2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
352/421

相澤シミュレーションセンターセンター長三澤賢治1.ビジョン確実かつ安全な手技を修得するためのシミュレーション環境と研修・指導体制の改善を行う。急性期医療に耐えうる医療従事者育成プログラムを作成する。地域医療従事者への教育研修の一環として、シミュレーション教育の普及に努める。2.サービス内容・プログラム作成と利用推進ACLSプログラム、BLSプログラム、CVCプログラム、JATECプログラム、JPTECプログラム、急変時対応プログラム、看護スキルトレーニングプログラム、看護実践向上プログラム、フィジカルアセスメントプログラム、縫合プログラム、カテーテル・インターベンションプログラム、鏡視下手術(腹腔鏡)プログラム、顕微鏡下手術プログラム、感染対策プログラム、医療機器プログラム、内視鏡シミュレータープログラム、麻酔科シミュレータープログラム、腹部超音波トレーニングプログラム・地域医療従事者対象のシミュレーション教育3.構成センター長1名、専任担当者(課長)1名4.主要設備・機器トレーニングルーム4部屋(メインルーム、ルームA、ルームB、ルームE)、ミーティングルーム2部屋(ルームC、ルームD)、事務室SimMan、気管挿管訓練モデル「喜々一発」、気道管理トレーナー、気管挿管人形、エアウェイスコープ、胸部外傷トレーナー「LM-093」、ハートシム、レサシアン、セーブマンアドバンス、さくらⅡ、ナーシングアン、Physiko、輸液ポンプ、シリンジポンプ、吸引シミュレータ「Qちゃん」、CVC穿刺挿入シミュレータ、導尿トレーナー、経鼻胃管チューブ挿入マネキン、点滴・採血トレーナー、CPS実習ユニット、AEDトレーナー、除細動器、胸部外傷トレーナー「LM-093」、縫合トレーニングキット、超精密血管内手術シミュレータ「EVE」、内視鏡外科用手術トレーニングボックス「Endowork-proⅡ」、手術用双眼顕微鏡、超音波診断装置、グリッターバグ、FT-105.実績年度利用回数利用人数201230627692013357376220146194039地域医療従事者対象の相澤シミュレーショントレーニング開催第1回2014年12月20日(土)ヤマサホール「急変時の対応(BLS診療所バージョン)」第2回2015年1月31日(土)ヤマサホール「排痰リハビリ(スクイージング、体位ドレナージ)」第3回2015年2月21日(土)ヤマサホール「CVポート及び輸液ポンプ、ストーマケアの基本」342

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です