2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
310/421

医療評価委員会委員長宮田和信1.目的医師の医療行為に立ち入った検討を行い、従来の保護的姿勢を変えなければチーム医療のリーダーとしての医師の信頼が維持できなくなるという認識に立ち、施設内評価システムとして医師集団の中の自浄作用を働かせ、医療の質を確保する観点から医師集団の中で客観的な評価を行い、チーム医療のリーダーたる医師の信頼を維持・向上するための組織として設置する。2.審議事項(1)委員会は、次の各号に掲げる事項のうちの問題の事項を審議する。①退院後10日以内の死亡または再入院例②入院後24時間以内の死亡例③手術後48時間以内の死亡例④輸血、輸液、薬剤、手術、麻酔による予期せぬ合併症⑤予期せぬ再手術例⑥ICU病棟通算15日以上入室症例⑦HCU病棟通算28日以上入室症例⑧その他入院中のあらゆる予期せぬ重大な出来事(2)評価項目は、次の各号に掲げる事項を中心に審議する。①医療技術上の問題②医療判断上の問題③医療者の労働条件④医療者の心理的背景⑤病院のシステムの問題、チェック機能が働いているか⑥患者側の問題⑦医療行為を取り巻く問題3.構成委員長宮田和信(院長代行)委員田内克典(医療品質担当副院長)/樋口佳代子(教育研修担当副院長)/薄田誠一(診療部内科系院長補佐)/北澤和夫(診療部外科系院長補佐)/小坂晶巳(看護部統括院長補佐/金子秀夫(救護・災害医療センター長)/保科滋明(医薬品安全管理者)/矢ヶ崎昌史(医療機器安全管理者)/小山明英(救命救急センター特命院長補佐)/大塚功(リハセラピスト部門院長補佐)/忠地花代(臨床検査センター副センター長)/矢野目秀樹(栄養管理部門科長)/柳澤直樹(放射線画像診断センター技師部科長)/川上弥生(患者相談室メディカルコーディネーター)/礫石淺治(医療安全推進室長)/荻無里千史(医療安全管理者)/横山貴之(研修医)/長峰宏平(研修医)300

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です