2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
314/421

相澤DMATサブリーダー金子秀夫1.目的(1)災害時に適切な対応ができる様、訓練・教育活動を行う。(2)救護活動へ参加し、イベント主催者、参加市民に安心・安全を提供し、社会貢献を果たす。2.構成リーダー上條剛志(医師)サブリーダー金子秀夫(看護師)マネージャー中込悠(救急救命士)メンバー医師8名/看護師・助産師22名/救急救命士7名/事務職員12名/臨床工学技士2名/理学療法士1名3.活動内容・実績(1)救護活動・プロバスケット、信州ブレイブウォリアーズ試合(5回)・第24回長野県市町村対抗駅伝大会・井上百貨店イベントでの救護(3回)・第11回アップルランド、S&B杯ちびっ子マラソン大会・中学生登山救護伊那市立春富中学校、塩尻市立丘中学校、箕輪町立南箕輪中学校、箕輪町立西箕輪中学校、箕輪町立箕輪中学校、宮田村立宮田中学校、松本市立松島中学校・第40回すすき川お盆駅伝マラソン大会・全日本マウンテンサイクリング大会in乗鞍・FIAアジアパシフィックラリー選手権(北海道)(2)災害訓練・災害活動・平成26年度政府総合防災訓練(九州地区)・平成26年度松本市総合防災訓練・院内集団災害訓練・長野日赤院内災害訓練への参加・大町総合病院院内災害訓練への参加・DMAT中部ブロック技能維持研修・平成26年度DMAT中部ブロック実働訓練(愛知県)・平成26年度長野県DMAT隊員養成研修会(スタッフ2名、受講生4名)・御嶽山噴火災害(医師2名、看護師2名、業務調整員2名参加)・神城断層地震災害(医師1名、看護師2名、業務調整員2名参加)(3)研修会第39回日本集団災害医学会セミナーの開催2014年7月26日、相澤病院ヤマサホール平成26年度第1回長野県DMATロジスティクス研修会2014年10月4日10:00〜16:30、相澤病院ヤマサホール平成26年度第2回長野県DMATロジスティクス研修会2015年2月20日13:00〜16:00、相澤病院ヤマサホール平成26年度長野県DMAT養成研修反省会304

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です