社会医療法人財団慈泉会
相澤病院
〒390-8510
長野県松本市本庄2-5-1
TEL:0263-33-8600
FAX:0263-32-6763
アクセスマップ>>

お見舞いメール

当院の紹介 臨床研究

臨床研究論理審査委員名簿人を対象とする医学系研究に関する倫理指針

・臨床研究倫理審査委員会日程と議事要旨

   

2019年度

開催日
第1回 4月15日>> PDF
第2回 5月20日>> PDF
第3回 6月17日>> PDF
第4回 7月16日>> PDF
第5回 8月19日>> PDF
第6回 9月17日>> PDF
第7回 10月21日>> PDF
   
   

2018年度

開催日
第1回 4月16日>> PDF
第2回 5月21日>> PDF
第3回 6月18日>> PDF
第4回 7月17日>> PDF
第5回 8月20日>> PDF
第6回 9月18日>> PDF
第7回 10月15日>> PDF
第8回 11月19日>> PDF
第9回 12月17日>> PDF
第10回 1月21日>> PDF
第11回 2月18日>> PDF
第12回 3月18日>> PDF
   

実施中の観察研究等について

現在、当院では診療記録を元にした、次の臨床研究・調査を行っています。

学会等が主導する実態調査、データベース登録

  • ・これらの研究で、患者さん個人が特定されるような情報は一切公表されません。
  • ・これらの研究は、相澤病院 臨床研究倫理審査委員会の承認を得て行っています。
  • ・これらの研究に関するお問い合わせや、カルテ情報の利用を希望されない方は、
  •   下記のそれぞれ該当する問い合せ先(診療科)までご連絡ください。
      各課題名をクリックすると、詳細が表示されます。

 

主な診療科 課題名 対象となる患者さん

予定症例数
(当院)

