2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
358/421

相澤地域在宅医療支援センターセンター長水野悦美1.ビジョン・新村センターと安曇野センターの施設をそれぞれの地域で居宅介護支援・訪問看護・リハビリ・訪問介護の需要に対応できる適切でかつ必要な規模に整備する。・新たな地域として松本市北部方面へサテライトを開設し、必要なサービスが近隣で効率よくサポートできる拠点を整備し、更に在宅療養に必要なサービス事業の展開に取り組む。・地域在宅医療支援センター松本は、本部としての機能をもち、各サテライトの情報を集約管理しサポ-トできるシステムを構築する。・住み慣れた自宅および高齢者住宅で安心して暮らせるために、PDCAサイクルを回して継続的にサービスの質改善を図り、安全で信頼される医療・介護・福祉サービスの充実と強化を行う。・医療・介護の情報を電子化して有効活用し、タイムリーな情報共有による効率的効果的な運営を行い、病院から在宅、在宅から病院へと医療、介護、福祉の円滑な切れめないサービスを提供する。・高齢になっても安心して暮らせる地域を創るために、在宅療養の相談窓口を整備し、持てる知識・経験を惜しみなく地域住民に提供する。2.サービス内容在宅で何らかの療養を必要とされる方に対し、医療、介護、福祉サービスを提供し、住み慣れた自宅、高齢者住宅で安楽に安心して暮らすことが出来るよう支援する。・居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)による在宅生活のプランニング・医療保険・介護保険による訪問看護・訪問リハビリの提供・訪問介護サ-ビスで生活の支援、受診への送迎支援・リハビリに特化した通所リハビリサービスの提供3.構成総スタッフ数170名(訪問看護師37名、訪問PT・OT・ST48名、介護支援専門員28名、介護福祉士33名、通所PT・OT・ST14名、事務職員9名、医師1名)4.実績年度別・月別収益推移(地域在宅医療支援センター全事業所)348

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です