2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
347/421

8.医学研究研修センターミッション・ビジョンミッション慈泉会のミッションに基づき、医療機関としての社会的評価を高め社会貢献を果たすために人材育成に真摯に取り組み、質の高い医療を提供できる医療人そして将来の医療の担い手となる医療人を育てる。また時代に則した、学術的レベルの高い医療の提供を目指し、臨床研究を奨励する。ビジョン1.医学研究センター・日常臨床の中から発想される研究・国内大規模研究に協力して行う研究・研究と経費の適切な管理2.卒後臨床研修センター・自立した研修医を育てる臨床研修を行うに相応しい研修環境構築・質の高い指導医の育成と「屋根瓦方式」による充実した指導体制・プライマリ・ケア、全人的医療研修の指導体制・現代医療に必要な倫理感、人格の涵養ができる指導体制・救急医療を中心に多症例の経験による効果的研修・指導体制・医師間およびコメディカル・患者とのコミュニケーション能力を高めて実践する機能的・効率的「チーム医療」の研修指導体制・地域の医療福祉の重要性を理解し体験する研修・指導体制3.専門医研修センター・各専門科における魅力あるプログラムによる、効果的・効率的な専門医コース医師の指導体制・専門医取得以後、サブスペシャリティーの専門医育成をはかるための「専門医アドバンスコース」の設立と運営4.図書情報センター・最新情報にもとづく質の高い医療の実践と学会発表・論文作成等に資する、ICT(InformationandCommunicationTechnology)環境の整った情報収集環境(電子ジャーナルの充実など)5.治験センター・治験を厳正かつ公正に施行し信頼される結果を公表できる体制6.相澤シミュレーションセンター・確実かつ安全な手技を修得するためのシミュレーション環境と研修・指導体制・シミュレーションセンターへの専任者の配置等の環境整備による利用率向上337

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です