2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
371/421

住民や医療福祉関係者から困ったときや必要なときにまず相談でき、頼りにされるリハセラピストの集団となる。(2)若年から高齢者まで、あらゆる疾患を有する利用者に適切かつ効果的に対応できる訪問リハビリテーション体制を整える。利用者の視点に立った柔軟な発想をもち、在宅療養を継続するための知識および技術を研鑽するべく、教育研修を通じ、訪問リハビリテーションに必要な能力を有する人材を育成・確保する。2.サービス内容介護保険と医療保険の二つの保険を使用して、要介護者および要支援者および障害者(児)に対し、主治医の指示の下、利用者宅へ訪問して理学療法・作業療法・言語聴覚療法の訪問リハビリテーションを提供する。また定期的なチームカンファレンス、多職種合同カンファレンス、サービス担当者会議、退院前カンファレンス、事前面談、主治医面談等の実施・参加により、チーム医療・地域包括ケアに積極的に取り組んでいる。訪問看護ステーションひまわり塩尻、塩尻診療所、相澤病院訪問リハビリテーションセンターから実施する利用者と介護保険、医療保険の区分けは地域在宅利用支援センター訪問リハビリテーションの区分けに準ずる。3.構成主任(言語聴覚士兼務)1名、理学療法士5名、作業療法士2名、言語聴覚士1名(相澤病院訪問リハビリテーションセンター、相澤訪問看護ステーションひまわり塩尻訪問リハビリテーション、塩尻診療所訪問リハビリテーションを兼務)(資格)院外資格保有者数呼吸療法認定士1名、介護予防推進リーダー2名、住環境コーディネーター3名院内資格保有者数吸引認定セラピスト5名4.主要設備・機器短下肢装具6個(右2、左4)、長下肢装具1個(右1)、4点杖2本、T字杖2本、ニーブレース2個(中1、小1)、サイドステッパー2個、車輪付歩行器1個、電気治療器(低周波)1機5.実績実利用者数4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月2012年度1471381351291311331311321411421421402013年度1361411361401431491441481431451441452014年度147141137134127126125130123120123127新規利用者数4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月2012年度5805985925825845866336155805535886302013年度6276026056506046546906106075855606602014年度762707704724581599614546595520562649終了者数4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月2012年度68695849117952013年度47589133887662014年度1063510641086911相澤地域在宅医療支援センター塩尻361

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です