社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院

救命救急センター 施設・設備・機能拡充につき看護師募集!

相澤ERの仲間として一緒に働いてみませんか

いま病気で困っているひとのために全力を尽くす―それは、相澤病院が創立から107年間、ずっと変わらず大切にしていること。
その中で、24時間365日すべての救急患者さんを受け入れることは、終始一貫して歩み続けた道であり、風土であり、相澤病院の原点ともいえます。
救命救急センターの指定から10年。日本においてまだまだ発展途上にあるこの北米型ER救急をさらに充実させ、この信州が安心して暮らせる地域であるために、患者さんの拠り所となる救急医療を続けています。そんな相澤ERでは、同じ志を持った新たな仲間を求めています。より多くの症例や経験を積むことができるため、自身のキャリアアップを目指せるチャンスです。見学も随時受け付けていますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップに戻る

救命救急センター センター長 小山 徹
救命救急センター 特命推進役 小山 徹

"Anyone, Anything, Anytime"

救急医学は、いつでも、どんな訴えでも、どんな患者さんでも、重症度を問わずに受け入れる唯一の専門科です。「ER型救急」と呼ばれるこのシステムは、これからの救急医療体制の中でさらに重要性を増してくることでしょう。ER型救急医療を日々実践することで、一人一人の患者と向き合いながらも、病院および地域救急医療体制内での役割、さらには日本におけるこれからのER型救急医療まで、共に考えていきましょう。当院では出身大学による制約はなく、後期研修医の国内留学先の選択などにおいて給与支給制度があり、当院で足りないものは他院との連携を行ないながら充実した研修プログラムを実践できると思います。また、専門医取得後などでは、勤務時間を自由に組み合わせることができ、各々の先生の多様なニーズに対応できるように配慮しています。それぞれの立場で無理のない状態で救急医療に参画し、我々の仲間になってもらえれば嬉しい限りです。

看護科長からのメッセージ

救命救急センター 看護科長 蛭田 昭子
救命救急センター 看護科長 蛭田 昭子

救急看護は「看護」の原点。
自分にとって必ずプラスになる所です。

当院救命救急センターERは、地域に根差した信頼される病院を目指し、患者さんが苦しんで困っている時に、迷わず受診していただくことができるよう、24時間365日体制で対応しています。
『いま、病気で困っている人のために全力を尽くす。』これは、相澤病院創立107年間、変わらず大切にしていることです。これこそが相澤病院の原点であり、救急医療に取り組み初めてから、23年経つ現在も一貫して続けています。
相澤病院ERは最後の砦。『全ての救急患者さんを受け入れる』、救急応需率100%の救急病院は、日本全国どこを探しても希少です。
私達は、『困っている患者さんがいればいつでも受け入れる』『断らない救急医療』を医師、事務、専属アシスタント、院内救急救命士、リハセラピスト、薬剤師、検査科、放射線科など様々な職種と連携・協働し、救命のためにチーム一丸となり、全力で取り組んでいます。

救急看護は、「看護」の原点だと思っています。また、来年度には業務拡大予定です。
初療から重症患者管理まで、沢山のことを広く学べる所、そして、自分自身にとって必ずプラスになる所です。「年間40000人の院内トリアージを実践したい」 「ぜひ初療と重症患者管理両方の経験をつみたい」「一次から三次すべての救急を学びたい」「救急経験があり、初療も学びたい」など、目標を持ち、働きたい・学びたいモチベーションの高い方、自分の看護にプラスしたい方。救急・ICU/CCU・ECU経験者大歓迎です。
救急患者さんのために・・・相澤病院ERで良かったと思っていただくために・・・そして私達と一緒に看護しませんか。

看護

「初療看護」「院内トリアージ」「プレホスピタルケア」「救急看護」
3年救急経験を積むと、院内トリアージ認定の試験を受けて、院内トリアージナースに認定されます。
年間40000人独歩来院される患者さんに、各勤務に認定トリアージナースを配置し、24時間365日トリアージ(緊急度判別)を行っています。

同じ症状でも、患者さんの状態や反応は一人一人違い、いつも新鮮である反面、難しさを感じる事も多々あります。多職種が協力・協働することで救命され、元気になられて退院される時は、本当に良かったと感じます。短時間の関わりの中で、信頼関係を築き、受診される全ての患者さんが、安心・満足していただける救命救急センターERでありたいと考えます。そして、様々な患者さんの症例を通し、沢山の体験・学びを生かし、一人一人の患者さんのその人らしさを支え、より良い看護を追求していきたいと思います。

