2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
81/421

【トモセラピーセンター】1.ビジョン・病む人の命を預かる医療従事者との自覚を持ち、対応できる力量を向上させ患者や地域社会からの信頼を得る・強度変調放射線治療(IMRT)法により腫瘍制御率の向上と副作用の軽減した放射線治療を提供し、その安全な治療のための配慮をする・適切な治療時間の管理により待ち時間の少ない治療を行う・QualityAssurance(QA)、QualityControl(QC)を行い高精度治療ができるように維持管理を行う・学会・研究会へ積極的に参加し、広く知識吸収と向上を目指す2.サービス内容6MVX線を使用した強度変調放射線治療(IMRT)法による放射線治療画像誘導放射線治療(IGRT)法による位置照合3.構成医師2名(非常勤1名を含む)、医学物理士1名(非常勤)、放射線技術科(X線治療担当)4名(科長1名を含む)(資格)院外資格保有者数日本医学放射線学会放射線治療専門医2名、日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医2名、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医1名4.主要設備・機器トモセラピー治療室、トモセラピー操作室、暗室5.実績放射線治療患者数2012年度患者数279人2013年度患者数267人2014年度患者数243人【陽子線治療センター】1.ビジョン陽子線治療により、従来の放射線治療では成し得なかった、腫瘍制御率の向上や有害反応の軽減の実現をめざし、安全かつ確実な陽子線治療を提供する。2.サービス内容2014年9月開設。がん集学治療センター放射線治療部門の治療センターとして新設。最大230MeV(70〜230MeVの範囲で段階的に可変)の陽子線を利用し、「限局性固形がん」に対して治療をおこなう。医師、診療放射線技師、医学物理士、看護師、外部委託運転員などのチーム医療にて安全確実な治療を提供している。3.構成医師2名、看護師2名、診療放射線技師3名、医学物理士1名、事務員1名、加速器運転員3名(外部委託)(資格)院外資格保有者数日本医学放射線学会/日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医2名、日本医学放射線学会/日本放射線腫瘍学会研修指導者1名、がん治療認定医機構がん治療認定医2名、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医1名、日本医学物理士認定機構医学物理士1名、日本放射線治療品質管理機構放射線治療品質管理士2名、日本放射線治療専門放射線技師認定機構放射線治療専門放射線がん集学治療センター71

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です