2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
290/421

4.開催実績毎月1回、年12回実施【看護補助推進委員会】1.目的病棟看護支援部門職員が自分たちの持っている能力を発揮し、看護師と協働して生活支援を行うことで、入院患者の生活の質向上を図ることを目的とする。2.審議事項(1)看護補助業務実施状況の報告・対応等に関する事項(2)病棟看護支援部門職員の配置に関する事項(3)病棟看護支援部門での連携に関する事項(4)看護補助業務での規定に関する事項(5)その他看護補助業務に関する事項3.構成委員長山﨑明子(病棟看護支援部門部門長)委員小林美由紀(回復期リハビリテーション病棟病棟長)/小畑亜弥(病棟看護責任者)/横水洋康(病棟看護責任者)/岡本奉子(病棟看護支援部門病棟支援課課長)/藤原希美(看護部補佐室主任)/赤羽栄子(生活支援課)4.開催実績毎月1回、年11回実施【褥瘡対策委員会】1.目的褥瘡対策(予防・治療)の必要性がある患者へ、適切な対策を提供する事を目的とする。2.審議事項(1)褥瘡における予防・治療に関する事項(2)(1)についての啓発・教育に関する事項(3)褥瘡の発生状況の調査・報告・対応等の方法に関する事項(4)褥瘡の治療状況の調査・報告・対応等の方法に関する事項(5)その他院内褥瘡対策上必要な事項3.構成委員長鳥羽慶子(褥瘡管理者)委員菊池二郎(医師・形成外科統括医長)/小田切範晃(医師・小児外科統括医長)/柳田卓也(医師・形成外科医長)/佐藤友香(内科医師)/高橋智栄(看護師)/竹内忍看護師(看護師)/山本幸恵皮膚・排泄ケア認定看護師(看護師)/渡辺俊(事務員)4.開催実績年4回実施6.相澤病院280

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です