スキル・資格

救急に必要な標準コースの受講をERのラダー教育に沿って推進しています。
BLS・ACLS・PEARS・PALS・JPTEC・JNTEC・JTAS・FCCS・災害看護 等

勤務体制・雰囲気

  • 基本2交代制
  • 日勤:8:30~17:15
  • 夜勤:17:00~8:45

部署内の雰囲気はとても良好で、仕事のONとOFFのスイッチ切り替えが上手く、OFFには、サイクリング・登山・バレーボール・バーベキュー・スノーボード等をして交流を図っています。
また、多職種とも交流が多く、多人数で2か月に1度くらいの割合で飲み会・・ノミニケーションを開いています。
年に1度は各科医師や院長、ICU・HCU・SCUの集中治療部門も参加する大忘年会も開催しています。仕事での連携の良さは、仕事がOFFの時からが原点かもしれません。遊びに限らず、勉強会も定期的に開催し、自己啓発も皆、積極的に行っています。
若い人でも先輩に自分なりの意見を言える、そしてその意見をもとに、もっと深めていこう、共に成長していこうとする風土があります。

救急看護の日常をチェック!

画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

  • 勉強会風景①

    勉強会風景①

  • 勉強会風景②

    勉強会風景②

  • 勉強会風景③

    勉強会風景③

  • 勉強会風景④

    勉強会風景④

  • 学会発表

    学会発表

ページトップに戻る

相澤ERで働く医師の声

救急科 医長 菅沼 和樹
救急科 医長 菅沼 和樹

様々な症例の初期診察・初期治療を行える医師は
今後の医療において必要。

相澤病院の救急外来は一次~三次まで様々な患者さんを断ることなく受け入れており、症例は本当に多岐に渡ります。長野県という土地柄、近隣の3000m級の山々での山岳事故も数多く発生しており当院にヘリ搬送されてきます。休日ともなれば待合室は患者さんであふれ返り、大変忙しい勤務になることも多々あります。ただしその分、自分のやることに優先度をつけて適切な診察・適切な検査をおこない、適切な診断へ導くというER医に必要な能力は間違いなく身につきます。 重症の救急車患者さんも、軽症のwalk-in患者さんもすべて初期診療・初期治療をおこなえる医師は今後の医療において必要とされていくものだと思います。新生児~ご高齢者まで、とにかく何でも臆せず初期診療がおこなえる医師というのは意外と少なく、かっこいいですよ!
一方、救急医はシフト制をとっているのでONとOFFがはっきりしており、プライベートを充実させることも可能です。常に緊張感のある救急現場で働いているため、息抜きも非常に大事なことです。OFFをしっかり充実させないと良い救急医療は提供できないと私は考えています。ウィンタースポーツを楽しむもよし、美味しい日本酒を楽しむもよし、家族サービスをするもよし、楽しみ方は人それぞれですが、プライベートを充実させて、楽しく心穏やかに仕事に精進するのがよいと思います。
若手救急医・コメディカルも増えてきており、勉強会も充実して活気ある職場になっています。ぜひ我々と一緒に楽しく働きましょう!見学は随時受け付けておりますので、少しでも興味を持っていただけたら1度見学にお越しください。

救急科 医師 白戸 康介
救急科 医師 白戸 康介

幅広い診断能力・短時間で行う複数タスク・重症患者の蘇生等…これら全ての技術を磨いていける所です。

被被虐待児、肩甲難産の妊婦、massive PE、出血性ショックの銃創患者。24時間絶え間なく様々な領域の患者さんの初期診療を行う、海外ドラマ「ER」のDr.Greenから影響を受け、私はemergency physicianを志しました。当院のERはドラマの「ER」と同様、一次~三次までの全ての救急患者さんに対応する北米型ERを実践しています。外科系、内科系はもちろん、当院のように小児内科、産婦人科の初期診療にも救急医が対応する病院は全国的にも珍しく、幅広い疾患に対しての診断、初期治療を行いたい医師にとっては魅力ある職場だと思います。ただ、毎日100人前後、繁忙期は200人ほどの患者さんが来院するのでtime manegementが必要です。さらに、一部の重症患者さんに対しては集中治療科医師とも連携し、素早い安定化、初期の集中治療を行うため、時には冷や汗をかくような診療も経験しています。
また、今年度から外来診療以外に中毒、多発外傷などの他科に割り振れない患者さんや重症患者さんの病棟管理も行っています。4~6月はsevere ARDS、多発外傷、敗血症性ショックなどの管理を行いました。
北米型ERでのemergency medicineをメインに行っている救急医は専門性が低いと思われがちですが、多忙な中で軽症・重症患者さんをトリアージしながらの正確な診療は非常に専門性が高く、実際に海外でもemergency medicineは専門科として認められています。また、個人的には総合診療科のような幅広い診断能力、短時間で多数の診療を行うmultiple task、重症患者さんの蘇生等、全てのいいとこ取りをしている科だと思います。これら全ての医療技術を磨いていくことは非常に深く、他科の医師には中々できないことばかりです。さらにsubspecialityを持つのもいいでしょう。私もIVRに興味を持っています。
自然豊かな、でも駅前には居酒屋やバーが沢山ある松本で、ともに救急医療ができたらと思います。勉強会や国内留学などの制度もあるので、相澤病院ERに興味を持って頂けた方は、ぜひ一度見学においで下さい。

