2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
289/421

看護品質会議議長小坂晶巳1.目的安全な看護を継続的に提供すると共に、看護の質を担保する事を目的に、看護品質会議を設置・運営する。2.審議事項会議はモニタリング結果および科学的な根拠に基づき、看護の質の病院横断的な管理・改善に必要な事項につき、立案もしくは議決する。(1)看護品質委員会、褥瘡対策委員会、看護補助連携委員会で立案された、看護の質に関わる改善計画の議決(2)看護の質に関わるモニタリング結果の検討・改善計画の立案(3)看護に関わるミス・ニアミス報告に基づく改善計画の立案3.構成議長小坂晶巳(看護品質担当副院長)議員小澤きよみ(看護品質委員会委員長)/鳥羽慶子(褥瘡対策委員会委員長)/山﨑明子(看護補助連携委員会委員長)/前山健人(外科系病棟長)/伊藤紀子(内科系病棟長)/熊﨑博司(JCI室長)/山田喜代子(事務局看護部補佐室)看護品質委員会/看護補助推進委員会/褥瘡対策委員会4.開催実績毎月1回、年12回実施【看護品質委員会】1.目的安全かつ良質な医療を継続的に提供するため、看護品質を評価し改善計画を立案することを目的とする。2.審議事項委員会は、次に掲げた事項を含め、看護品質に関して管理・向上を円滑に図るために必要な事項を審議し、改善計画を立案する。(1)看護手順の作成および、評価(年次評価を含む)に基づく改善に関すること(2)看護計画の作成および、評価に基づく改善に関すること(3)看護に関わるニアミス・ミスの分析・評価に基づく改善に関すること(4)その他、看護の品質に関するモニタリング結果の分析および改善に関すること3.構成委員長小澤きよみ(腎臓病・透析センター看護科科長)副委員長村田幸枝(4B病棟看護長)委員ワーキンググループリーダー5名:横水洋康(看護手順リーダー)/脇田美紀(看護計画リーダー)/小畑亜弥(転倒・転落リーダー)/松下喜義(薬剤リーダー)/伊藤俊之(センター看護科リーダー)新田彰一(感染管理認定看護師)/中野和佳(薬剤管理情報センター)/中山麻子(NSTリンクナース会議リーダー)/高橋智栄(褥瘡対策チームサブリーダー)/長沖沙知(高齢者認知症支援チームリーダー)/荻無里千史(医療安全管理者)/伊東美穂(外科系病棟長)/宮島誠(内科系病棟長)/山田喜代子(事務局看護部補佐室)279

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です