心臓病大動脈センター 循環器内科

循環器内科では、狭心症や心筋梗塞などに対する、カテーテルを使用する内科的治療を中心に行なっています。

医師紹介

鈴木 智裕

鈴木 智裕

心臓病大動脈センター
センター長
循環器内科 統括医長

  • 平成8年 大分医科大学卒
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医
  • 植込み型除細動器/ページングによる心不全治療
  • 日本周術期経食道心エコー認定試験(JB-POT)合格
  • ACLSインストラクター
  • JMECCインストラクター
  • 医療メディエーター

麻生 真一

心臓病大動脈センター
循環器内科  医長

  • 平成10年 徳島大学医学部
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 植込み型除細動器/ページングによる心不全治療
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医

相澤 克之

副院長
心臓病大動脈センター
循環器内科 医長
総合内科 医師

  • 平成17年 日本大学医学部卒
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医

小口 泰尚

心臓病大動脈センター
循環器内科 医長

  • 平成18年 三重大学医学部卒
  • 植込み型除細動器/ページングによる心不全治療
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医

正印 恭子

心臓病大動脈センター
循環器内科 医師

  • 平成23年 宮崎大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医

田中 気宇

心臓病大動脈センター
循環器内科 医師

  • 平成26年信州大学医学部卒
  • 日本内科学会認定内科医

実績

2016年度

心臓カテーテル検査および治療 データ
診断カテーテル 504
IABP 23
PCPS 3
PCI件数(待機/緊急 235(115/120)
FFR測定症例数 40
下肢PTA 62
新規ペースメーカー植え込み件数 29
ICDおよびCRTD交換 2/2
冠動脈CT 550
経食道心エコー検査(周術期) 111(65)

ページの先頭に戻る▲

概要

循環器内科では、当院の救急救命センターを受診した様々な循環器疾患の緊急症例や、病診連携・病病連携で御紹介いただいた患者様に対する迅速な対応と治療を目標としています。特に急性冠症候群に対しては、放射線画像診断センター、臨床検査センター、ME課と協力しながら、24時間体制で冠動脈造影、冠動脈形成術による血行再建が出来るよう準備しています。

入院の患者様に対しては循環器内科所属のの医師が主治医制で診療を担当しています。また、研修医も指導医と一緒に診療を担当しています。カテーテル症例検討会と循環器内科症例検討会を週一回ずつ開催しており、各症例に付いて循環器内科医だけでなく、心臓血管外科医、病棟看護師、リハビリテーション担当者、薬剤師、栄養士、MSWとも意見を交わしながら治療・療養の方針を決定しています。

主な検査

1. 心臓カテーテル検査

狭心症・心筋梗塞・弁膜症などの心臓疾患の検査のために施行します。太さ1~2㎜の細い管を手首や太ももの付け根や肘の血管を通して心臓まで挿入します。この細い管を通して造影剤を注入し心臓に酸素や栄養を送っている血管(冠動脈)や心臓の中の写真を撮ります。これにより心臓の血管の狭窄や詰まりを、また心臓の動きを知ることが出来ます。

この様に心臓カテーテル検査は、疾患の確定や治療方法の決定に重要な検査です。

2.トレッドミル

運動をしながら心電図を測定する検査で、虚血性心疾患の発見や、不整脈が誘発されないかを調べ、今後安全に運動できるかを診断するための検査です。

3.MRI(1.5T)

大動脈瘤の発見には大変有効な検査方法となります。

4.320列CT(東芝製:Aquillion One)

低被曝で短時間の撮影が可能であり、虚血性心疾患のスクリーニング検査として、極めて有用と考えられます。

主な治療方法

・カテーテル・インターベーション

狭心症や心筋梗塞などに対するカテーテルを使用する内科的治療です。

経皮的冠動脈形成術(PTCA)と呼ばれ、血管を通して先端にバルーン(風船)のついた細い管を入れ、冠動脈の狭くなった部分や詰まっている部分を広げる治療です。この他にステントと呼ばれる管を狭窄部に植え込む場合もあります。

・治療の流れ

  • 1.心カテ室に入室し、ベッドに寝て頂きます。
  •  
  • 2.カテーテルを入れる太ももの付け根や手首からシースという管を入れます。
  •  
  • 3.造影検査を行います。冠動脈の入り口までカテーテルを入れ、モニターを見ながら血管の狭窄した部分を確認します。
  •  
  • 4.血管の狭窄した部分にバルーンカテーテルを進め、そこでバルーンを膨らませて血管を広げます。
  •  
  • 5.治療終了ですが、しばらくは安静が必要です。

ページの先頭に戻る▲