研究実施期間 研究責任者
消化器内科 当院における大腸憩室出血に対する内視鏡治療の有用性の検討 2014年3月~2018年12月に、相澤病院消化器内科にて、大腸憩室出血の診断で入院加療を行った患者さん 500 2019年1月30日~2022年3月31日 医長
岡村 卓磨
消化器病センター 長野県での直接型抗ウイルス薬(DAA)治療における効果及び治療後の変化 2015年4月から2018年6月までに、C型慢性肝炎にて長野県内でDAA治療受けられた患者さん 50 2019年1月31日~2021年6月30日 名誉センター長
清澤 研道
薬剤センター がん化学療法に対する制吐薬としてのオランザピンの使用実態調査 2018年6月1日から2018年9月30日までの間に、高度あるいは中等度催吐性リスクの抗がん薬治療(注射薬のみを対象)が開始され、調査対象期間に実施された化学療法レジメンのコースを完遂した(抗がん薬の投与中止がない)20歳以上の患者さん 左記の期間の全症例 2019年2月12日~2020年3月31日 センター長
三浦 篤史
がん集学治療センター
トモセラピーセンター
前立腺癌手術後生化学的再発例に対する救済放射線治療の多施設後向き観察研究 2005年から2017年の間に、前立腺癌手術後に、生化学的再発をきたし、救済放射線治療を施行した患者さん 48 2019年2月15日~2019年12月31日 センター長
小田 京太
消化器病センター 内科系医療技術負荷度調査 2018年4月1日から2018年9月30日の間に当院に入院されていた患者さん 85 2019年3月1日~2020年6月30日 センター長
新倉 則和
救急リハセンター ICU入室患者における退院時の歩行機能に関与する因子-病前の要介護度認定が及ぼす影響- 2016年4月1日から2018年3月31日の期間に当院のICUに48時間以上入室した18歳以上の患者さん 80~120 2019年3月12日~2020年1月31日 理学療法士
主任
谷内 耕平
外科センター 急性胆嚢炎手術症例の治療成績の検討 2009年4月から2019年8月までに当院で急性胆嚢炎に対して緊急手術を行った患者さん 600 2019年4月4日~2020年3月31日 医長
西田 保則
陽子線治療センター 先進医療陽子線治療患者の統一治療方針による観察研究-全国症例登録- ※詳細は課題名をクリックして下さい 陽子線治療を施行された全症例 2016年10月7日~2021年3月31日 センター長
荒屋 正幸
陽子線治療センター 転移性肝腫瘍に対する陽子線治療の多施設共同後ろ向き観察研究 2001年1月から2016年12月までの間に、課題名にある診断名で陽子線治療を施行した患者さん 1 2019年6月7日~2019年12月31日 センター長
荒屋 正幸
陽子線治療センター 孤立性リンパ節再発に対する陽子線治療の多施設共同後ろ向き観察研究 2001年1月から2016年12月までの間に、課題名にある診断名で陽子線治療を施行した患者さん 10 2019年6月7日~2019年12月31日 センター長
荒屋 正幸
相澤東病院副医療部リハビリテーション科 大腿骨近位部骨折における人工骨頭置換術術後の脱臼肢位の理解に必要な認知機能に関する調査 2017年1月から12月までの1年間に大腿骨近位部骨折の治療をした患者さんのうち、人工骨頭置換術が施行された65歳以上の患者さん 73 2019年6月26日~2019年11月30日 作業療法士
近藤 さやか
呼吸器外科 微小肺病変に対する切除支援気管支鏡下肺マッピング(VALMAP)法を用いた肺縮小手術後の患者における予後調査 『微小肺病変に対するバーチャル気管支鏡ナビゲーションを利用した術前気管支鏡下マーキング』、『微小肺病変に対する切除支援気管支鏡下肺マーキング法(先進医療B申請)』にご協力頂いた患者さん 37 2019年7月23日~2019年9月30日 医長
三澤 賢治
乳腺甲状腺外科 BRCA遺伝子検査に関するデータベースの作成 遺伝性乳がん卵巣がん症候群が疑われ、BRCA遺伝子検査を受検した方(BRCA1/2遺伝子変異陽性者の血縁に当たる方、がんの家族歴が濃厚等の理由で遺伝性乳がん卵巣がん症候群が疑われBRCA遺伝子検査を受検した方、男性でこの検査を受検された方も含みます) 50 2019年6月28日~2024年6月30日 統括医長
橋都 透子
外科センター 膿瘍形成虫垂炎に対する治療方針の検討 2012年1月1日から2019年12月31日までに当院にて、虫垂周囲膿瘍の診断で入院された患者さん 45 2019年8月15日~2020年7月31日 センター長
小田切範晃
外科センター 抗凝固薬・抗血小板薬継続下での鼡径部ヘルニア手術のリスク評価 2012年1月1日から2019年9月30日までに当院にて、鼡径ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニアの手術を受けられた患者さん 1,000 2019年10月10日~2020年7月31日 センター長
小田切範晃
内部疾患リハ科 2型糖尿病患者の特性の解析~糖尿病教育入院クリニカルパス患者群のデータから~ 下記の期間中に当院糖尿病センターに入院し、糖尿病教育入院クリニカルパスを適応した2型糖尿病の患者さん
2002年~2005年:281例
2016年~2019年:226例
左記を参照 2019年10月24日~2019年12月31日 理学療法士
文沢 靖
陽子線治療センター 多目的ノズルを用いたスキャニング法におけるコリメータの有用性の検討 2014年9月30日から2019年9月30日までに、当院で頭頸部又は前立腺に陽子線治療を行った、それぞれ10例の患者さん 20例 2019年10月28日~2020年10月31日 医学物理科
主任
須釜祐也
放射線画像診断センター IVRに関する医療被ばく実態調査及び線量評価 2018年の間に当院にてIVR(インターベーションショナルラジオロジー)検査を受けられた患者さん 20例 2019年11月11日~2020年7月31日 センター長
小口 和浩
外科センター 腸管気腫症の臨床的特徴に関する検討 2009年4月~2019年10月までに、当院にてCT検査で腸管気腫症を指摘された患者さん 500例 2019年11月12日~2020年12月31日 医長
西田 保則
外科センター 急性虫垂炎手術における臨床的検討 2015年4月1日~2019年7月31日の間に、当院にて急性虫垂炎の診断で虫垂切除術を行った全ての患者さん 1,000例 2019年11月12日~2022年3月31日 医師
守安 諒

 

 

