相澤病院薬剤師伊藤隆哉

伊藤 隆哉 

(2007年入職)

北陸大学薬学部卒

同じ薬剤師である母の影響を

小さな頃から受けた彼が

目指す薬剤師像とは?


■薬剤師になろうと思ったきっかけは何ですか?

実は母も薬剤師で、親戚にも薬剤師の人がいたので、小さい頃から薬局に遊びに行っては、薬に慣れ親しんできました。 そんな薬に囲まれた生活が身近になっていたのが一つの大きな理由かもしれませんね。

 相澤病院を選んだのは、何よりも「病院薬剤師」になりたかったから。見学の際に、多くの診療科があって、忙しい分様々な事が経験出来ると感じたのがきっかけでした。

■今後の目標を教えてください。

 今、入社したばかりで、勉強の毎日です。明確な物はまだ見いだせていませんが、先輩達が取っていない専門資格を取得したいなあと感じています。

 正直これだけの診療科があるので、忙しいですが、日々新しい事を学べるという環境にすごく楽しみを感じています。

■後輩の皆様へメッセージをお願いします。

 薬剤師の仕事は一生続けられる仕事だと思います。自分が思うのは給与等、お金よりも仕事のやり甲斐だとか面白みを味わえる方が大切だということです。

 同じ調剤薬局でも、病院であったとしても雰囲気ややり方が違ってくるので、何が自分に合っているかを実際に見学することで見出す必要があるのではないかと感じますね。

 



〒390-8510長野県松本市本庄2−5−1 電話0263-33-8600