各科・診療部門 整形外科

整形外科センターは、骨・関節・筋肉など運動器の疾患を扱う部門です。上肢の外科(手外科)、下肢の外科,スポーツ整形、脊椎外科に分かれています。
当院では救急患者が多く、部位や症状が多様な外傷に対する治療を多く行っています。医師、看護師、理学・作業 療法士、ケースワーカーが連携し、治療成績の向上に取り組んでいます。
高齢者は骨折をきっかけに寝たきりになってしまうことがありますが、当院では受傷から手術・リハビリまでの期間 を短くすることで、この問題に立ち向かっています。

整形外科センター 組織図

整形外科センター
整形外科
スポーツ疾患科

※センター名をクリックすると、各センター詳細がご覧頂けます。

医師紹介

山崎 宏

山崎 宏

整形外科センター センター長

  • 平成9年 信州大学医学部卒
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本手外科学会認定手外科専門医・代議員
  • 日本マイクロサージャリー学会評議員
  • 日本肘関節学会評議員
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 医師略歴・業績(PDF)>>
保坂 正人

保坂 正人

整形外科センター
整形外科 特命推進役

  • 昭和56年 信州大学医学部卒
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本手外科学会手外科専門医
小平 博之

小平 博之

整形外科センター
整形外科 統括医長

  • 平成12年 信州大学医学部卒
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医

大柴 弘行

整形外科センター
整形外科 医長

  • 平成13年 信州大学医学部卒
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター

清野 繁宏

整形外科センター
整形外科 医長

  • 平成14年 東京医科歯科大学医学部卒

成田 伸代

整形外科センター
整形外科 医長

  • 平成14年 新潟大学医学部卒
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

小岩 海

整形外科センター
整形外科 医師

  • 平成28年 信州大学医学部卒

2019年 実績

分野別手術内訳

分野 件数
脊椎外科 55例(脊椎脊髄手術)
手外科 322例(上肢骨折・外傷は含まず)
関節外科 180例(人工膝関節、人工股関節、前十字靭帯再建など)
総手術件数 1,944例(上記含むその他すべての手術件数)

主な術式と件数

<骨折・外傷> 
骨折観血的手術(大腿)
274
骨折観血的手術(前腕)
133
骨折観血的手術(下腿)
108
人工骨頭挿入術(股)
99
骨折観血的手術(上腕)
53
骨折観血的手術(鎖骨)
40
<脊椎>
椎弓切除
31
後方又は後側方固定
9
椎弓形成
7
内視鏡下椎間板摘出(切除)術
5
後方椎体固定
3
<上肢>
腱鞘切開
54
鏡視下手根管開放術
51
腱縫合・移行術
31
神経縫合・移植術
20
動脈(皮)弁術術
11
鏡視下神経移行術(肘部管症候群)
10
皮弁作成術
10
遊離複合組織移植術(顕微鏡下血管柄付き)
5
<下肢>
人工股関節置換術(再置換含む)
58
人工膝関節置換術(両側例、再置換を含む)
33
関節鏡視下半月板縫合・部分切除
32
前十字靭帯再建術
19
外反母趾手術
10
観血的関節固定術(足)
8
骨切り術(下腿)
4

手外科について

手外科とは、上腕、肘、手関節、指などの上肢全体を専門とする分野です。上肢は複雑で繊細な構造を有するため、機能障害によって日常生活が非常に不便になります。そのため、専門的な知識・技術による治療が必要です。
また、手足の外傷では骨や関節だけでなく、神経・血管・皮膚の損傷を伴うことがあります。その治療には、顕微鏡を使用した手術(マイクロ手術)や、皮膚を別の場所から移動する手術(皮弁や植皮)、骨を皮膚の外から固定する手術(創外固定)などの様々な専門的な治療が必要です。
当センターでは、これら手外科疾患・重症外傷の患者さんに対して、専門的な治療を提供しています。