現在実施中であるがんに関する臨床研究

2018年4月現在

●登録中

   
略称 臨床試験名
胃がん TCOG GI-1601 化学療法未治療の高齢者切除不能進行・再発胃癌に対するCapeOX療法の第II相臨床試験
RINDBeRG Ramucirumab抵抗性進行胃癌に対するramucirumab+Irinotecan併用療法のオープンラベルランダム化第III相試験
WJOG 8315G 高齢者切除不能・再発胃癌に対するS-1単剤療法とS-1/L-OHP併用 (SOX) 療法のランダム化第II相試験
大腸がん JACCRO CC-13 RAS野生型進行大腸癌患者におけるFOLFOXIRI+セツキシマブとFOLFOXIRI+ベバシズマブの最大腫瘍縮小率(DpR)を検討する無作為化第Ⅱ相臨床試験
JACCRO CC-13AR RAS野生型進行大腸癌患者におけるFOLFOXIRI+セツキシマブとFOLFOXIRI+ベバシズマブの最大腫瘍縮小率(DpR)を検討する無作為化第Ⅱ相臨床試験におけるバイオマーカー研究
INSPIRE 大腸癌に対するoxaliplatin併用の術後補助化学療法終了後6か月以降再発例を対象としたoxaliplatin based regimenの有効性を検討する第Ⅱ相臨床試験
OGSG1602 多剤併用療法が適さないRAS野生型切除不能進行再発大腸がんに対する一次治療としてのパニツムマブ単剤療法-第II相試験
TAS-CC3 切除不能・再発大腸癌3次治療に対するTAS-102+Bevacizumab併用療法:第II相試験
RECC 切除不能・再発大腸癌に対するregorafinib escalation療法:多施設共同第II相試験
PBP FOLFOX plus panitumumabによる一次治療抵抗または不耐となったRAS wild-type、切除不能進行・再発大腸癌に対する2次治療としてのFOLFIRI plus panitumumab療法の有効性に関する多施設共同第II相試験
BiTS 標準化学療法に不応・不耐な切除不能進行・再発結腸・直腸癌患者を対象としたbiweekly TAS-102とBevacizumabの同時併用療法第Ⅰb/Ⅱ相臨床試験
TRUSTY 切除不能進行再発大腸癌の2次治療患者を対象としたfluoropyrimidine+irinotecan+bevacizumab療法とtrifluridine/tipiracil+bevacizumab療法のランダム化比較第2/3相試験
WJOG 8916G/GTR 抗EGFR抗体に不応となったRAS野生型の切除不能・進行再発結腸/直腸癌を対象としたTAS-102+セツキシマブ療法の有効性・安全性の検討(臨床第II相試験)
JFMC51-1702-C7 標準化学療法に不応・不耐の切除不能進行・再発大腸癌に対するTFTD(ロンサーフ)+Bevacizumab併用療法のRAS遺伝子変異有無別の有効性と安全性を確認する第II相試験
   

●経過観察中

   
略称 臨床試験名
胃がん JACCRO GC-07 StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのTS-1+Docetaxel併用療法とTS-1単独療法ランダム化比較第Ⅲ相試験 (START-2)
JACCRO GC-07 AR StageⅢ治癒切除胃癌例におけるTS-1術後補助化学療法の予後因子および副作用発現の危険因子ついての探索的研究 
KSCC1501A 化学療法未治療のHER2陰性進行・再発胃癌に対するオキサリプラチン+S-1療法について検討する第Ⅱ相臨床試験
KSCC1501B 化学療法未治療のHER2陽性進行・再発胃癌に対するオキサリプラチン+S-1+トラスツズマブ併用療法について検討する第Ⅱ相臨床試験
KSCC1601 局所進行胃癌・食道胃接合部癌に対する術前化学療法としてのS-1+オキサリプラチン併用療法の有効性・安全性について検討する第Ⅱ相臨床試験
大腸がん ACTS-CC02 StageⅢb大腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのUFT/Leucovorin療法とTS-1/Oxaliplatin療法のランダム化比較第Ⅲ相試験
JFMC46 再発危険因子を有するStageⅡ大腸癌に対するUFT/LV療法の臨床的有用性に関する研究
JFMC47 StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系抗がん剤およびオキサリプラチンの至適投与期間に関するランダム化第Ⅲ相比較臨床試験(日本IDEA試験(ACHIEVE試験))
JACCRO CC-09 抗EGFR抗体薬パニツムマブ投与歴のあるKRAS遺伝子野生型の切除不能進行・再発大腸癌に対する三次治療におけるパニツムマブ再投与の第Ⅱ相試験
JACCRO CC-09AR 「抗EGFR抗体薬パニツムマブ投与歴のあるKRAS遺伝子野生型の切除不能進行・再発大腸癌に対する三次治療におけるパニツムマブ再投与の第Ⅱ相試験」におけるバイオマーカー研究
E-Rechallenge trial フッ化ピリミジン系薬剤、オキサリプラチン、イリノテカン、セツキシマブ、ベバシズマブ不応のRAS野生型切除不能・進行再発大腸癌を対象としたセツキシマブ再投与の有効性・安全性を検討する第II相臨床試験
E-Rechallenge trial附随 切除不能・進行再発大腸癌を対象としたセツキシマブ耐性症例における液性バイオマーカーモニタリング多施設共同研究
PARADIGM RAS 遺伝子(KRAS/NRAS 遺伝子)野生型で化学療法未治療の切除不能進行再発大腸癌患者に対する mFOLFOX6 + ベバシズマブ併用療法と mFOLFOX6 + パニツムマブ併用療法の有効性及び安全性を比較する第 III 相無作為化比較試験
PARADIGM 付随 RAS 遺伝子(KRAS/NRAS 遺伝子)野生型で化学療法未治療の切除不能進行再発大腸癌患者に対するmFOLFOX6 + ベバシズマブ併用療法とmFOLFOX6 + パニツムマブ併用療法の有効性及び安全性を比較する第III 相無作為化比較試験における治療感受性、予後予測因子の探索的研究
APOLLON RAS遺伝子(KRAS/NRAS遺伝子)野生型で切除不能進行再発大腸癌患者に対するパニツムマブとTAS-102併用療法の安全性及び有効性を検討する第I/II相試験
   

ページの先頭に戻る▲