2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
374/421

相澤地域在宅医療支援センター新村管理責任者寺澤佑輔1.ビジョン高齢になっても安心して暮らせる地域を創るために、持てる知識・経験を惜しみなく発揮して住民や介護関係者の啓発・研修を実施する。2.サービス内容(1)居宅介護支援事業所にいむら・介護予防支援要支援1・2と認定された方のケアプラン作成(地域包括支援センターより委託)、介護相談・居宅介護支援要介護1〜5と認定された方のケアプラン作成、介護相談・緊急時対応:介護支援専門員は当番制で緊急携帯を所持し、サービス提供時間外や休日にも電話対応している・主治医、関係事業所との連携をとり在宅生活の支援にあたる(2)訪問リハビリテーション・ひまわりサテライトより、病院からのリハビリテーション・訪問看護ステーションからのリハビリを実施している・訪問エリアは松本市内の国道19号線より西側を担当している・主治医の指示の下、利用者宅へ訪問して理学療法・作業療法・言語聴覚療法の訪問リハビリテーションを提供する・定期的なチームカンファレンス、他職種合同カンファレンス、サービス担当者会議、退院前カンファレンス、事前面談、主治医面談等の実施・参加により、チーム医療・地域包括ケアに積極的に取り組んでいる(3)訪問看護ステーションひまわりサテライト・病状観察や体調管理(バイタルサインチェック、食事や排泄の乗降、睡眠等)・主治医の指示に基づいた医療的ケア(膀胱留置カテーテル、胃瘻や経鼻栄養、ストマ管理、在宅酸素、人工呼吸器、吸引・吸入、創傷処置、褥瘡の予防とケア、服薬管理、中心静脈栄養、末梢点滴等)・生活の援助(清潔ケア全般、食事摂取指導、排泄の援助。指導、睡眠についての相談)・回復期リハビリ、機能維持のためのリハビリ・緩和ケア(疼痛コントロール、療養相談、スピリチュアルケア、介護者のメンタルケア等)・介護相談および介護指導・緊急時対応:看護は緊急携帯を当番制で所持し、サービス提供時間外や休日に24時間電話対応している。必要に応じて臨時訪問を実施・主治医や他職種との連携をして在宅療養の支援をする3.構成居宅介護支援事業所にいむら/訪問リハビリテーション/訪問看護ステーションひまわりサテライト(資格)院外資格保有者数介護支援専門員7名、主任介護支援専門員2名、看護師6名、介護福祉士4名、社会福祉士2名、福祉住環境コーディネーター2級6名、理学療法士4名、作業療法士2名、言語聴覚士1名、BLS7名、3学会合同呼吸療法認定士1名、養護教諭1名院内資格保有者数吸引認定セラピスト5名364

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です