肘部管症候群

当院での治療

一般的には麻痺は徐々に進行するため、神経を圧迫している部分を切除する手術や、神経を移動させて緊張を取り除く手術が必要です。
加齢に伴う肘の変形によって神経が圧迫されることがあります。従来は、このような方には、神経を移動させる手術が必要とされてきました。当院では、なるべく傷を小さくし術後の痛みを軽くする目的で、内視鏡を使用した鏡視下神経剥離術を行っています。

 

手根管症候群

当院での治療

軽症例では炎症を抑える注射で軽快することもあります。
重症例では神経を圧迫している靭帯を切離すると軽快します。
当院では、傷が小さく術後の痛みが少ない、内視鏡を使用した手術を行っています。

 

胸郭出口症候群

当院での治療

肩甲骨を支えている筋肉のストレッチや強化訓練を行います。
姿勢が悪いために、安静時の痛みがひどい時には、肩甲骨を挙上させる装具を使用します。
神経障害による痛みでは、一般的な鎮痛薬(NSAIDs:手術やケガの際に服用するクスリ)は効果が無いことがあります。このような痛みに対して、異常に興奮した神経の働きを抑制するクスリを使用します。
首の筋肉(斜角筋)や胸の筋肉(小胸筋)が原因と考えられるときには、筋を麻痺・弛緩させる注射を行うこともあります。

下肢関節外科について

股関節、膝関節、足関節の変性疾患(年齢による軟骨の損傷など)、急性期疾患(スポーツ外傷など)に幅広く対応し、専門的な加療を提供しています。代表的な物としては、以下の様な治療を行っています。

変形性関節症に対する人工関節置換術

年齢と共に膝や股関節の軟骨がすり減ってきて、歩くときなどに痛みが出てくる状態を変形性関節症と言います。これに対し、変形の進行、痛みの程度にあわせた治療を行っています。例えば膝関節症では、変形と痛みがそれほど進行していなければ、リハビリやヒアルロン酸注射、装具療法などを組み合わせて、患者さんの状態にあわせた治療を行っています。また症状が進んでくれば、変形の程度にあせて人工膝関節置換術や下記で紹介している骨切り術を選択していきます。股関節に対しても同様の考え方で治療を行っています。また術後も積極的にリハビリを行い、患者さんのニーズに合わせた仕上がりを目指していきます。

 

靱帯再建術

スポーツ活動や交通外傷などで下肢を強く捻った際に受傷するもので、膝前十字靱帯、足関節の前距腓靱帯などの損傷と緩みに対し、関節鏡を用いた小侵襲の術式で自家腱を移植し靱帯を作り直す手術です。術後リハビリから運動復帰、また復帰後の経過までをスポーツ疾患科とともにサポートしています。

 

半月板手術

若年のスポーツ活動による損傷と、壮年期以降で関節の変性に伴いすり切れていくものがあります。かつては切除術が多く行われましたが後の変性膝関節症との関連が指摘され昨今極力温存、縫合する術式が求められ当院でも縫合部の癒合を促進する方法(Fibrin clot充填)などを用いて積極的に縫合する術式を行っています。

 

骨軟骨障害

軟骨がはがれた病態に対し関節鏡下に評価し骨髄刺激法、骨軟骨片骨釘固定、骨軟骨柱移植など病態に応じた治療を行います。

 

膝周囲骨切り術

膝には内側、外側、大腿膝蓋関節(お皿の骨の面)の3つの関節軟骨面があります.このうち内側、または外側の軟骨が摩耗しすり減った状態で、膝が内反(O脚)または外反(X脚)に変形した状態となっている方が適応になります. 進行すると3つの関節面が全て変形し長期的には人工関節置換術が必要となる可能性が高いですが、この段階で骨の一部を切って関節面の角度を変えることで、体重のかかる線(荷重線)を 正常の軟骨側に移動させることできます.これにより摩耗した関節軟骨面の負担が減り、線維軟骨組織に覆われ、疼痛が減り変形の進行も抑えることができます。結果、人工関節への移行の可能性を減らす、または遅らせることができます。

ページの先頭に戻る▲