社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

がん集学治療センター ガンマナイフセンター

トモセラピー HDA System

トモセラピーは、腫瘍の形に沿った照射法により、正常組織への副作用軽減と治療効果向上が期待される治療装置です。
また、治療開始直前に同装置でCT撮影を行い、3次元的な画像誘導により腫瘍の位置を補正することで、位置ずれなく治療を行うことができます。
トモセラピーは、複雑な照射方法でありながら自動化されたシステムにより煩雑な作業が減りました。これにより治療準備期間の大幅な短縮と、より安全性の高い放射線治療が可能となりました。
相澤病院では2007年からトモセラピーにて治療を開始し、2017年にトモセラピーHDAへと更新を行いました。経験豊富な放射線治療専門医が治療計画を行い、高精度ながん治療をご提案します。

医師

小田 京太

がん集学治療センター
放射線治療科 統括医長
がん集学治療センター
放射線治療部門
陽子線治療センター
副センター長

  • 平成7年 名古屋市立大学医学部卒
    日本医学放射線学会放射線治療専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本がん治療認定機構暫定教育医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

2005年、北海道で本邦初となるトモセラピーと出逢いました。従来の機器を更に進化したオートマ車的な所に戸惑いながらも、今まで出来なかった照射法が実現でき、海の向こうにいる天才肌に感心したものです。一方で奇跡の装置と勘違いする人、怪しげな手法を提案する人、その度に「放射線治療装置は聖杯ではない」と説得するのに苦労しました。  業界内ではヤッカミ妬み・誹謗中傷の多い中、仲間達にも助けられてここまで来ました。必要なのは「イイね!」、訪れる人々だけで留まらず、一緒に立ち向かう皆の「イイね!」がなければ治療は成功しません。結果が全てか、その過程が大切なのか、「先人の足跡」(エビデンス;科学)と「あなたの向かう道」(ナラティブ;個別化)を融合し、最後に皆で「イイね!」と言えるよう、これからも向き合いたいと思います。

Topics

2018年

4月1日
前立腺の治療回数を34回から28回に短縮しました
4月1日
治療照射装置出力線量の第三者機関による測定実施証明書を取得

2017年

10月2日
TomoTherapy HDA systemの運用を開始しました

トモセラピーの特徴

トモセラピー装置のCT撮影機能を用いた腫瘍
または骨合わせによる位置照合(画像誘導放射線治療)

治療開始前にCTを撮影し、CT画像を取得します。取得したCTを元に3次元的(上下、左右、前後)に腫瘍や周辺の正常組織の位置を照合そして補正することで、位置ずれなく治療を行うことができます。

※位置補正せずに治療を行った場合、正常組織への副作用軽減と十分な治療効果は得られません。


  • ①治療計画用CT画像

  • ②治療直前CT画像

  • ①と②を重ね合わせて位置を合わせる

  • 位置調整後

 

360度からの照射

放射線を腫瘍に向け360度方向から照射することにより、各方向からの放射線量を減らすことが可能です。これにより、正常細胞へのダメージが軽減され、腫瘍の形状に沿った治療を行うことが出来ます。

 

鉛板64枚(0.625 cm単位)の照射野成形によるIMRT(※強度変調放射線治療)

1枚0.625 cmと細かい幅で細かい腫瘍の形状を再現できます。これにより、トモセラピーはIMRT専用機となっています。

※強度変調放射線治療とは?

各方向から照射する放射線の強さを調節することで、腫瘍形状と同様の放射線分布を作ることができる放射線治療技術のこと。
つまり、放射線を強く照射したい場所には強く当て、放射線を照射したくない場所を避ける治療が可能です。
下図の淡い色は放射線の線量分布を示しており、赤いほど高線量に、青いほど低線量を表しています。

 

離れた部位や範囲が広い部位も1連での照射が可能

治療中に寝台が移動することにより腫瘍の位置が点在、広い範囲でも、1連の照射ですべての腫瘍に照射することができます。(※照射は数日間行います。)
下図、赤い部分に放射線が当たっている。


  • 図1.腫瘍が点在している場合

  • 図2.腫瘍が広範囲にある場合

 

頭尾方向における照射範囲の絞り

TomoTherapy HDAから、Dynamic Jaw機能により下図青色部分のように照射範囲の広がりが最小限に抑えられ、不要な被ばくを抑えることが可能となりました。

TomoTherapy HDA以前

TomoTherapy HDA以後

治療までの流れ

治療は、入院と外来通院があり、一人ひとりの疾患や症状に合わせて決定します。治療までは以下の手順で準備を行い、受診から治療開始まで通常であれば3日かかります。
トモセラピーによる治療の詳しい説明は医師をはじめ、診療放射線技師、看護師が行います。

来院1日目

  1. ①受診
  2. ②治療方針の決定
  3. ③看護師による説明

来院1日目または2日目

  1. ④固定具作成
    (所要時間10~15分)

  • ※固定具の一例です

 

  1. ⑤治療計画用CT撮影
    (所要時間10~20分)

作成した固定具に入って撮影します。

治療計画、検証にかかる日数 1~3日間

  1. ⑥治療計画
  2. ⑦治療計画の検証

※こちらは医療者のみで行います。


※固定具の一例です

来院2日目または3日目

  1. ⑧放射線治療開始
    (所要時間20~25分/日)

治療回数は疾患により異なるため、診察時にお聞きください


※固定具の一例です

実績


※平成29年度は装置入れ替え期間があり、減少しています。

治療対応について

治療対応日、時間

平日(休日、祝日を除く)
8:30~17:10

※治療は予約制となっています。

※治療時間で希望がありましたら、スタッフにご相談下さい。

※対応疾患の判断、その他のご質問については下記にお問い合わせください。

お問い合わせ

トモセラピーセンター

TEL:0263-33-8600(代) 内線7676