2014年度 社会医療法人財団 慈泉会 年報
282/421

〈感染対策委員会〉1.目的医療機関が組織的な体制の下で医療関連感染の防止及び感染制御活動に取り組み、安全で良質な医療を提供することを目的とする。2.審議事項(1)院内感染における予防対策に関する事項(2)院内感染対策についての啓発・教育に関する事項(3)院内感染の発生状況の調査・報告・対応等の方法に関する事項(4)医療廃棄物処理に関する事項(5)その他院内感染対策上必要な事項3.構成委員長笹原孝太郎(感染対策室統括室長)委員相澤病院長/薄田内科系院長補佐/恒元心臓血管外科統括医長/吉福ICTリーダー/林口腔病センター長/雨宮研修医/小坂看護部院長補佐/池田事務長/保科薬剤情報管理センター長/上條薬剤情報センター注射室主任/忠地臨床検査センター副センター長/大見心臓病リハビリセンター科長/酒井4A4B病棟長/山﨑病棟看護支援部門長/岩垂施設管理課長/柳澤放射線科長/丑山中央滅菌室長/鎌倉臨床検査技師/百瀬栄養課主任/田中入院医療事務課事務員/柳澤ME課/清掃委託清掃業者(千筋屋)西口/清掃委託清掃業者(コンフォール)長橋/健康センター林健康管理部課長/新田メディカルコーディネーター/栗田感染対策室長4.開催実績毎月1回、年12回実施。2014年11月25日臨時委員会開催。【麻酔・鎮静会議】1.目的麻酔鎮静の安全管理および麻酔鎮静薬剤の適正使用を管理するために、麻酔・鎮静会議を設置・運営する。2.審議事項会議は、モニタリング結果および科学的な根拠に基づき、麻酔鎮静の病院横断的な安全管理・改善に必要な事項につき立案もしくは決議する。(1)麻酔・鎮静委員会から立案された改善計画の決議(2)麻酔・鎮静に関わるモニタリング結果の検討・改善計画の立案(3)麻酔・鎮静に関わるミス・ニアミス報告に基づく改善計画の立案3.構成委員長小笠原隆行(麻酔科統括医長)委員五十嵐亨(消化器内視鏡センター長)/伊東美穂(3A、3B・3C病棟長)/礫石淺治(医療介護福祉安全推進部統括部長)/矢ヶ崎昌史(ME課長)麻酔・鎮静委員会4.開催実績2ヶ月に1回、計6回開催。〈麻酔・鎮静委員会〉1.目的相澤病院で行う麻酔全般及び鎮静を安全に行うことを目的とする。2.審議事項委員会は、次の各号に掲げる事項を審議する。(1)麻酔・鎮静を安全に行うために必要な事項6.相澤病院272

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です