社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

プライバシーポリシー

社会医療法人財団 慈泉会 個人情報保護方針

慈泉会(相澤病院、相澤東病院、相澤健康センター、地域在宅医療支援センター、医学研究センター、脳画像研究所、「結」グループ)は、患者さんならびに利用者様との確かな信頼関係を築き、安心して医療・介護・福祉・保健サービスを受けて頂くために、個人情報の安全な管理は必須と考え、下記の方針に基づき、個人情報保護に厳重な注意を払います。

1
慈泉会では、個人情報の保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、収集した個人情報は必要な範囲内で利用及び提供をさせていただきます。また、患者さんならびに利用者様の必要に応じて医療・介護・福祉・保健情報を開示いたしますが、最良の治療の継続に支障をきたすことが考えられる場合には、開示しないことがあります。
2
慈泉会では、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩などの予防並びに是正に関する適切な処置を講ずるとともに、常に職員への教育を行い、患者さんならびに利用者様の不利益にならないよう努めます。
3
慈泉会では、個人情報保護活動を定期的に見直すことにより、必要な措置をタイムリーに講じ、継続的改善に努めます。
4
慈泉会では、外部の施設に業務を委託する場合があります。その際に情報をこれら施設に知らせる必要がありますが、委託する外部施設については信頼のおける施設を選択し、個人情報が不適切に取り扱われないようにいたします。
5
慈泉会では、患者さんならびに利用者様が継続して良い医療を受けられるように、診療に関する情報を病院、診療所などに提供する場合があります。また、医療の発展、質の向上を目的として、教育、研究及び学会等で情報を利用する場合があります。

以上につきましてご質問、ご意見がある場合には、ご遠慮なく「相談窓口」もしくは総務課へお申し付け下さい。

平成29年5月31日
社会医療法人財団慈泉会
最高経営責任者 相澤 孝夫

慈泉会をご利用の皆様方へ「個人情報の取り扱い及び利用目的」について

慈泉会(相澤病院、相澤東病院、相澤健康センター、地域在宅医療支援センター、医学研究センター、脳画像研究所、「結」グループ)では、お一人おひとりの患者さん、利用者様への安全で質の高い医療の提供を目的とし、個人情報を収集させていただきます。収集させていただいた個人情報は、「個人情報保護法」、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイダンス(個人情報保護委員会発行)」及び関連法規制に従い取り扱いますので、患者さん、利用者様は、個人情報の取り扱いにつきまして以下の点をご了承くださいますようお願いいたします。
なお、個人情報の収集の際、医療に必要な情報をいただけない場合、安全な医療の提供に支障をきたす可能性がありますのでご協力をお願いいたします。
また、下記以外の目的で利用させていただく必要が生じた場合には、改めて同意をいただくことにしております。

患者さんへの医療の提供に必要な利用目的

(慈泉会内部での利用に係る事例)
1)患者さんに提供する医療サービス
2)医療保険事務
3)患者さんに係る医療機関等の管理運営業務のうち、
  ・入退院時の病棟管理
  ・会計・経理
  ・医療事故などの報告
  ・患者さんへの医療サービスの向上
  ・電子カルテなどの診療情報の相互提供及び情報共有
(他の事業者等、慈泉会外部への情報提供を伴う事例)
1)患者さんに提供する医療サービスのうち、
  ・他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
  ・他の医療機関等からの照会への回答
  ・患者さんの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  ・検体検査業務等の業務委託
  ・ご家族への病状説明
2)医療保険事務のうち、
  ・審査支払機関へのレセプトの提供
  ・審査支払機関または保険者からの照会への回答
3)事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
4)医師賠償責任保険に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等

上記以外の利用目的

(慈泉会内部での利用に係る事例)
1)慈泉会の管理運営業務のうち、
  ・医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  ・院内において行われる学生への実習への協力
  ・院内において行われる症例研究
2)災害時等非常時に備えた遠隔地へのデータバックアップ
(他の事業者等、慈泉会外部への情報提供を伴う事例)
1)慈泉会の管理運営業務のうち
  ・外部監査機関への情報提供

上記について同意しがたい事項がある場合には、その旨を「相談窓口」もしくは総務課までお申し出下さい。お申し出がないものにつきましては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます

その他

1)学会発表や学術誌発表など研究に関しての利用
医学、医療の進歩のために匿名化したうえで利用させていただきますが、事例の内容から充分な匿名化が困難な場合は、その利用については原則としてご本人の同意を得るようにいたします。
2)個人情報の第三者提供
次の場合にはご本人の同意を得ることなく第三者に提供することがあります。
  ・生命、身体、財産保護のため
  ・公衆衛生の向上、児童の健康育成のため
  ・国等の公共団体からの協力依頼
  ・その他法令に基づいて個人情報を提供する場合
3)個人情報の開示に関して
ご本人の個人情報はお申し出により開示させていただきます。なお、開示された個人情報に誤りがあった場合は訂正、削除をさせていただきます。

以上につきまして、ご質問、ご意見がある場合には、ご遠慮なく相談窓口もしくは総務課にお申し付けください。

匿名加工情報の作成及び第三者提供について

作成及び第三者提供する匿名加工情報について

DPC制度の導入の影響評価及び今後のDPC制度の見直しを図る目的で、厚生労働省が収集し管理する情報となるデータ(DPCデータ)を作成しております。
また、審査支払機関への請求のため診療に係る費用を診療報酬明細書(レセプト)として作成しております。

DPCデータは、診療録からの情報および診療報酬明細書からの情報で構成されており、レセプトデータは、医療機関情報・保険者情報・診療行為情報・医薬品情報・特定器材情報等から構成されております。

DPCデータ並びにレセプトデータを利活用することで、医療の質向上および病院経営の改善に役立てる事が可能になるため、匿名加工後のデータを第三者へ提供しております。
第三者提供するこれらのデータは氏名、住所、電話番号は含みません。なお、地域傾向や受診年齢層等を分析する必要があるため、郵便番号、生年月日、各種保険証に関する情報については保険者番号(※健康保険事業の各運営主体を指す番号)のみを含みます。

当院は上述の通り、診療情報から匿名加工情報を作成(毎月継続)し、第三者に提供しております。

匿名加工情報の提供の方法

データを暗号化後、提供先が運用管理するサーバへのアップロード または、外部記録媒体を郵送する方法で提供します。

匿名加工情報の安全管理

作成した匿名加工情報は、第三者提供後速やかに削除し、当院で匿名加工情報を保管あるいは利用しません。

匿名加工情報に関する問合せ窓口

当院における匿名加工情報の作成及び第三者提供等についてのお問合せは、下記窓口までご連絡下さい。

問合せ窓口の名称及び連絡先:総務部
連絡先:TEL 0263(33)8600

ページの先頭に戻る▲