2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
365/421

大見喜子.呼吸リハビリ講習会.第26回信州呼吸ケア研究会,信州呼吸ケア勉強会,信州大学医学部保健学科,2014年9月27日,長野県松本市.三崎賢治.在宅リハビリとは.長野県肢体不自由児父母の会連合会,梓水苑,2014年11月2日,長野県松本市.【通所リハビリテーション「歩み」】1.ビジョン・高齢者や障害をもった人が、家庭や地域における役割を持って生活し、また社会参加をするために必要な通所リハビリテーションを多職種が協働して行う。・通所リハビリテーション終了後も家庭や地域でその人らしい生活が変わりなく続けられるために支援する。・地域のニーズの変化に柔軟に対応するために、常に情報収集を行い事業所として取り組むべき課題を明確にしてサービス内容に反映させる。・地域包括ケアシステムの中で通所リハビリテーションに求められている役割、特に「活動」「参加」への取り組みを実践した成果について情報発信する。2.サービス内容通所リハビリテーション・介護保険法において、居宅要介護者・要支援者について介護老人保健施設、病院、診療所などに通わせ、心身の機能の維持、回復を図り、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを提供する。通所リハビリテーションの役割・医学的管理・リハビリテーションそのものの提供・閉じこもり予防・介護負担の軽減対象・介護認定を受けられている要支援・要介護者提供内容・利用者の送迎・リハセラピストによる定期的な評価、個別リハビリテーションの実施、リハプログラムの作成・介護スタッフによるリハプログラム実施の支援、日常生活動作の介助・多職種協働による定期的なカンファレンスの実施・担当者会議への参加および、他事業所への情報提供3.構成管理者(医師)1名、管理者代行(理学療法士)1名、理学療法士3名、作業療法士3名、看護師1名、介護福祉士7名、福祉車両運転手(外部委託)1名(資格)院外資格保有者数呼吸療法認定士1名、健康運動指導士1名4.主要設備・機器送迎車:福祉車両(ハイエース)1台、(セレナ)1台、普通乗用車(ノート)1台、軽自動車(ERワゴン)3台AED1台、救急カート1台、低周波治療器4台、全身エクササイズマシーン4台、温熱治療器4台、ホッとパック4枚、ドクターメドマー2台相澤地域在宅医療支援センター松本355

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です