2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
375/421

4.主要設備・機器相談室1室、公用車17台、訪問看護緊急車両1台、吸引器2台5.実績居宅介護支援事業所にいむら4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計実利用者数2012年度13714114514614815215210212013年度15916416315916016316716616817317317219872014年度17718318819119319519719520020020220423254月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計新規受入2012年度7893666452013年度117462104581244772014年度8710747868759864月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月合計終了者数2012年度3445656332013年度425857378766682014年度42543558374757地域活動2014年7月14日「介護保険勉強会」まるふの会(不動産研究会)、松本市大手サンリンビリ4階会議室2014年11月6日「認知症勉強会」相澤居宅介護支援事業所にいむら介護支援専門員が担当している利用者の介護者、松本市新村新村公民館2014年11月7日「地域での生活を支える専門職の役割介護支援専門員の立場から」松本短期大学看護学科2年生、松本市笹賀松本短期大学2014年12月6日「相澤病院訪問リハビリテーション新村の紹介」ゆめの里和田通所介護、ゆめの里和田通所介護デイルーム2014年12月16日「支援経過記録の書き方」辰野町ケアマネ連絡会、辰野町2015年2月19日「訪問リハビリでの利用者様の捉え方〜ICFを用いて〜」ゆめの里和田通所介護、ゆめの里和田通所介護デイルーム6.学術・研修(学会発表)和田光弘.地域の利用者家族を支援していくために〜介護者の集い開催を通して〜.第2回地域在宅医療支援センター合同学術大会,2015年2月7日,長野県松本市.花岡瑞枝.自宅退院後,引きこもりがちな生活から役割や趣味の獲得で活動量の向上と生活範囲の拡大に繋がった症例.日本訪問リハビリテーション協会第4回学術大会in熊本,2015年6月7日〜8日,熊本県熊本市.平林一憲.精神面へ配慮した関わりが生活範囲拡大の一助となった一症例〜成功体験を通して〜.日本訪問リハビリテーション協会第4回学術大会in熊本,2015年6月7日〜8日,熊本県熊本市.小林美恵子.一人暮らしの末期癌患者を支えた3ヶ月.相澤地域在宅医療支援センター新村365

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です