各科・診療部門 日帰り手術センター

当院では患者さまの様々なニーズにお応えするために、日帰りの検査・手術も積極的に行っています(対象疾患は下表参照)。
日帰りでも十分な安全性を担保するために、医師や看護師による帰宅前の全身状態の確認を徹底しており、疾患によっては翌日にご自宅にお電話をいれさせていただき、患者様の状態の確認を行っています。

医師紹介

小田切 範晃

小田切 範晃

日帰り手術センター
センター長

外科センター センター長

小児外科 統括医長

  • 平成4年 東北大学卒
  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本小児外科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

※検査や手術はそれぞれの科の担当医師が行います。

・スタッフ構成

常勤医師 1名
看護師 4名

概要

日帰り手術のメリット

1.費用が安くすむ

疾患 日帰り手術 1泊2日入院
例)鼡径ヘルニア手術(3割負担) 5万4,000円 7万5,000円
例)内視鏡的大腸ポリープ(3割負担) 3万6,000円 4万8,000円
例)心臓カテーテル検査 3万6,000円 5万4,000円

2.育児・介護・仕事への影響が少ない

※疾患やご家庭の状況、お住まいの地域によっては、日帰りでの検査や手術が難しい場合もございますので、まずは主治医にご相談ください。

日帰り検査・手術が可能な疾患一覧(一部)

外科 鼡径ヘルニア手術、大腿ヘルニア手術、乳腺小腫瘤切除術
整形外科 ばね指手術、手根管症候群手術
形成外科 皮下腫瘤切除術
泌尿器科 ESWL(体外衝撃波結石破砕術)
消化器内科 内視鏡的大腸ポリープ切除術
循環器内科 心臓カテーテル検査

ページの先頭に戻る▲