2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
396/421

コンプライアンス室室長和田裕立1.ビジョンコンプライアンス室は、監査によるガイドラインに則った医療情報システムの安全管理状況を定期的に確認し、問題があれば随時改善して行くことに貢献する。安全・安心を担保しながら医療情報システムを利用することは、慈泉会の社会的責任であり、ガイドラインを遵守した適切な医療情報システムの運用が、何より大切である。そのためにコンプライアン室は、医療機関としての医療情報システムの運用管理の状況を定期的に評価し必要に応じて改善を推進する。2.サービス内容毎年1回、医療情報システム監査を実施。3.構成医療情報システム監査人(補)2名(室長1名、主任1名)386

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です