2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
83/421

・適切な治療時間の管理により待ち時間の少ない治療を行う・QualityAssurance(QA)、QualityControl(QC)を行い高い精度の治療ができるように維持管理を行う・各々が仕事の状況を考え行動することにより時間外勤務を少なくする・学会、研究会への積極的な参加し、広い知識の吸収と専門的な知識の向上を目指す2.サービス内容(1)トモセラピー6MeVX線を使用した強度変調放射線治療(IMRT)法による放射線治療画像誘導放射線治療(IGRT)法による位置照合機器点検業務・トモセラピーの始業点検、1ヶ月点検、3ヶ月点検、1年点検・点検方法の精査、点検方法の改良・点検結果のデータ分析検証業務・検証プラン作成・線量計とフィルムを使った治療検証作業治療業務・放射線治療法の実施・治療時間の管理(2)ガンマナイフコバルト60を使用した固定焦点への1点集中定位放射線治療機器点検業務・ガンマナイフの点検治療業務・放射線治療法の実施3.構成科長1名、技師3名、医学物理士1名(非常勤)(資格)院外資格保有者数診療放射線技師4名4.主要設備(1)トモセラピー放射線治療機TomoTherapy社製Hi-ARTSystem輪郭作製機Focal自動現像機(2)ガンマナイフ放射線治療機ELEKTA社製GammaKnife5.実績(1)トモセラピー強度変調放射線治療法(IMRT)による高エネルギー放射線治療を行った2013年267人照射回数4895回2014年243人照射回数4655回(2)ガンマナイフコバルト60を使用した固定焦点への1点集中定位放射線治療を行った2013年284人2014年285人がん集学治療センター73

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です