社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

ニュース・情報公開

2016/11/08新着情報一覧に戻る>>

2016/11/08
「世界糖尿病デーin 相澤病院」を開催

PRESS RELEASE

「世界糖尿病デーin 相澤病院」を開催
糖尿病についての講演と、血糖測定体験やよろず相談を実施


相澤病院では、様々な健康障害の原因となる糖尿病の克服を目指すイベント「世界糖尿病デー」に合わせて、
毎年啓発イベントを開催しています。今年は、糖尿病について糖尿病センター長の医師が講演。看護師と
視能訓練士が、糖尿病の合併症である「糖尿病網膜症」について、それぞれの見地から解説いたします。
当日は「血糖測定体験」、疑問や質問にお答えする「よろず相談会」、夜には病院の正面玄関を糖尿病啓発
カラーのブルーにライトアップします。


世界糖尿病デーin 相澤病院
日程:11月12日(土)12:00~15:30
    ※ライトアップは19:30~22:00(相澤病院 正面玄関ロータリー周辺)
内容:講演会、血糖測定体験、糖尿病よろず相談会
会場:相澤病院 ヤマサホール2階(相澤病院西側)
申込み:不要
参加費:無料(お車でお越しの際は、相澤病院の駐車場をご利用ください)
お問い合わせ:相澤病院 広報企画室 Tel.0263-33-8600(平日9:00~17:00)


<世界糖尿病デー>
拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、2006年12月20日、国連は国連総会義で、国際糖尿病連合(IDF)が
要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を加盟192カ国の全会一致で可決。同時に、国際
糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機関(WHO)が定めていた11月14日を「世界糖尿病デー」として指定しました。
国際糖尿病連合(IDF)は決議に先駆け、“Unite for Diabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)
というキャッチフレーズと、国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用。
全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。(世界糖尿病デー実行委員会ウェブサイトから抜粋)

<糖尿病教室>
社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院では、様々な合併症の原因となる糖尿病の予防や治療にお役立て
いただけるよう糖尿病教室を開催しております。企画・運営は、糖尿病に関する専門家チーム「糖尿病療養
支援チーム」が担当。今年度は合併症のひとつである「歯周病」に関する回を新たに加え、全7 回の日程で
開催しております。

日程: 2016年5月7日(土)~11月12日(土)の全7回
    第1回 5月7日(土)糖尿病について(糖尿病センター医師)
    第2回 6月4日(土)食事療法について(管理栄養士)
    第3回 7月2日(土)運動療法について(理学療法士)
    第4回 8月6日(土)薬物療法について(薬剤師)
    第5回 9月3日(土)糖尿病の検査について(臨床検査技師)
    第6回 10月1日(土)糖尿病と歯について(歯科衛生士)
    第7回 11月12日(土)糖尿病からくる目の病気(看護師、視能訓練士)「世界糖尿病デーin 相澤病院」共催


< このリリース・取材に関するお問い合わせ >
社会医療法人財団 慈泉会 広報企画室 担当:寺澤
Tel.0263-33-8600 Fax.0263-32-6763

ページの先頭に戻る▲