2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
343/421

事務部センター長補佐・部長武井純子1.ビジョン・質の高い検診サービスを提供していくために、社会や個人の健康志向の要望や顧客満足度を的確に把握できるアンケート調査を実施し、質の改善を継続的に行う。またマーケティング分析、広報、営業を戦略的に行うシステムを構築し、顧客の拡大を図る。・高齢化社会をむかえる中で、受診者が健康寿命を延伸できる健診プランを構築し実施させる。2.サービス内容・健診コース人間ドック2日コース人間ドック1日コース生活習慣病健診、定期健康診断、婦人科検診、脳専門ドック、PETがん検診、予防接種・オプション検査各コースには、受診者が希望するオプション検査を追加でき、個人のニーズに沿った精度の高い健診を提供する・検診について幅広い知識を持った事務職員による予約対応・コンシェルジュが、受診者がより安全で安心できる空間と時間を提供する。・企業や健康保健組合の健康診査を受託契約する・契約団体に所属する従業員の受診状況を調査し、各団体に受診率と受診結果の分析結果を報告する・健康センター全体に係わる法務・届出業務や診療所としての許認可申請と立入検査等への対応・外部調査機関(全日本病院会・人間ドック学会等)から求められる、調査アンケートの依頼に対して、データ処理と報告書を作成する・健康センターの経営成績の把握と報告3.構成フロント課、営業課、総務課、人事課(病院人事課兼務)フロント課7名、営業課9名、総務課2名、人事課1名、管理者2名(資格)院外資格保有者数医療秘書検定3級1名、ホテル実務認定上級5名、ホテル実務認定中級10名、オフィースマスター1級2名、日本商業簿記1級1名、医療安全管理者1名4.主要設備・機器健診施設、宿泊施設(改築中)、レストラン(改築中)健診検査器具一式、健診システム333

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です