2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
377/421

相澤地域在宅医療支援センター安曇野、筑北管理責任者大見喜子1.ビジョン医療・介護・福祉の専門家として、支援センターの総合力を生かしサービスを提供する。利用者をはじめ、関連機関からのニーズに対応できる医療・介護の専門家としての人材を育成する。また、利用者、関連機関や地域に対する広報活動を通じ、当事業所を多くの方々に知っていただき、サービスの利用につなげる。そして、利用者の視点から他職種協働やかかりつけ医、関連機関との「顔の見える連携」を心がけたサービスを提供し、利用者と関連機関、地域からの信頼を高める。将来的には、訪問看護ステーション安曇野事業所を開設するとともに、居宅介護支援事業所を拡充し、看護・リハビリ・居宅において当事業所のスタッフの総合力を生かし、地域から求められるニーズに幅広く対応できる事業所となる。2.サービス内容相澤地域在宅医療支援センター安曇野には、「訪問看護ステーションひまわり安曇野サテライト」「居宅介護支援事業所あずみの」、相澤地域在宅医療支援センター筑北には、「訪問看護ステーションひまわり筑北サテライト」があり、訪問看護、訪問リハビリテーション、介護予防支援・居宅介護支援のサービスを展開している。訪問看護、訪問リハビリテーションでは、医療保険または介護保険を用い、利用者宅を訪問し、看護師による訪問看護とリハセラピストによる訪問リハビリテーションのサービスを提供する。また、介護予防支援・居宅介護支援では、介護認定を受けた方に対してケアプラン作成のほか、地域の事業所、併設の訪問看護ステーション・訪問リハビリテーションセンターと連携を図りながら、多職種協働のケアマネジメントを提供している。(1)訪問看護訪問看護ステーションひまわり安曇野サテライトや筑北サテライトから、主治医の指示にもとづき、病状観察や服薬管理、ルート管理等、在宅での療養支援を目的とした看護サービスを提供する。(2)訪問リハビリテーション訪問看護ステーションひまわり安曇野サテライトや筑北サテライト、または訪問リハビリテーションセンターから、主治医の指示にもとづき、運動療法や動作練習、環境整備等、在宅での生活支援を目的としたリハビリテーションサービスを提供する。(3)居宅介護支援居宅介護支援事業所は2014年4月に開設、要支援・要介護と認定された方のケアプランの作成を行うとともに、関連する地域の事業所と連携を図りながら、多職種協働のケアマネジメントを提供する。3.構成看護師7名、理学療法士5名、作業療法士3名、言語聴覚士1名(訪問リハビリテーションセンターと兼務)、介護支援専門員1名(資格)院外資格保有者数看護師免許7名、保健師免許1名、介護支援専門員1名、理学療法士免許5名、作業療法士免許3名、言語聴覚士免許1名、AHABLSプロバイダー4名、福祉住環境コーディネーター2級2名、3学会合同認定呼吸療法士1名、認定理学療法士(呼吸)1名、ボバース認定基礎講習会修了1名、AHABLSインストラクター1名、認定訪問理学療法士1名、介護支援専門員1名、主任介護支援専門員1名、社会福祉士1名367

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です