相澤ERで働く看護師の声

看護師 滝沢圭
看護師 滝沢 圭

救命救急センターERで一緒に。

新卒から救命救急センターに配属され4年目となりました。相澤ERは24時間365日患者を受け入れており1次から3次までの患者さんが来院されます。救急車やwalk in患者さんの数に圧倒され、忙しい、大変だ、と思うことが多々ありますが、それだけに看護師の役割も多くやりがいがあります。日々患者さんから学ばせてもらうことばかりです。ERは学ぶ環境も整っており、院内での研修だけでなく院外研修に参加させていただき自身のスキルアップを目指せます。もちろん仕事だけでは精神面もつらいですが・・・。
Offには職場の仲間とMTB、BBQ、バレーボール、スノーボード、飲み会等々、気付いたら職場の仲間で集まっています。On-Offがあり、お互いをよく知っている仲間だからこそ一人の患者さんへのチーム医療が良いモノになっているんだと思います。
忙しいですがやりがいのある相澤ERで一緒に学び、一緒に遊び、救急という場で是非一緒に働きませんか。

看護師 武藤真美香
看護師 武藤 真美香

相澤病院で一緒に学び、成長しながら働きませんか。

現在、動脈血液ガス分析関連・人工呼吸療法の特定行為研修を受講中です。当院では年間約6000台の救急車受け入れと約42000人のwalk in患者が来院しています。大半の患者に検査や処置などの何らかの医療的介入が必要で、医師の業務内容も多大です。そこで看護師が特定行為を実施することでスムーズに医療を進めることができるのではないかと考えています。医師と協働し看護師が特定行為を行える事で異常の早期発見・対応につなげられ、チーム医療推進となり迅速に適切な対応ができることで患者の利益へと繋がるのではないかと考え研修に取り組んでいます。
特定行為研修終了後は、特定行為の能力を獲得・実践し、活躍したいと考えています。
相澤病院は、このように看護師の成長のための研修等に積極的に参加させてくれ、時には支援もしてくれる病院です。皆さんも、相澤病院で一緒に学び、成長しながら働きませんか。

