2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
319/421

感染対策チーム(ICT)リーダー吉福清二郎1.目的医療関連感染に関する、院内ラウンド、モニタリング、教育、地域連携を行い、感染防止に努める。2.構成リーダー吉福清二郎(医師)サブリーダー笹原孝太郎(医師)マネージャー新田彰一(看護師)メンバー平野龍亮(医師)/上條泰弘(薬剤師)/篠原章能(薬剤師)/伊藤隆哉(薬剤師)/村山未来(臨床検査技師)/小林恵(臨床検査技師)/栗田敬子(看護師)/酒井弘子(看護師)3.活動内容・実績(1)毎週1回、院内のラウンドを実施し、リンクナースまたは部署責任者が同行し、感染対策に関する問題点の改善に向けた指導を行う。主な評価項目として①環境整備②清掃状況③手指衛生④感染性廃棄物の管理⑤滅菌物、清潔物の管理⑥個人防護具装着の管理⑦感染防止対策の実施状況⑧検査試薬の管理(2)毎月1回、手指衛生遵守率を調査する。(3)毎月1回定期的に開催する院内感染対策リンクナース会議において、看護部門における感染教育と実習を通じて、リンクナースの育成を行う。(4)年4回、連携病院とのICT合同カンファレンスを行う。他病院との協力を行うことで、地域における感染管理の向上を目指す。309

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です