管外科 医長

  • 平成10年 信州大学医学部卒
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医
  • 日本血管外科学会認定血管内治療医

実績

2016年度

手術件数 109例
心臓外科入院患者数 202例
心臓外科在院日数 15.5日

ページの先頭に戻る▲

概要

心筋梗塞・狭心症・弁膜症・不整脈などの循環器疾患に対する外科的治療をおこなっています。

冠状動脈バイパス手術

・人工心肺を用いた冠状動脈バイパス手術

冠動脈の狭窄した部分に、太ももなどの自分の血管を使い迂回路(バイパス)を作る手術です。バイパスの一端を大動脈に縫いつけ、もう一端を冠動脈に縫い付けることにより、狭窄した部分を飛び越えて血液を流すことが出来ます。

・低侵襲冠状動脈バイパス手術(ミッドキャブ)

・心拍動下冠状動脈バイパス手術(オプキャブ)

人工心肺を使わずに心臓を動かしたままバイパスを作る手術です。心臓を止めることによる術後の肺炎や腎不全、脳梗塞などの合併症の危険性を低減することが出来ます。また小さな傷で済むことや、歩行や食事が早期に可能になります。さらに人工心肺が使えず心臓手術の難しかった患者様にも手術の道が開かれました。

大動脈の手術

大動脈瘤に対する手術など

心臓弁の手術

僧帽弁の手術など

その他の心臓手術

ページの先頭に戻る▲