ページトップに戻る

写真で振り返る 救命救急センターの軌跡

救急外来 平成6年
(1994年)
4月

救急外来を開設
救急外来を開設
▲開設当時の救急外来入口は現在の正面玄関付近にあった。左は救急外来の待合

6月

松本サリン事件が発生し、29名を収容

9月

HCU病棟を開設

10月

相澤孝夫が理事長・院長に就任

平成7年
(1995年)
6月

ICU病棟を開設

7月

救急隊との直通電話を開設

平成9年
(1997年)
3月

MRI(1.5T)を増設

平成10年
(1998年)
6月

救急隊とのホットラインを設置
正面玄関前に並ぶ救急車
▲正面玄関前に並ぶ救急車

救急医療
センター
平成13年
(2001年)
4月

救急医療センターを設置。24時間365日体制となる
24時間365日体制で始まった救急医療センター
▲24時間365日体制で始まった救急医療センター

8月

地域医療支援病院の承認を受ける

平成14年
(2002年)
1月

日本救急医学会救急科専門医指定施設となる

4月

屋上ヘリポートを開設
ヘリ搬送の大半は山岳
▲ヘリ搬送の大半は山岳

相澤ERがオープン。北米型ERシステムを導入する
北米型ERシステムの相澤ERがオープン
▲北米型ERシステムの相澤ERがオープン

電子カルテの運用を開始

5月

松本広域消防局救急救命士の病院実習を開始

6月

放射線科が365日体制となる

8月

脳卒中センターを開設

平成15年
(2003年)
4月

臨床検査部を新設

7月

SCUを開設

救急
センター
平成16年
(2004年)
4月

救急センターと改称し、ER体制の充実を図る

10月

新潟県中越地震に医療ボランティアを派遣

救命救急
センター
平成17年
(2005年)
4月

新型救命救急センターの指定を受ける。救命救急センターと改称
救命救急センターがスタート
▲救命救急センターがスタート

7月

救急救命士の特定行為に対する常時指示体制を開始

平成19年
(2007年)
3月

相澤モービルERを導入

能登半島沖地震に相澤DMATを派遣

平成21年
(2009年)
1月

320列CTを導入

平成22年
(2010年)
5月

日本医療機能評価機構「救急医療機能Ver.2.0」に認定
高次救急を担う施設として、第三者機関より機能評価を受ける
▲高次救急を担う施設として、第三者機関より機能評価を受ける

12月

長野県消防防災ヘリコプターの医師等搭乗救急活動を開始

平成23年
(2011年)
3月

東日本大震災に相澤DMATを派遣
相澤DMATによる災害時の医療活動
▲相澤DMATによる災害時の医療活動

平成24年
(2012年)
6月

薬品管理装置「リテラシェルフ」を導入

ERの一部を改装し、DU室を開設

11月

相澤ドクターカーを導入
2台体制となった相澤モービルERシステム
▲2台体制となった相澤モービルERシステム

平成26年
(2014年)
9月

御嶽山噴火災害に相澤DMATを派遣

11月

長野県神城断層地震に相澤DMATを派遣

平成27年
(2015年)
4月

救命救急センターが開設10周年となる

平成28年
(2016年)
5月

日本医療機能評価機構「救急医療機能Ver.2.0」更新
高次救急を担う施設として、第三者機関より機能評価を受ける
▲機能評価更新

平成29年
(2017年)
2月

医師カンファレンスルーム改装

ページトップに戻る

データで振り返る 救命救急センターの実績

総受診者数/ERからの入院患者数
救急車受入台数
ヘリ搬送機数
医師数/初期研修医数

ページトップに戻る

北米型ERを取り入れ、効率を追求した 「相澤ER」の充実した設備

相澤病院の救命救急センターは、重症の救急患者さんに限らず、軽症から重症まで全ての救急患者さんを受け入れる「北米型ERシステム」を採用しています。そのレイアウトの設計にあたり、モデルとしたのがアメリカのテレビドラマシリーズの「ER」です。相澤ERでは、救急に必要な施設を水平方向と垂直方向に集約してあるため、救急患者さんに医療を素早く提供できる仕組みとなっています。

フロアマップ
  • ① 処置室 黄(中等症患者用)
    ① 処置室 黄(中等症患者用)
  • ② 処置室 赤(重症患者用)
    ② 処置室 赤(重症患者用)
  • ③ 薬品管理装置(リテラシェルフ)
    ③ 薬品管理装置(リテラシェルフ)
  • ④ 救命処置室
    ④ 救命処置室
  • ⑤ トリアージステーション
    ⑤ トリアージステーション
  • ⑥ 処置室 緑(軽症患者用)
    ⑥ 処置室 緑(軽症患者用)
  • ⑦ トリアージルーム
    ⑦ トリアージルーム
  • ⑧ 待合
    ⑧ 待合
  • ⑨ 診察室
    ⑨ 診察室
  • ⑩ ヘリポート
    ⑩ ヘリポート
  • ⑪ SCU(脳卒中ケアユニット)
    ⑪ SCU(脳卒中ケアユニット)
  • ⑫ ICU(集中治療室)
    ⑫ ICU(集中治療室)
  • ⑬ HCU(ハイケアユニット)
    ⑬ HCU(ハイケアユニット)
  • ⑭ 手術センター
    ⑭ 手術センター
  • ⑮ 内視鏡センター
    ⑮ 内視鏡センター
  • ⑯ MRI
    ⑯ MRI
  • ⑰ 薬剤管理情報センター
    ⑰ 薬剤管理情報センター
  • ⑱ 血管撮影室(カテーテル室)
    ⑱ 血管撮影室(カテーテル室)
  • ⑲ 320列CT
    ⑲ 320列CT
  • ⑳ 臨床検査センター
    ⑳ 臨床検査センター

ページトップに戻る

テレビCM「救急医療への想い篇」

テレビCM「しあわせを支える救急医療篇」

テレビ番組「密着!相澤ER 安心を支える救急医療のカタチ」

 

ページトップに戻る