2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
329/421

褥瘡対策チームリーダー菊池二郎1.目的褥瘡の発生予防、治療。褥瘡に関する啓蒙活動。2.構成リーダー菊池二郎(医師形成外科統括医長)サブリーダー山本幸恵(皮膚・排泄ケア認定看護師4A病棟)マネージャー髙橋智栄(看護師4S病棟看護責任者)メンバー小田切範晃(医師小児外科統括医長)/柳田卓也(医師形成外科医長)/佐藤友香(医師糖尿病センター)/鳥羽慶子(皮膚・排泄ケア認定看護師在宅医療室)/竹内忍(看護師3A病棟)/佐藤久美子(看護師手術センター)/青木幸大(薬剤師薬剤情報管理センター)/平山雄大(管理栄養士栄養科)/大塚功(理学療法士リハセラピスト部門院長補佐)/関谷俊一(理学療法士地域在宅医療支援センター)/岡本彩(臨床工学技士ME課)/関谷俊一(理学療法士地域在宅医療支援センター)/渡辺俊(事務員入院医療事務課)/德武沙也花(介護福祉士病棟看護支援部門生活支援課)/畠山朋子(看護師5S病棟)/近藤円(看護師4S1病棟)/熊谷美紀(看護師4S2病棟)/横水由里子(看護師3S1病棟)/粂井奈菜(看護師3S2病棟)/小林恭子(看護師2S病棟)/伊藤渚沙(看護師5B病棟)/山﨑あづさ(看護師5B病棟)/古田思緒(看護師SCU病棟)/小原恭子(看護師4B病棟)/宮澤かおる(看護師4B病棟)/伯耆原絵美(看護師3B3C病棟)/赤廣夏季(看護師5A病棟)/藤岡志保(看護師4A病棟)/橘ひとみ(看護師2CHCU病棟)/木村素美(看護師ICU病棟)/栩平翔汰(看護師手術センター)/若林あずさ(皮膚・排泄ケア認定看護師看護部)3.活動内容・実績(1)取り組み褥瘡対策委員会(4回/年)褥瘡対策チーム会議(1回/月)褥瘡対策リンクナース会議(1回/月)褥瘡対策勉強会(1回/月)褥瘡対策医師回診(1回/週)褥瘡対策チーム回診(1回/週/病棟)褥瘡関連学会発表(2〜3演題/年)(2)成果・学会発表平山雄大.急性期病院から居宅に向けた継続的栄養ケアの提供―相澤病院での取り組み第2報―(ポスター発表).第16回日本褥瘡学会学術集会,2014年8月29・30日,愛知県名古屋市319

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です