2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
64/421

2名、鎮静資格1名、CVC認定医資格1名4.主要設備・機器診察室2室5.実績化学療法科外来診察数4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月計2012年度3133493294484574154384764384583924394,9522013年度4354043123793843744083883493373263254,4112014年度3713383483413293874163663793873473794,388外来化学療法4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月計2012年度2632972602873312743283062612772652393,3882013年度2652662052562412352572161882252172422,8132014年度2572362532752392752702462552822522743,114病棟運営状況2014年度4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月平均在院日数(日)9.311.58.816.311.85.413.115.6159.311.58.8新入院数(人)81315920717131114911退院数(人)1412138181513141414813死亡退院数(人)843274433543臨床試験(新規に導入した臨床試験数継続している臨床試験数)新規に導入した臨床試験数継続している臨床試験数2012年18212013年13222014年11276.学術・研修(学会発表)中村将人.UpdatedResultsoftheSOFTStudy:ARandomizedPhaseIIITrialofS-1/Oxaliplatin(SOX)plusBevacizumabversus5-FU/l-LV/Oxaliplatin(mFOLFOX6)plusBevacizumabinPatientswithMetastaticColorectalCancer(mCRC).米国臨床腫瘍学会(ASCO)2014,2014年5月31日〜6月4日,シカゴ(米国)McCormickPlace.中村将人.進行再発大腸癌にたいするbevacizumab+SOX療法の使用経験.Regorafenib投与時に手足症候群,倦怠感の予防として経口ステロイドを併用した3例.第51回日本癌治療学学術集会,2014年8月27〜29日,横浜パシフィコ横浜.中村将人.低栄養状態の進行再発大腸がんに対してエレンタールを併用しながらpan-itumumab+mFOLFOXを施行した1例.第30回静脈経腸栄養学会,2015年2月12〜13日,神戸神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル.6.相澤病院54

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です