2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
407/421

今年度は、4月から消費税率が8%に変更になったことや、病院近隣にコンビニエンスストアがオープンするなどの出来事があった。売上面は、客単価に大きな変動は見られなかったが、前年度比での来客数が1日あたり10%程度落ち込み、結果として売上額の減少に繋がった。費用面では、人員的要素による支出が大きかったが、今後は人員体制の見直しを図り改善策していきたいと考える。売上の巻き返しを図るべく、今年度は店舗の業態変更を検討してきた。新年度に業態変更を実施する予定。【総務課】1.ビジョン「効率化・組織のスリム化」「適切な改革・過去の実績にとらわれない原点から考える自由な発想」を目標にして、総務課の4年後におけるビジョンを下記に掲げる。(1)スケジュール化された定期業務に、迅速性・正確性を持ってあたりムダな超過勤務を生まない。(2)誰でもが業務手順書どおりに、同じ手順で業務の遂行ができるものとなっている。(3)定期的及び必要時において、業務手順書・定期的業務スケジュールがメンテナンスされており、常に見直された手順に添って業務が遂行されている。(4)診療報酬算定に関わる届出医療において、確実な届出と届出要件のモニタリングができている。(5)管理部署が不明瞭な業務について、総務部として全体調整を行い管理部署が明確となる仕組みづくりが出来ている。2.サービス内容(1)法務関連①法に基づく立入り検査対応(厚生労働省・原子力安全センター・保険福祉事務所等)②許認可申請・届出等の手続き・医療法に係わる、新規・変更・定期報告等・保険医療機関指定申請書記載事項に関する事項・救急告示病院更新に関する事項総務部397

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です