2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
285/421

オブザーバー田内克典(医療品質担当副院長)4.開催実績適宜開催年3回実施【診療管理会議】1.目的安全かつ根拠に基づいた診療を継続的に行う。2.審議事項会議はモニタリング結果および科学的な根拠に基づき、診療の質の病院横断的な管理・改善に必要な事項につき立案もしくは議決する。(1)診療記録管理委員会、クリニカルパス委員会、オーダリングに関する検討委員会などから立案された診療の質に関わる改善計画の議決(2)診療の質に関わるモニタリング結果の検討・改善計画の立案(3)診療に関わるミス・ニアミス報告に基づく改善計画の立案3.構成委員長薄田誠一(内科系院長補佐診療記録管理委員会委員長)委員北澤和夫(外科系院長補佐)/小口和浩(放射線画像診断センター長)/小田切範晃(クリニカルパス委員会委員長)/菊池二郎(オーダリングに関する検討委員会委員長)/荻無里千史(医療安全推進室メディカルコーディネーター)/武井哲也(診療情報管理センター長)クリニカルパス委員会/臨床検査の適正化に関する委員会/医師技術評価委員会4.開催実績毎月1回、年12回実施〈クリニカルパス委員会〉1.目的クリニカルパスはチーム医療の推進、治療の標準化と均質な医療の提供、インフォームド・コンセントの充実、職員の意識改革、平均在院日数の短縮を目的とする。2.審議事項委員会は次の各号に掲げる事項を審議する(1)クリニカルパス作成・設定内容に関する事項(2)クリニカルパス運用・認定に関する事項(3)クリニカルパス作成後の院内標準化に関する事項(4)第10条の定めによるモニタリング指標を用いたクリニカルパスの改善(5)その他、クリニカルパスに関する事項3.構成委員長小田切範晃(外科センター小児外科統括医長)副委員長鬼窪利英(薬剤管理情報センターがん薬剤業務室主任)委員菊池二郎(形成外科統括医長)/鈴木智裕(心臓病大動脈センターセンター長)/手島憲一(消化器病センター消化器内科医長)/高橋祥子(3S病棟病棟看護責任者)/田村恵子(5B病棟病棟看護責任者)/脇田美紀(3B・3C病棟病棟看護責任者)/太田一恵(手術センターリカバリー室主任)/細川理博(薬剤情報管理センター)/伊丹川裕子(臨床検査センター検査科主任)/柳澤直樹(放射線画像診断センター放射線技術科科長)/小林亨(リハセラピスト部門PT部門部門長)/笠原承子(栄養科栄養管理部門)/堀内寛之(医療連携センター医療福祉相談室課長)/小日向隆行(情報システム部メディカルシステムグループ)/山川浩徳(医療事務センター)/武井哲也(診療情報管理センターセンター長)/青木静江(診療情報管理センター)/坪野谷知美(診療情報管理センター)医療品質会議275

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です