社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

ニュース・情報公開

2016/04/25新着情報一覧に戻る>>

2016/04/25
第7回 Jr.アスリート サポートプロジェクトを開催「コンディショニングとスキルアップのためのバドミントン教室」

イメージ1

PRESS RELEASE

第7回 Jr.アスリート サポートプロジェクトを開催
コンディショニングとスキルアップのためのバドミントン教室


社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院では、
成長期のスポーツ選手が長期的なケガなどに悩まされることなく、
楽しんでスポーツを続けられるよう、成長期のスポーツ選手やその指導者に、
スポーツ障害予防の概念と身体ケアを知っていただく
「ジュニアアスリート サポートプロジェクト」を開催しております。
第7回となる今回は、
ヨネックス バドミントンチームの所属選手 土井杏奈さんを講師にお迎えし、
成長期におけるコンディショニングとスキルアップについてご指導いただきます。
また、当院リハセラピストがスポーツ障害予防について直接指導いたします。


名称: 第7回 Jr.アスリート サポートプロジェクト
    コンディショニングとスキルアップのためのバドミントン教室
日時: 5月8日(日)13:00~16:00
会場: 塩尻市立体育館(塩尻市大門六番町5-27)
講師: ヨネックス バドミントンチーム所属 土井杏奈 選手
    相澤病院スポーツ障害予防治療センター スタッフ
参加者: 成長期のバドミントン選手および指導者、保護者 50名(募集済)


< 講師プロフィール >

土井 杏奈 選手(どい・あんな)
ヨネックス バドミントンチーム所属
生年月日:1989年4月5日
主な戦績:2014年 大阪インターナショナルチャレンジ単 準優勝
      2010年 インカレ 団体 準優勝

< 相澤病院 スポーツ障害予防治療センター >

成長期のスポーツ選手を主体に、専門性の高い医師による診断と原因の検索、
それに基づく理学療法士やトレーナーによるリハビリテーションを中心とした治療を提供。
野球肩、野球肘、疲労骨折、腰椎分離症、オスグッドシュラッター病、シンスプリントなどの
スポーツ障害に悩む子どもたちをサポートしている。
スタッフは常勤医師3名、理学療法士10名(うち3名がアスレティックトレーナー)。
上級トレーニング指導者や科学研究員なども在籍。
障害予防事業として、メディカルチェックや運動器ドックも展開している。


< このリリース・取材に関するお問い合わせ >
社会医療法人財団 慈泉会 広報企画室 担当:寺澤
Tel.0263-33-8600 Fax.0263-32-6763

ページの先頭に戻る▲