2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
380/421

在宅医療連携拠点室室長坂野純子1.ビジョン・協働する地域・組織づくりのための連携作業を担える部署となる。・在宅チームから地域包括ケアまで、組織や職種を超えた地域の医療と介護のコーディネーターとなる。・地域のサービス事業所の特徴・サービス内容及び活動状況を把握し、松本市介護・医療施設マップより施設情報・サービス情報の提供を行う。・地域ケア会議への参加や相談業務を通して地域の在宅医療・介護の課題を明確にし、その共有と対策の検討に向けての協働を行う。・難病支援・相談センター・大学病院・松本保健福祉事務所等と在宅医療の普及啓発活動を協働する。・医療・介護の各職種間において連携についての温度の差があるため、意識調査・実態調査の実施やアウトリーチ活動を行い、ニーズにあった地域連携のための学習会を行う。・地域包括支援センターと協働して、地域向け(住民向け)の在宅医療・在宅療養の啓蒙と普及のために、在宅医療・看取りに関する勉強会を企画開催するこれらの活動を通し、将来的には専門領域(小児・難病・高齢者等)を含めた総合的な連携構築の模索をしていく。2.サービス内容(1)訪問支援:病院から在宅療養に向けて支援医療ニーズの高い利用者様に対する支援について当院のみならず、他の医療機関・利用者様の自宅・福祉施設に出向き、在宅医療介護従事者への支援。(2)連携促進:地域医療・介護従事者のスキルアップのお手伝い研修会の企画運営・事業所へ出向いての勉強会の開催・情報交換会等の運営による在宅医療・介護従事者の「顔の見える」関係づくり。(3)総合相談地域住民に対し、安心して在宅医療・介護を受けるための「困りごと・悩みごと」の相談受付。在宅医療・介護従事者に対し、現場の困りごとや困難ケースの相談を受ける。地域ケア会議への参加。3.構成看護師1名(資格)院外資格保有者数介護支援専門員、3学会認定呼吸療法認定士、呼吸ケア指導士、訪問看護認定看護師4.実績2012年度に当センターで厚生労働省から委託を受け行った在宅医療連携拠点事業は、本年度より市町村と医師会が中心となって進めていくことになった。そこで、松本市には松本市地域包括ケア協議会が発足し、その委員として協議会1回とその小委員会2回に参加した。これにより、事業で作成した松本市医療・介護資源マップは、更新・管理を医師会へ移行した。・研修会での発表「在宅医療連携拠点事業から見えた課題」日本医療マネジメント学会長野支部看護支部会中信地区学習会、5月16日「専門職との連携・医療ケア」長野県社会福祉協議会介護支援専門員実務従事者基礎研修、7月4日、8月22日370

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です